サンダージェット加工(パーツ&加工費)

・S&S Super-E ¥ 16,630 (税別)

・S&S Super-G ¥ 19,000 (税別)

※加工の受付は店頭に車両お持ち込みのみ承ります。

貴方のS&Sキャブへ、サンダージェットのパーツと、加工、取り付け致します。

指定の位置へ、特許の専用のジグを使用し取り付けます。

サンダージェットを追加することにより、全域に渡り約30%前後ものパワーアップを可能とします(シャシダイナモにて計測の結果)

よく、誤解されがちですが、高回転域だけが良くなる物ではありません。強烈なパワーを求めるユーザー向けのイメージが強いように見受けられますが、違います。

正規のチューニング・加工が施されていれば、全域に渡り、スムースに変わっり、トルクもググッと上がったのが体感でき、S&S独特の中速域での変な谷間や走り難さを、きれいさっぱり改善できます。もちろん、アイドリングでの音にも変化があります。それにより、ジェッティングの見直しが必要となってきます。

サンダージェットについて簡単に説明すると、こうです。

通常のS&SのE・Gキャブはスロージェットとメインジェットで全域の燃料を制御しています。スロージェットは低速域を受け持ち、メインジェットは中速域と高速域のふたつを受け持ちます。

S&S純正で良いセッティングがでたとしても、中速域では少し濃い目の状態、そして高速域では少し薄めの混合気を供給しています。ふたつのジェットでコントロールしている為に制御が行き届かぬ場面が生じます。それを避ける為にずいぶんと工夫してありますが、中速域は、もっとも使用頻度の多いゾーンですから犠牲にはできません。したがって、高速域でガソリンの供給が、不足ぎみにならざるを得ない考え方に到達します。

高速域を考えると、中速域ではかぶり気味になり、中速域をベストにすると高速域が伸びない・・この問題はキャブレターのセッティングでは日常茶飯事に出てきます。

サンダージェットは、この問題で非常に有利な解決が可能です。

例えば、本来「3人」で流す製造ラインが有ってそこを「2人」でこなしている状態は問題です。その反対に、今まで「2人」で流していたラインを「3人」で流すと、よりきめ細かく効率的に流すことが可能です。パートごとに専任がいたほうが良いにきまっています。サンダージェットを取り付けることにより、上の回転だけを賄うジェットが増え、結果的に、全体に振り分けるジェットが3つに増えたことになります。

サンダージェットをインストールする良い点は、メインジェットの分業化が可能になる事です。今までのメインジェットを中速域専用のジェットに出来ます。新たなミドルジェットの誕生です。そして、高速域専用はサンダージェットに任せます。新たなメインジェットの誕生です。この分業化により中速域はさらに軽く吹け上がります。高速域もさらに伸びるようになります。とてもさわやかな、そして力強く滑らかなパワーカーブをてにいれることが可能です。

メインジェットは、高回転用のジェットが増えた為、そこまで大きくする必要はなくなります。そして、高回転にはサンダージェットが効きますのでレッドゾーンまで十分なガソリンを供給します。

また、メインジェットのエアー調節を可能とするように加工するので、メインジェットの働くタイミングを遅らせる事ができるようになります。メインジェットの働くタイミングを遅らせる事で、結果的にアクスルポンプを絞って、インターミディエイトジェット(スロージェット)を上げることも出来ます。そうすると、セッティングの自由度も幅もグ~ンと広がります。

要するに、スローも、メインも適切なジェットに選択する調節が出来るようになった、ということになります。

キャブレターのセッティングは足し算です。今までのスローが30とします。メインが70で合計は100点とします。サンダージェットのインストール後でも合計は100点になるはずです。

サンダージェットをインストールすると燃費がわるくなるのでは・・と聞かれますが・・そんなことはありません。もし燃費が悪化したとしても右手で解決する問題でしょう。きちっとセッテイングがされたバイクは燃費は良いはずです。セッティングがあっていない状態の方が燃費も悪いのはデーターとしても残っています。エンジンが消化できるだけのガソリンをタイミングよく供給する。それがベストなセッテイングではないでしょうか。したがって、バイクの持つポテンシャルを生かしきる事が出来るのでは、と考えます。

それが、サンダージェットを組み込むことにより可能となります。

サンダージェットノズル色選択可能

ご注文の際に、ノズル色をご選択ください。なるべく、ご希望に添えるよう努力していますが、在庫切れで希望色がない場合は他の色でご了承ください。(Gキャブ用は黒ノズルのみの設定)

工期 セッティング

当店での直接の場合は、車両本体ごとか、S&Sのキャブレターのみお持ちご来店下さい。車両本体ごと持ち込みの場合、当日に取り外し~加工~組み付け~セッティングまでの工程すべてを終わらせることはできないので、代車を貸し出しします。金額内にキャブレター取り外し・セッティング代金などの技術料は含まれておりません。予めご了解願います。

加工前と加工後でのパワーグラフの違いを、シャシダイナモで計測して数値としてみても面白いかもしれません。

お問い合わせ先

45ディグリー広島
営業時間:9:00~18:00 (Closed/木曜日)
お電話:082-844-7845
FAX:082-844-7805
Eメール:hdrider@fureai-ch.ne.jp