HOME > フューエルインジェクション >ダイノジェット パワービジョン

DynoJet "Power Vision"

複数のチューニングデーターをその場で交換。持ち歩けるパワービジョン。 

パワービジョンは2001年以降のハーレーダビッドソン インジェクション各車へ使用出来る、
新感覚インジェクション・セッティングTOOLです。
基本的には「スクリーミン・イーグルPROスーパーチューナー」と同様で、それにタッチパネルディスプレイが備わった物だと思っていただければ、大よそ合っています。
このパワービジョンは、必要な時に、ユーザーがパワービジョン本体を、車体のデーターリンクコネクターに接続してデーターの管理を行うことが出来る。

パワービジョンの特徴

・基本的な機能はSEスーパーチューナーと同様に各調整が行える所と、もう一歩踏み込んだ調整も可能。
・簡単な設定はパソコン要らずでデーターのやり取りが行える。
・ECM内純正データーを吸出し、パワービジョン内で保管、それをECMへ送り元に戻すことが出来る(60秒位で完了)
・各専用に作ったデーターや、既存インストールデーターを、6つまで、パワービジョン内で保存が出来る。
・レブリミットの設定やスピードメーターの校正も出来る。
・設定可能な最低アイドル回転数は900rpmです(一部の1200スポーツスターを除く)

 データーを6つまで保存出来る事で、それぞれの異なる仕様別のマップを容易しておく楽しみ方があります。マフラーなど、スリップオンで差し替えて楽しんでいる人は、ある程度固定したマフラーでしょうから、マフラーを交換して、そのマフラー用にお作りしたデーターに替えておけば、間違いなくそのマフラー用のデーターに変わることで、ワイドバンドO2センサーを用いた学習型(補正)のフルコンなどよりも確実性があります。

エンジン仕様が異なる車輌への対応 

弊社でチューニングさせて頂く場合は既存データーにはない異なるエンジン仕様にも対応しております。例えばその代表例で挙げますとXL883を883ヘッドを使う内容で1200ccへボアアップした場合です。883の頃から使っていたパワービジョンは1200ccになったとしてもそのまま使うことが出来、そのような既存データーにはない内容でも、弊社にてそのデーターをご用意しておりますので、全く問題ありません。

パワービジョンの対応車種と年式

2002年以降 VRSC
2007年以降 スポーツスター
2001年以降 ソフテイル
2004年以降 ダイナ
2002年以降 FLHT/FLTR系

DynoJet "Power Vision" デバイス料金 \69,800 (レートにより価格は前後します。)

初回チューニング時は、パワービジョン本体が含まれます。
シャーシダイナモ上にて測定器具を取り付け測定し的確にチューニングを施し、各専用のマップをお作りする内容となっております。
弊社ブログにてパワービジョンに関する様々な記事をアップしています>> http://www.45degree.net/blog/?cat=125

 

デバイス一覧

TTS "Master Tune" DynoJet "Power Vision"  Black Box Tuning 

EFIチューニングトップへ

事前注意点や、事前点検メニューなどもご用意しております。
チューニング前に一読ください。


よくいただくお問い合わせをまとめました。

お客様のご感想

お問い合わせ・ご予約ご相談

わからないことなどがありましたらお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談・ご予約
082-844-7845
メールでのご相談・ご予約
hdrider@fureai-ch.ne.jp
件名は インジェクションチューニング 相談or予約など
内容が分かりやすいものにしていただけると助かります。