ミルウォーキー117のボアアップ3 / 改造申請 / 2018Y FLTRXSE


ボアアップの改造申請。
 

運輸支局へ持ち込みます。
 
 

 
 
 
 

こちらの排気量1.92Lの箇所が….
 
 

2.03Lに。100ccの排気量アップ。
総合判定の検査員さんに「おお、排気量の変更か。こういうも、ちゃんとやらんといけんよのー」と合格印を押されてました。
 
 

これで必要な、改造の申請は完了です。お客様への納車へ、また近付きました。
 
慣らしを進め、締めにチューニングです。
 
 
本チューニングに取り掛かる前に、抜群に良い出来事が….!
 
 
 

ミルウォーキー8のチューニングで、スロットルが暴れまくる件に、明るい兆し。
 
 

なんと、スロットルが、暴れなくなったのであります。ピターッと、普通になった。
 

この解決は、ディレクトリンクの製造元のテクノリサーチ社の担当 サンドラ氏と、日本での販売元、HRD田村さんの悲願である…..。微力ながら、私もその解決に関わることができた事で、一足早くスロットル暴れない状態で、チューニングが可能となった。
 
これはチューニングツールが悪いのではなく、「それ以外の何か」に不具合があった事で、暴れまくっているのです。
 
2018年モデルの新車で、純正状態でも、なっているんですよ….電子スロットルだから仕方がない….そう思ってる人も多いでしょうね。。。それ以上は言及しないでおきます。
 
 
何としても、この度の124ボアアップの、チューニングまでには….と思っておりましたが、間に合いました。
 
 
……いよっしゃー。
 
 

ギリギリセーフ!

 
 
スロットル暴れる状態じゃね、ほーんと色々具合が悪くて。チューニングも、モン凄いやり難い訳で。良質なチューニング云々以前に、測定している時から疲れてしまって。あの暴れまくる数値とグラフが悪夢で出てくるほどですよ。それでも、なんとかキメてきてたんですけどね。
 
スロットルが暴れなくっただけではなく、様々な、ミルウォーキー8特有の違和感も、取り除くことができている。
 
 

まじ、ナイス!✨

 
 
こりゃあ、ますますチューニングが楽しみに、なってきたゾ!!!
 
 
 
Posted by M.Yasuura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です