「トラブル」カテゴリーアーカイブ

XL1200C 完成じゃ!

20130929-231341.jpg
XL1200C フォークオイル漏れでのオイルシール交換後 ロッカーカバーからのオイル漏れを修理(写真なし)
 
その後キャブレターの加工に取り掛かりまして。順調に進んでますが、なにぶんほかにも色々業務が嵩んでおり、グワッとは進みません。
 
 
20130929-231324.jpg
エアクリーナーはPMのMAX HPに。
 
そうそう。iPhone5からiPhone5Sに機種変更致しましたら、カメラがいい具合になっていたのに気づき。
 
20130929-230141.jpg
これがiPhone5での撮影
 
20130929-230712.jpg
こちらがiPhone5Sでの撮影。F値が2.4から2.2になり、レンズが明るくにキレが増しましたね。レンズのせいかは不明だけど単焦点レンズの50mmから40mmに変更した時の様な「広角レンズに交換」な感じになって写真が撮れます。
 
 
3400
 
3401
こちらはD700の50mmで撮った写真です。まぁ、一応本物のカメラで撮れば、そりゃ綺麗だわな(笑い)
 
 
てな事で、本題に戻り、キャブ加工後、チューニングして、ようやく完成です。
トラブルやら色々ありましたが、これに懲りず今後とも宜しくお願い致します。
 
前記事
http://www.45degree.net/blog/?p=12459
http://www.45degree.net/blog/?p=12039
 
ではでは
 
 
masa
マサでした

11日〜13日までの進捗

3296
FXDのリミット後
納車したものの、二つのトラブルが有りました。
 
ひとつはフューエルライン破損。二つはバッテリーのお亡くなり。
フューエルラインについては、滅多にないトラブル(ですが、今回いい勉強になりました・・・)
 
バッテリーは、取り外すまでは元気そのものだったものの(2010年モデルだから4年経過位)
 
起電圧以下になってしまっていた。(10.5v以下)
恐らくもなにも、このとてつもない暑さにお亡くなりになったとみて間違いないだろうと。
発電状態は良好。当然発電機やステーターの状態も良かったことを書き加えておく。
 
結果として、トラブルで松江道の高野ICまでトランポで行き、45にFXDを持って帰りバッテリーの交換とフューエルラインの修繕を速やかに行い、この日は再び走れるようになり引き続きツーリングに。
 
13日現在。一旦納車から1000kmほど走られたようで、フューエルライン修理とバッテリー交換の後はトラブル無しで走ったようです。たぶん600km位??昨日、残工事の為にお預かりしましたので、フェアリングなどを取り付けていきます。
 
 
あれだけの部品を取り外し、組み立て、これだけの短い期間で組み立たにしても、反省が残る。次に生かします。
 
 
そして、次!
 
 
黄色いダイナにフレイムスを!
 
 
 
  続きを読む 11日〜13日までの進捗

サイドカーのベルト交換

20130725-014321.jpg
91年式のSC/サイドカーのベルト交換でっス。
交換というより、取り付け・・ですかね。というのも、走行中にベルトが切れてしまい走行不可になりレッカーされてきたのですね。
 
20130725-014327.jpg
折り返し地点です。
スイングアームを一度取り外しますので、ツアラーのベルト回りをイジるのはやや重整備気味です。
 
サイドカーなら?? そんな事聞くなんて、ヤボですヨぉ笑( ´Д`)=3 フゥ
 
 
と、ここで手を止めると蒸気機関のようになかなか動かなくなってしまうので、一気に進めていきます。
 
 
20130725-014335.jpg
ここまで組み立て、あとは翌日。
 
 
20130725-014341.jpg
 
20130725-014345.jpg
試運転し、良好の様子です。
 
一気に進めたのもあったのか、身体があちこち痛くなってしまいました。歳かのぉ・・笑
 
 
ではでは
 
 
masa
マサでした
 

恐怖の落し物と拾い主


トラブってしまい、トランポでお迎えにあがったFXDBです。
 
一体何でトラブってしまったのか??一瞬にして、全く自走不可に仕上がってしまいました。
 
これです。
 
 

オイルパンです。
なにか、おっ立っています。
 
 

それを抜くと、なんと・・・Σ(゚д゚lll)
 
 

そうです。オイルパンに建築用の材料が突き刺さってしまいました。
この材料、すっぽりと抜けない具合に突き刺さっていましたが、やはり振動の多いハーレー。抜けた途端に、エンジンオイルが一気に流出。勘がいいオーナー様に恵まれ、材料が落ちた音に気付いて、直ぐに止まった為、故障に至らなかったFXDBは幸せ者です。