不調でご入庫… / 2000y FXST

他県からご入庫頂きましたソフテイル。
 
平たく纏めると「あまり調子が良くない」との事。
 
じゃ、とりあえず診てみましょうか…とシャーシダイナモに載せるも、「?????」 
 
95キュービックインチになっている(公認済)にも関わらず、全然元気がない。
 
おまけにエンジンの油温が上がりやすい。確認するも….確かにね。他にも細かい話はあるんだけど、割愛。
 
 
 
とりあえず、自分が仕立てたエンジンじゃないので、各所慎重にチェックしながら。
 
クイックリリースのプッシュロッドに変わっていたので、ロッカーカバーは分解せずそのままに。
 

ギアードライブになっていました。これは驚きもしない。驚いたのは、バックラッシ(Backlash)が0.000in〜0.001inという値。0.000inとは、即ち測定不可って事。
 

 
 
 
 
 

オーバーサイズでも、アンダーサイズでもない、スタンダードサイズ。…これ、ちゃんとバックラッシ診て組んだのか….?
 
 

カムは625に変わってますが….。デカけりゃ、ええってもんじゃないのよね。
 
 

Feulingのカムサポートにオイルポンプに交換されてました。
 

お….っとお….
 
 

オイルポンプ背面に取り付ける、Oリングが、エラい姿になってました。前回の、組み付けミスと見受けられる。
 
 

油温が上がる原因の一つかもしれんねえ。
 
 

そして、フライホイールのRunout値がギアードライブ不可の数値に。
 
純正のチェーンドライブはフローティングされている為、少々の振れは、問われない。もちろんあまり振れが大きいと、オイルポンプのトロコイドギアが割れてしまったりするから、少ないに越したことはない。サービスマニュアルでのここの振れ値は、今出ている振れの3倍までとされている。
 
ギアードライブとなるとギア同士が接触し、そこで適切な隙間を持たせる必要があることから、振れが少しでも大きいと許されません。
 
フライホイールを、どうにかするか、(ただし高額)
チェーンドライブか….選んで頂きました。チェーンドライブです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です