再び走り出す / 173000キロ走行のスポーツスター

IMG_7611
エンジンが終わり、車体周りの整備を進める。

まずはリア周りから攻めます。

IMG_7613
ここも

IMG_7614
度重なる調整、締め付けで歪みが生じており、新しいプレートに交換。

IMG_7615
Rブレーキディスク新品、プレート新品、締め付けのナイロンナットも新調。

IMG_7617
ブレーキディスクボルトを緩める際、やや緩かった。ボルトがお疲れ気味と判断しディスクボルトも新調。

IMG_7618
合わせ、ブレーキパッドも交換。(27Rナチュラルブレーキパッド)

IMG_7609

IMG_7610
ブレーキホースも、配管の腐食が進んでいます。切れたり、破れたりするとフレーキフルードが漏れ出し、ブレーキが全く効かなくなります。

IMG_7621

IMG_7625

IMG_7624
新品のブレーキホースに交換。

IMG_7622
合わせてリアのブレーキマスターシリンダーもオーバーホール。一見大丈夫そうでも、ブレーキフルード交換時になるとポンプしてもフルードを送らない事でマスターシリンダーの修理が必要ですね、となる事から車検時に発覚するパターンが多く、特に04年〜06年までのスポーツスターではそうです。この車両では、もうブレーキレバーのタッチが若干悪かったので調べる事なくリアのブレーキマスターシリンダーはオーバーホール前提で取り掛かっていた。この先も、まだまだ頑張ってもらうので!

と、なるとフロントも・・・ですね。

IMG_7634
フロントのブレーキホースのほうが、ダメージがありました。交換の為に取り外そうと、少し動かしただけでブレーキフルードがボッタボタ漏れ出してきました。

IMG_7647
もう、ほんと皮一枚のところで、どうにか止まっていたのですね。

IMG_7648
部品用意し、交換。

  
フロントのブレーキマスターシリンダーも取り外しオーバーホール。


取り外してみると要交換だったのがよくわかります。


これでブレーキ周りは完全にリフレッシュ。

IMG_7631
オイルが漏れ出していたフロントフォークを取り外す。こちらのフォークチューブはDLC加工済みなので、黒くなっています。

IMG_7632
フロントフォークもオーバーホール(と、仕様変更)
オイルが漏れ出していたのはフォークシールにある締め付けスプリングに腐食(サビ)が生じ、締め付けが甘くなったところから、漏れ出しが生じていた。フォークチューブはDLCで電気が流れない事で腐食しなくなっているも、シールの中に潜んでいるスプリングはサビちゃいますね。雨の日走行が多いとフォークシールの交換サイクルも早くなります。

IMG_7641ゴールドバルブの減衰バルブに取り付けられたスプリング。取り外すと塑性変形しており、その為当初設定していたブリロードがかかっていなかった。ここも調整し直し、更に設定と、フォークスプリングも検品し、仕様変更を加える。

IMG_7640
抵抗の少ないフォークシールを取り寄せてみた。抵抗が少ないという事はオイルを掻き落とす能力も少なくなるのが普通。という事は、オイルが漏れ出すリスクも生じる、という、解りやすい話。単純にリップが少なくなったローフリクションでは漏れの原因になり、それでは困ります。

こちらのシールはリップの数は純正品と似たようなもの。材質でフリクションを低減し最下部のリップのゴムの表面処理が違うという内容。頭で考えるよりはモノは試し。にしても、お客様の車両でトライする訳にはいかないので、こちらでトライです。

IMG_7635
次にトリプルツリーを取り外す。ハンドリングが悪化していたので、取り外したが、ネックベアリングの交換が必要。

IMG_7636
グリース切れで腐食、動きが渋くなるプラス・ベアリングレースに打痕で、ハンドリングの悪化を引き起こしていた。

IMG_7630

IMG_7638
ベアリングレース、ベアリングそれぞれ新調。グリースもたっぷり。

IMG_7644
ウインカーステーも交換

IMG_7645
ツリーボルトに締め付けるタイプ。

IMG_7643

IMG_7653
ブレーキ周り、ウインカー、パッド、ホース、ベアリング いろいろ交換していきました。

IMG_7649

IMG_7650
04年以降はラバーマウント化され、スタビライザーリンクが新たに設定されました。

   
 軸受けがガタガタになってました。11年 / 17万キロも使っていれば仕方なしですね。

   

IMG_7669
下部に取り付けされたスタビライザーリンク上にある配線もリフレッシュ。

IMG_7651
細かいところでは、負圧コックを動かすホースもカチコチになってました。ゴムの弾力が失われると、突然外れて走行不能になりますので。
 
IMG_7667
こちらも細かいところですが、バッテリーカバーが簡単に外れてしまう件。
 
IMG_7668
対策部品にチェンジで解消です。
 
 


 
 

IMG_7593
そしてそして。Go to 改造申請!

IMG_7594
排気ガス検査も当然パス。この為だけに特別な仕様にしている・・??フォルクスワーゲンの事件が直近であったので、そう思う人もいらっしゃるかと。この車両で、そのような事は全くしておりません。そう断言します。というか、メンドくさいのでわざわざ、そんな事しません。

キャブ車であろうとも、ガス検査の結果はとても良好なのは、調子がすこぶる良いという証拠(^^) ミクスチャー締め込んだら、逆に引っかかる恐れが高まる。ガス検査に引っかかった場合、一般整備を適切にしていなかった、調子が悪い・・とテスターから言われているようなもの。日本の排気ガス検査の、基準値は知識を有した人が真面目にやりさえすれば、調子が良いままガス検査にも通る。つまり、そこまで厳しいものではないのですよ。

IMG_7599
すんなりと1.00リッターの車検証発行して頂きました。

さて、この2004年式XL883ですが。
これまで。こうして載せてきた車両については、「販売車両としての製作」を行ってきた車両が中心でした。が、こちらの車両は販売しません。

IMG_7595

45ディグリーの代車として

再び走り出す!活躍して頂きます!

目指すは22万キロ

1000cc化ご検討のキャブ車乗りのお客様、試乗車としても乗ってみてください

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です