3/31 営業日記 …


朝一発目、クランク修理の大手術を終えた1999y FLSTCの納車。預かり車両が多すぎて切迫していたのもあり、ご協力をお願いし3月末の忙しい日に納車。ご協力に大変感謝致します。
 
クランク修理と、マーレピストン以外は目立った事もしてなく、普通に修理に徹した訳ですが、やはりエンジンの回りが全然違います。クランクの芯だしは基本ですが、この素晴らしい具合、これはマーレピストンの恩恵が大きい。
 
手前味噌ですが、他のどのピストンでも、この仕上がりは見たことがない。
 
莫大な資金を注ぎ込み、わざわざニッチなエボ用ピストンを創ったのはこの為。今なら、エボ用マーレピストンは商品が整っているので、ポチッとするだけ。
 
使うことが出来る人なら、「ピストンを作る」とか、途方もない事は考えなくてもいいんです。ぜひ、この具合を確かめて、体感して頂きたい。普通なんだけど、普通に良いっていう、一歩先行く感覚。
 
速いとか、パワーがあるとか、そんな事よりも、「快調に回るエンジン音」は、歯切れの良いマフラー音を聞くより胸がすくもの。いつ聞いても、本当に気持ちがいい。
 
ご興味のあるお客様、こちらをご覧ください。高級品に仕立てたい気持ちはないですが製造コストが高くついた結果の商品。65,000円と、ピストンキットの中では安いものではないですが、モノは間違いないです。
https://www.45degree.net/Tuning/engine/MAHLE.html
 

1983年 FXWG 改 リジッド仕様… 車検整備
 
早いもので納車から5年。 もう車検。
 
約20年前の教訓ありき、心配性なオーナーがショベルに乗っている。
 
 
 
 
 

キレたく無いから事前交換… Primoの144ベルト無くなりましたので、BDLのベルトを使用。
 

レギュレーターも事前交換…
 

レギュレーターは、出先でのトラブル対応のため、サクッと交換できるようカスタム。 
 
そこそこ大きな電気が流れるので、一般的な電気端子ではダメです。これの為だけに高額な専用工具買い足したくらい、譲れない事です。
 

ステーターコイルも交換。でもこれは交換してよかった。というのは、これそのものは良好だったが、ステーターローターのマグネットが剥がれており、追加作業となり。
 

エアクリーナー・エレメントも新調。
 

エンジンを暖気し、オイルを抜く。
 

エンジンオイル。 鍛造のマーレピストンを入れてからも快調。 抜いて出てきたオイルもいい感じ。
 
 

次は1982y FXBの納車整備に
 

このスタージスは、Runout値良好だな、、、と思っていたところで….連絡。
 
 

つい先日「ショベルにCV!」の1979y FXS ローライダーさん、レッカーで運ばれてきました、
 

走行中にクラッチケーブルが切れてしまったと。
 

急にブッチーんきます。びっくりしますよ。
 

近頃はショベルにも、いいケーブルがあります ^^
 
内部にコーティングされているケーブルに交換。
 
クラッチのタッチがはっきりとして、おまけに、めちゃ軽い♫
 

ついでに走行動画撮ってきました。
も、ちょっと上にカメラ向けておけば良かった!
 
 

さてさて、次は当社JIMS FXDL 2015年をダイノに。
 

久しぶりにJIMS120 エンジン始動。相変わらずご機嫌です。
 

次期FP3を試用。簡単にいうと、要望していたものが形になった仕様です。
 
 

4/1は1981y FXB の国内新規登録
 
広島の運輸支局にて、持ち込み検査に行ってきます。
 
 

点検整備記録簿…別表7。
 
さすがショベル….というか、40年ものの車両。
 
点検良好を意味するチェック以外の記号だらけですね〜。
 
一回、がっつりやっておけば、次回車検はほぼ、点検良好で収まります。
 
一回がっつりを、どのタイミングでするかーですね。
 
 


そして、本国買い付けの車両が愛知に到着。FXSはすでに写真アップしてますが、こちらはまだ。 
リグニス愛知の杉村店長にお願いして、写真撮って送ってもらいました。ありがとうございます!
 
 
1984年式のFXE スーパーグライドです。
 
色は、オリジナルのキャンディパープル。
 
4月中旬、弊社到着予定です。
 
Posted by M.Yasuura

 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です