「分類 エンジンサイズ別」カテゴリーアーカイブ

08y FLHTCU・・・・ご納車前の色々 1(エンジン)

この度、周りのご友人の方々からのご紹介でのご来店から始まり、色々ご相談頂きまして、ご希望のハーレー探しから、ハーレー購入、車体整備、エンジン・インジェクションチューニングまで、一式ご依頼頂きました。大変有難いお仕事です。
 
探し始めてしばらく。出てきました。黒のウルトラ2008年モデル。
 
いくら程度が良さそうな中古車でも、新車ではありませんから、安心して乗ることが出来、楽しめるハーレーにするべく、すべてお任せ!とのご依頼で頂きました。
 
エンジン・インジェクションチューニング・車体整備など、ご予算の範囲で最良の状態にしてご納車致します。
 
 
まず、要のエンジンです。2008年モデルで、走行46,000kmほど。そもそも新しい年式であり、別に壊れているわけでもないのにエンジンを開ける必要が有るか否かの判断もあるが、「最良の状態」を作る為にもきちんと中身を知り、必要な修正や作り上げていくのは大切です。パッパッと開けていきます。
 

 

 

 

シリンダー・ピストンクリアランスは測定の結果OK。
良いアタリを付ける為にも、ピストンリング交換、クロスハッチをあてなおす。
 

  

チャンバー室のカーボン除去後、シリンダーヘッドを分解し、バルブを外してみるとシート幅がかなり広がっている事が判りました。
 

シートカットと、バルブのリフェースを施す。
 

エンジン組み立て完了。気持ちよく走る為のカムも交換済み。
エアクリーナーはKuryakynのハイファイブ MACH2です。
 
つづく!

2006y XL1200R キャブレターチューニング


2006年式XL1200Rのキャブレターチューニング・・・と、タイヤ交換、点検整備でご入庫です。
 

キャブレターはFull-Tune CVのTouring仕様。Kuryakynのハイパーチャージャーに、サンダーヘッダーという組み合わせ。最近チューニングする車輌に付いてるマフラーはサンダーヘッダーが多い気がします。キャブレターのみお送りする場合には事細かなチューニングは施せない事もありますがバイクをお預かりするのなら車輌の状態をダイノ上で見ながらのチューニングが施せますので、改善の余地をさぐれます。これはキャブをポンとつけるだけとは、一味違います。
 

ポンとFull-Tune CVを付けただけでは、まだ本領が発揮されていない事も。
きちんとチューニングを施すとグラフにも違いが現れます。チューニングは楽しいですね(^v^)

XL883C ご成約 / 2005y XL883C


2005年式のXL883C ご成約頂き、先日ご納車の運びとなりました事、ご報告致します!
こちら、初期ラバーマウントスポーツスターの持病であるエンジンオイル下がり対策済みで、キャブレターチューニング、イグニッションモジュールの問題も対策済みと、日本仕様に縛られたキャブ車の883を楽しむなら押さえておきたいツボを押さえた内容で展示していましたが、非常に気に入って頂けたお客様の元へ嫁いでいきました。走行距離も800km以下と程度の良いキャブ車が減ってきている中では希少な存在かもしれません。
 
ご納車時は、最低限の整備のみにとどめましたが、エンジン・トランス&プライマリーのオイル ブレーキフルードDOT5(リアマスターシリンダーのトラブルの種はすでに対策済み) フロントフォークオイル などの交換をしてのご納車です。
 
これからも末永いお付き合い宜しくお願い致します!

DLC(ダイアモンド・ライク・カーボン) 2本立て!


1200SのフロントフォークをDLCで武装します。
装飾目的ではなくて、実用面で確りしたものを、という事でDLCをご指定頂きました。
 

トリプルツリーはパウダーコートを施し、DLCインナーチューブを入れて組み替えたカートリッチフォーク。内部もリフレッシュ済み。こちらは郵送で送っていただいたので、お客様の元へ発射致しました・・・。
 
 
 
お次はダイナのフロントフォーク一式のカスタムです。
 
 
 

ゴールドバルブに、直巻のレート指定フォークスプリング。
トップのボルトもケースに取り付けるカバーも、元々はクロームメッキですが、こちらも黒くなっています。
 

もちろんブッシングも新しいものを。
 

そして組み立て完了の図。
 

すべて黒く統一する事で纏まった印象になりました。
弊社で行なっているDLCの特徴は、また改めて・・・。堅実なマシーン使ってDLCを施してますので、他とは、ちょっと違いますよ♪
 
肝心な「走り」ですが、ダイナに関してはフォークの脱着調整まで行いましたのでちょっとインプレを。リアが純正リアショック、という内容ではありましたが、それに合わせてチューニング致しました。
 
しっとりとした落ち着いた乗り味・乗り心地であるなかにも、機敏に動き、的確に路面の凹凸を吸収してくれます。目の玉を揺さぶる不愉快な振動や、コーナーリング中のフワフワ感は払拭された。これはスプリングや減衰力などフォークの動きに直接作用する所がかなり関係していますし、45ディグリーでこれからリリースするオリジナルのフォークオイルを用いておりまして、このオイルもいい仕事をしてくれていますね。レーステック製品のウルトラスリック・フォークオイルを調べ尽くして、それよりも良いオイルとなりました。ゴールドバルブ入れているお客様に使ってみて頂きたいオイルですね(^ー^)g””
 
しかし、ちょっと意地悪な事をすると、DLCを施したインナーチューブの威力が解ります。ハードブレーキングしながらのデコボコ通過しつつの路面追従性や、中速コーナーにスピードを上げてアプローチし、あえてコーナーリング中に不要なフロントブレーキをかけつつの、さらに大きめな路面の凹凸を広いながらのフォークの動きなど。こんな状況でもフォークは的確にスッスッと動き、なんともいい動きをしてくれます。
 
「コイツなら俺の命を預けても大丈夫だな。」という事で、合格です!

ホイールにも「Medi-Bright」処理

XL1200Sの純正13本スポーク キャストホイールに「Medi-Bright」処理を行いました。
 

処理前。
 

処理後。
 

隅々まで綺麗になっていますが、リアよりもフロントホイールの方が遣り甲斐ありそうです。
 
 

フロントホイール 処理前。
 

こちらも処理前。これを、よーく、見ていてくださいね。
 
 







 
 

処理後(おおよそ1時間ほどで完了)
スポーク本数が多いのと、汚れが多く手強かったのもあり、1時間のワークタイムとなりました。
 

しかし、その甲斐あり、見事なまでに隅々まで綺麗にリフレッシュされました。
 

通常の磨きや、洗浄では攻めにくい文字のところまでも、処理出来るのが「Medi-Bright」処理の特徴です。
 
 
完成したホイールを早速組み付けました。
 
 
この度はタイヤ交換も同時に行い、ミシュラン コマンダー2を履かせました。
 
 
 

 

 

 

足元が光っていると、イぃ〜ですね〜〜ぇ(^^♪
こうして見ると、新品のホイールよりも、しっかりと光沢が出ています。単に汚れを落として綺麗になった!それ以上の満足感が得られるものと、自負します。