最終ソフテイル FLSTN / カムに乗る / 2017y FLSTN


近県からご来店のお客様の車両。
最終型ツインカム・ソフテイルのFLSTN / デラックス。
 
当初、チューニングのみの話でしたが….
カムも…となり…
時期が梅雨でしょう…
晴れてる日って少ないでしょう…
 
カム乗せ・チューニングの最短納期で、承りました。
 
 
 
 
 

ギアードライブにしたい…とご要望ありましたが…念の為、測定した結果、RunOut値がアウト。当初の予定で正解でしたね。
 
 

 

エアクリーナーは、S&Sのティアドロップですが、「ミニ・ティアドロップ」という新商品。人気過ぎて品薄という。
 

外観は従来と変化なさそうですが、ベースに同社のステルスエアクリーナーを抱え、テーパー形状のエレメントを囲うように被さるエアクリーナー・カバーは、明らかに小振。
 

従来品との明らかな外観の違いは、この穴開き加工されたエアクリーナー・カバーです。エレメントに、ほぼピッタリ沿うよう作られているので、この加工も必然か。
 
やはり従来のエアクリの様なボリュームが欲しいお客様は、こちらを。

http://fortyfive-degree.ocnk.net/product/1379
 
ちなみに、隠れ商品ですが、電子スロットル車両用もございます。
 
 

そして、ダイノルームへ….


こちらが、全てストックの状態….
低速もギクシャク。回してもガサガサ..
 

カム乗せ・エアクリを「ミニ・ティアドロップ」と、チューニングでこちら。マフラーを純正から変えずとも、トルクピークも、馬力ピークも後半にズレて、良い感じの出力特性になりました。 低速でも粘り、どこまでも回っていくような…そんなフィーリングに化けてます。
 
 
Posted by M.Yasuura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です