隼のチューニング / Suzuki GSX-1300R Hayabusa


隼をチューニングでお預かり。オイル交換も。
 

弊社でも常時ストックオイルのASH製をご指名。常時ストックとはいえ、PSEのエンジンと、ギアの、ノーポリマーオイルをそれぞれ常時ストックしており。 FSE E-spec Racing 10w-50….は、さすがに在庫には持ってなかったので、こちらを取り寄せました。(FSE = Full Synthetic Ester) 
 
先日、スポーツスターにも、こちらのFSE E-spec Racing 15w-50をご指名頂いて、入れてみましたが、走りが明らかに上質になったのを体感できましたね….同時に、ギアーオイルのFSE 75W-90 GL-6に変えたのも相まっての事でしょう…..凄く良かったです。
 
FSEは、金属へ吸着するエネルギーが大きく、油膜の強さを低粘度で実現出来るオイルです。オイルそのものも、持ち比べたら、明らかに重たくて驚きます。
 
 
 
 
 

オイルフィルター交換。
 

オイルがギラツキーですね。
 
 

シャーシダイナモに載せ。
 

パワーコマンダー5を、新たに取り付けました。
 

トップスピードを重視され、作られたバイクなので、馬力などはもともと申し分ない。
 
チューニング前にも乗ってみましたが、最高回転数11,000回転に対し、常用回転域は5,000回転よりも低いところを常用している。
 
そこでのトルク感の無さや、巡航時のちょっとしたギクシャク感などが気になりました。それを踏まえ、設定空燃比を組み立て、供給燃料マップをデザイン。パワーコマンダーにてチューニング致しました。
 
 
Posted by M.Yasuura

「隼のチューニング / Suzuki GSX-1300R Hayabusa」への2件のフィードバック

  1. スロットルのレスポンスは随分改善されてるはずです。巡行から、ヒョイとスロットルを捻ると、ギュインという音質を伴い駆け出してくれますし、そのまま開け続けると、以前より車速の乗り方が1.5倍増しになったように感じます。
     
    アフターファイアーについても、そこのマップも調整は行いました。天候不良なので、今日は難しいですが…. やっぱいつも乗ってるオーナーの感想を聞いて見たいです。早く乗って見てください〜。

  2. お世話になります。
    3000〜5000rpmのスカスカ感がどれくらい改善できたのか
    楽しみです。
    あと、アクセルを、戻した時のアフターファイアが
    なくなると良いのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です