カテゴリー別アーカイブ: 45からお知らせなど

サービスキャンペーン後の不具合につきまして

ローライダーS・ソフテイルスリムS・ファットボーイSにおいて、サービスキャンペーンにて行われております内容。その後の不具合につきまして。

当案件は、上記該当車両の、チューニング済み車両に限ってのご案内。

当社にてチューニングご依頼頂いたお客様へは、直接アナウンス済みの内容です。

……

この度のディーラー様にて行われているサービスキャンペーンでは、ACR(オートマチックコンプレッションリリース)の動作が不安定との事で、そのために、エンジンの始動性に問題があり、修正データをインストールされる内容となっていました。

元々の617というキャリブレーションナンバーから、今回新たに設定されたキャリブレーションナンバー621をインストールされます。このキャリブレーション・ナンバーというのはとても重要なもので、これが異なってしまうのは、まるで違うものがインストールされた、と認識してください。

その後に何も知らずチューニングのデータを入れ戻すと、データのアンマッチが発生し、当たり前に、エンジンの始動不可が起こってしまうトラブルとなります。

当案件、代理店となっておりますFP3のお問い合わせを多く頂いております。

まず、FP3ユーザーは、サービスキャンペーン後は、チューニングデータを入れないようにしてください。エンジンが始動できなくなります。

当社で取り扱っておりますのは正規品のみとなり、本来であれば正規品のみのご対応となりますが、今回の案件は「大変お困りの事」と判断し、特別に、並行品含め、分け隔てなく対応させて頂いております。

FP3の代理店の責任という事で、分け隔てなく「無償対応」を望まれる声もありますが、元々はハーレー社の判断にて行われた事、バンス&ハインズ社の責任とは、当社では認識しておりません。

そのため、「当社からFP3本体と、チューニングまでセットでお買い上げ頂いたお客様」と同列のご対応は、お客様への配慮から致しておりません。悪しからずご了承願いませ。

これを機に、これからFP3をご検討のお客様は、正規品をお買い求めください。

なお、FP3では、特有のクラウド利用のシステムということもあり、621への変換も、US本国との通信が必要な為、数日程度はお預かりさせて戴くようになります。現状では、キャリブレーションナンバー・617にてチューニングされたデータは621へは引き継がれません。そのため、チューニング済み車両では、さらにチューニングにかかる日数も必要となります。

以上、よろしくお願いします。

Posted by M.Yasuura

慣らし温度を考察 / 08y XL883L / 1000cc

クラブハーレー200号に掲載!見てね。


 
■ ■ ■
Title
慣らし温度を考察 / 08y XL883L / 1000cc
 
 

話が前後しちゃいますが!
1000ccボアアップと、車検、その他いろいろ! ご依頼頂きました。
 
2008年モデルの、XL883L / インジェクション です。
 
 
そのボアアップを済ませまして!現在はボアアップの改造申請の段取り。運輸支局から申請書類を待っておりまして。公道は走れません。
 
 
1000ccボアアップに伴い、チューニングもあることから!慣らし運転は進めなきゃ、って事で、ダイノルームで行っており。車両を常時、パソコンに接続し、管理下に置いて、慣らしを行う事ができます。
 
 
ついでなんで、ちょっとした、実験を!
 
 
純正状態のまま、
慣らし運転を行うことに対して。
 
不安に感じている
お客様がいらっしゃる事から、
この実験をする運びとなりました。 続きを読む 慣らし温度を考察 / 08y XL883L / 1000cc

キャンペーンは11月末受注分まで! / モノチューブカートリッジ

img_0968
続々とモノチューブカートリッジ化です。

2015年式FLHXSEをモノチューブカートリッジ化している所。 続きを読む キャンペーンは11月末受注分まで! / モノチューブカートリッジ

ボディの光沢を取り戻せ! / 2004y FXDL

_dsc9845

_dsc9848
先のブログ記事でハンドル交換をしたローライダー。
 
タンクの光沢がなく、ボヤけていました。
当社自慢の、塗装ポリッシュを施し、ツヤを取り戻しました!
 
個人さんで磨いても、なかなか上手くはいかない塗装の磨き。
 
道具も、ケミカルも、塗装についての知識と、磨きの経験値も必要です。
 
塗装面の状態によって必ずしも素晴らしい仕上がりになるとは言えません。
 
本格的な磨きが要るわ〜!となる前に、手を打っておく方が賢い。

特に黒い外装の車両は、手入れが大変。

様々な色があり、いろいろな塗装面のコンディションがあります。
  
ここは、思い切って、任せてみるのも一つの手です。
 
我々、販売車両は磨いてから店頭に並べており日常的なお仕事の一つ。
 
愛車が美しいとテンションが上がりますね。 
 
車両によって額面は異なります。
 
 
 
_dsc9843

_dsc9794
こちらが、磨き前。結構変わってるでしょう〜!
 
Posted by M.Yasuura

Tuned by 45DEGREE HIROSHIMA / 新作メタルステッカー

_DSC9050
キャブレターにはこのようにメタルステッカーを貼り付けています。
 
_DSC9047
ご来店頂いて、チューニングをさせて頂いたお客様の車両のフレームに高品質なメタルステッカーを貼り付けるようになりました。
 
_DSC9048
フレームのVINナンバーステッカーの下部あたりに貼り付けています。このステッカーは弊社にてチューニングさせて頂いた車両には無償にて提供します!! 本物のメタルを用いたメタルステッカーは、一般的なステッカー感とは一線を引く質感に仕上がっています。

45ディグリーにてチューニングしているぞ!というお客様、ご来店時にお申し付けください。このステッカーのみ、通販は不可ですm(_ _)m