「エレクトリック」カテゴリーアーカイブ

「転ばぬ先」 お知らせマーク


 
電気の中でも発電系統の故障だけは体感で気づいたトキにはすでに遅し。
 
発電されてないため、当然バッテリーが弱ってくる、弱ってくるとスパークプラグの火が弱くなりだんだんとプラグがカブって走れなくなり、ブスブス・・・・エンジンストール。スターターを回すも足の辺りからギャッ・・カリカリカリ・・・(スターターモーターの弱弱しい音)。 これが多くの場合、体感で気づいたときでしょう。
 
レギュレーターの故障とひと括りにしても、妙な壊れ方(というより動き方かな)をしているケースもあります。「発電状態が普段とは違うぞ!」と見分けがつけばいいですが、電気は簡単に見えない。そう出来れば手の打ちようがあります。なら、見えるようにしてみようというのが、発電状態を確認できる「ボルテージメーター」
 
このバイク(FXD)もボルテージメーターでの僅かな変化をみつけ、テスターを当てて診断する事ができ、発電系故障の早期発見により出先でのトラブルを回避できました。ボルテージメーターは色んな形、大きさがあり、上の写真にありますのは3つのLEDライトで知らせるコンパクトでシンプルなものです。

発電不可


レスキュー依頼の2000年式ファットボーイですが、診てみますと、レギュレーターの故障でした。
 

ここについている部品で
 

こんな感じの機能部品です。
ステーターで発電したACをDCに整流している部品です。
 
実はここ最近、多発している「発電系故障ワースト1」は、2000年式のTC88、それもファットボーイばかりです。2000年式のソフテイル系だけは違うので、ここまでは判るのですが、なぜにファットボーイに集中しているのかは解りません。そのおかげで、余分にと思いストックしていた2000年式用の発電システム類がスッカラカンになってしまいました。
 
弊社にて交換するソフテイル用レギュレーターはバッテリー環境の悪いソフテイルに適したものと取り替えています。

日帰りメニュー(ローター逝く)

先日、新潟であったMeetingの帰りになったという症状。

5速に入れる時に、ミッションから「カリカリっ」と音。

とにかく異音がしたということ。

 

1089

イロイロお話を伺った上で、プライマリーだろう!

おそらくシェルかローターだろう!!という事で、分解。

 

続きを読む 日帰りメニュー(ローター逝く)