カテゴリー別アーカイブ: 修理

ロードホッパー復活への道 2 / ROAD HOPPER TYPE 5 ショベル

前記事 / https://www.45degree.net/blog/?p=22540
 
 


ブレーキパッドの残量が少なかった為、ブレーキパッドの交換もご案内していました。こちらのロードホッパーのFキャリパーは、ハーレー純正のキャリパーなのでNBP004が使えます。 続きを読む ロードホッパー復活への道 2 / ROAD HOPPER TYPE 5 ショベル

ロードホッパー復活への道 1 / Road Hopper Type 5 ショベル


事故にて損傷したロードホッパーType5の修理案件です。
 
当社が2017年12月より「リグニス広島」としての看板を掲げているから….ではなく、それになる以前からご来店頂いていたお客様。
 
事故の数日後にはカスタムにてご入庫予定だったのですが、不幸にも対向車線の車両と接触。
 
 
(当記事は、お客様からご了承頂いている記事であり、進捗報告を兼ねた内容になっています) 続きを読む ロードホッパー復活への道 1 / Road Hopper Type 5 ショベル

ショベルFXRSの納車整備…2 / 1983Y FXRS


このサービスマニュアルの美観がそれを物語る。

オイル汚れの手で触れてしまう頻度の少なさ。

ショベルFXRの納車整備2です。

サービスマニュアルとは行間を読み解くほど、言わんとする所が見えてくる。普通に「読書」したのでは、ただの手順書。

こちらのサービスマニュアルは英語仕様ですが……. 慣れれば問題ナッシング。May be…とか書いてあるとゾワゾワします。 続きを読む ショベルFXRSの納車整備…2 / 1983Y FXRS

発電不良の修理 / 2009y XL883N 改 1000

出先で、トラぶってしまったXL883N 改 1000…. 2009年式。

昨年10月に国産250ccアメリカンから、ハーレーへのお乗り換えで、スポーツスターを1,000ccにボアアップして、ご成約、ご納車した車両。<過去記事 / http://www.45degree.net/blog/?p=20982
 
 
トラブルは突然….
 
 
それまで順調そのもので走っていると。見る見るうちに調子悪くなって、エンジン切って、再始動しようにも、出来ない。
 
これ、発電系のトラブルで、ほぼ、間違いない。
 
45ディグリーから50キロ程の位置でトラブってしまい、即座トランポで出動。
 
お迎えに上がりました。
 
 
今回のトラブル。電気系は、予測不可能なもので、突然降りかかってくる。
 
結論から言うと「ステーターコイルの不具合」だったのですが、それはテスターが一つあればすぐに判りまして。不具合箇所を特定し、本国取り寄せとなり。部品納期二週間で、部品が揃ってから、取り掛かる。
 
 

分解。
 

これが今回の不具合の原因だな。発電された電気が、断線したことで、送られなくなっていた事が原因。 続きを読む 発電不良の修理 / 2009y XL883N 改 1000

納車整備 / 1979y FXS 80ci


買い付け、店頭に並べておりました、ショベル FXS80 いつもお世話になっておりますお客様に、ご成約頂きました。

ありがとうございます!

このFXS は昭和54年に輸入された車両です。 続きを読む 納車整備 / 1979y FXS 80ci