カスタム トライク製作 / マンバMT-1 / 2005Y FLHRS

前回の記事リンク
http://www.45degree.net/blog/?p=20073
 
昨年の年始より取り掛かり、完成まで実に1年を費やしました。
カスタムトライクという性質、…教科書も、なく。手探りのトライク化に、トライクとしての合法も満たしつつの、車両の作り込み…..。
 
 
 

こちらが、トライクにカスタムする2005年式FLHRS。
 
 
 
 

マンバ MT-1 トライサイクルユニットの心臓部。 
 


プーリーが取り付けされてる位置から、さらに後方へオフセットされているのがお判り頂けるでしょうか。こちらのトライクは、走行性能追求の為に、ロングホイールベース化されている。
 
 


リアのブレーキディスクも、それぞれのホイールに1キャリパーずつ。
 
 


リアブレーキペダルを踏むと、連動して、フロントに新たにセットされたキャリパーで制動さす。これで、前後ブレーキが聞く仕組みの、「マンバブレーキシステム」がトライクでの公認取得には必須だったと聞いています。
 
乗ってみると、リアブレーキペダルの操作のみで、この巨体を、いとも簡単に操る凄まじいブレーキングを発揮さす。ブレーキが馴染んでからは、不用意に、思い切り踏む様なことは、しなくなりました。それは、十分過ぎるほどにブレーキが効くから。普通のカスタムトライクで、ここまで効くブレーキはなかなか無い。
 
 


リアサスは、そのまま使えるようになっている。
 
 


 

そして、その諸々を完了させ、シャーシダイナモへ。
トライク化された事で、随分、適正キャブセッティングが、変わってしまった。車両が、重たくなって、負荷領域も、変わってしまいますからね。エンジンへの配慮も忘れず、チューニング致しました。
 
 

 
 
 
 
 

 

 

エンジン冷却ファンを取り付け。空冷エンジンは定量の空気で冷やすの鉄則。
 
 

 
 

サイドブレーキ
 
 

 

試運転も十分に行い….
 
 

走行動画…
 
 
 

着工から、納車まで、エラい事時間かかりましたが、十分な仕上がりの「カスタムトライク」として、送り出せました😉
 
日本全国探しても10台ほどの、ワイドトレッド・ロングホイールベースな、”マンバ MT-1″ トライク…現車をご覧になった人は口を揃えて「デカっ!!」とコメントされるマシン。注目度抜群ですね😎
 
これからが始まりです、とりあえず東京までの遠路、無事のご帰宅を願うばかりです。 
誠にありがとうございました!

 
posted by M.Yasuura