納車から3年の車検 / 1983y FXWG 改 リジッド


ショベルお買い上げ頂き、目立ったトラブルもなくご納車から3年経ちました。車検を迎え、ついでにカスタム。
 

クオーターフェアリング取り付けの巻なのね。
 

これが。
 

こうなりまして。
 

クォーターフェアリング装着@デタッチャブル。出ちゃったじゃないよ。
 

クラッチレバーもASSYにて交換し
 

操作性の向上
 

 

 


フロントウインカーを交換し
 

リアウインカーも交換@LED
ナンバープレートに固定するタイプですな。
 

 

ハーネスは見せないのが主流ですが、あえて見せ、魅せる工夫を施していた配線を、同様に見せるよう、ハーネスの本数が増えますが減らす工夫を施し、敷きなおした。
 

タコメーター取付け。
 
 
 

オープン・プライマリーのベルトも交換。いつ切れるか分からないからね。これも、公認済みです。
 

ミッドステップは断念するも、ミッドステップ位置に、足休め製作。
 

レギュレータでトラブりたくないとの事から、すぐに脱着可能な加工を。
 

予備のレギュレーターの性能チェック。
 

フロントフォークに、クロームめっき加工を施す。
 

 

う〜ん….びゅーてぃふぉー!
 
 

 

 

 

整備とカスタムを終え、その後に、車検を受けるべく運輸支局へGo to 。
 

こんな、スパルタンなマフラーでは車検に通らないだろう…? と思っているユーザーも多い中。実はこのまま車検に通ってしまうんだよね。98デシベルだ。
 
それは、調子の良いままに、走っている仕様を車検の点検整備を行う際、念のために騒音を測定した結果が98dBだった、そういう結果。
 
こちらの車両は、騒音規制も排気ガス検査も実施される前の車両。
 
この10年の間…つい最近新車買いました….そんな、この10年とかは、つい最近とは言えないと思われるだろうが、割と新しいハーレーでは難しい内容でも、こちらなら、出来てしまうのである。
 
現行の車両では、いい具合だけれども多額の出費を伴うか、どうにかこうにか、合法化をしたとしても、すぐれない調子を伴うか、どちらか。
 
規制前の車両であっても、「常識の範疇」は問われます…..。
 
新しい車両は規制がキツいが、そうでない頃の車両も存在する。
 
そういう車両選びも知って頂きたく….。
 
1台目は新車でも、2台目は….
と言うお客様、是非ご相談ください。
 
チューニングで培ったノウハウをもとにご案内致します。
 
Posted by M.Yasuura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です