「110ci …….. 1800cc」カテゴリーアーカイブ

FXSBSE チューニング開始

20130605-215907.jpg
FXSBSE ブレイクアウト到着。
東京から陸送にて送っていただきました。これからインジェクションチューニングです。
 
チューニングにかかる前にチェック。
現状でどうなのか? まあ、良い訳ないじゃん、とご想像の人も、多いかと。
 
エアクリ洗ったらアフターファイアーしくなったけぇ、いいじゃん、という人もいらっしゃいますね。
 
でも、どの程度か??診てみなきゃ解りませんね。
その為の、シャーシダイナモ!!!ぜーんぶ、解ります。
 

3026
 
3024
こちらが「初めのロールオンテスト」
仕様はストックのSE110エンジンでEXのみバンスのスリップオンにクワイエットバッフル入りです。
 
3025
で、こちらがトルク値をフットパウンド表示に変換とフォーススケーリング機能ON。
 
パワーカーブが、すこぶるガタガタですネ。
特筆すべきはA/F 通称エーエフと呼ばれる空気と燃料の混合比率 空燃比(クーネンヒーっひっふー)です。
 
3028
空燃比グラフの方を大きくしてみました。14.82とか、15.31と書かれている方です。
ロールオンテスト時なのでアクセル全開で、100kPaの時が、コレです。非常にマズいですね。つまり何が言いたいかというと、チューニング必須状態でした。
 
SE110エンジン搭載車は、こういう感じの車輌、たいへん多い。
 
で、アクセル全開なんてしないから・・という人へ、更に驚く事実。このスロットル全開と言う、100kPa付近。アクセル全開にしている訳でもないのに、使っているギア、路面状況、負荷状況によっては、かなり多用して、使っている領域です。
 
今回は、ロールオンテスト時で、ローラー上でリターダー未使用、無負荷で全開なので、測定時間も7秒と、なんら問題無しです。
 
これが実際の路面で、相当に負荷が高く、また、長い時間継続して負荷をかけ続けていた(という自覚なくても実際にはよくやってるパターン)ならば・・・恐らく、ピストンとピストンリングが仲良くなりくっついて、圧縮が抜けて、エンジンブロー。だったでしょう。まぁ、焼き付いてリアタイヤがロックするとまではいかないので、大した事ありません。あれ、なんか調子おかしいぞ、程度です。そのピストンが実際にあるので今度写真載せてみましょう。
 
 
もうそんな事にはならなく、チューニング後は遠慮なくアクセル開けてお楽しみ頂く為にも、チューニング続行中です。
 
 
3027
 
 
ではでは
 
 
 
masa
マサでした。

FLHTCUSE 取り掛かってます

<お知らせ>
来週も月曜日〜金曜日まで、ご予約済み以外の業務は承る事が出来ませんので予め宜しくお願い致します。
 
 
3023
2012年式のFLHTCUSE
納車直後にいきなりお持ち込み頂きました(^^ゞ
 
3022
とりあえず今日のところは、ステルスヘッダーへの交換等々、V&Hのオーバルを取り付け、シャーシダイナモへ固定して、明日からインジェクションチューニングに取り掛かる段取りです。今回もデルファイECMを書き替えます。またまた、もう一台、いい感じのバイクが出来上がります。頑張りますよ〜。
 
 
ダイノを回すにも色々と補修が必要で、これがちょいちょいとあるんですね。だいぶ前にO2センサーは定期的に交換している、と書き、パソコンもSSD化した、と書きましたが、今度は別の所です。
 
というのも、先日FLSTSEのチューニング仕上がりの最終確認が済んで、よぉーし。と思っていると回転数のピックアップがチョロチョロと妙な動きになり、全くダメになってしまいました。壊れてしまう原因はエンジンからの熱や振動や経年劣化など、形あるものについてまわる当たり前の話。
 
 
幸いにも壊れてしまうタイミングは良かったのです。ダメになるその数時間前に、予言者的なタイミングでたまたま新しいピックアップをオーダー済みだったのです(笑)
 
昨日届いたので、本日 日曜日のチューニング業務には支障無しでした。 
 
ダイノで使うものは、そのへんで売ってるものよりも、格段に精度が高いので、ま〜ぁ、¥が高いです。例えばO2センサーの測定機一つ増設するのにでも軽い気持ちで50万はいきますし補修部品も高価ですが測定精度は素ぅ〜ん晴らしく高く保てます。(サンプリング方法で誤差がかなり生じるので、ここらの話は割愛)
 
ダイノ持ってないと測定の制度誤差、正確さ、必要性、諸々。比較出来ないのでこれを語れるのはバリバリと真剣に毎日鍛錬しながらチューニングやってるショップのチューニング担当者のみ。これだけは間違いない。
 
 
素人さんを騙して誤魔化すには形だけ揃ってれば良し。安上がりでよろしゅう御座いました。貴方はそういう所を選びますか?選ぶのは自由ですよ。
 
 
話戻して。
 
 
今日は来週末富士スピードウェイで開かれるドラックレース参戦車輌のキャブチューニングでした。10馬力アップしたのでオーナーさんも喜んでおられました。僕も行きたかったのですが、今回はグーッと我慢。
 
  
水曜には関東からチューニング依頼車輌が陸送で届くからこのウルトラCVOは明日から取り掛かれば、それぞれ余裕ですな。という事で、預り車輌は沢山あるので仕事は山盛りですが、夕方頃まで雨が降っていたので、比較的静かな日曜日でござりました。
 
 
来週も月曜日〜金曜日まで、ご予約済み以外の業務は承る事が出来ませんので予め宜しくお願い致します。
 
 
ではでは
 
 

マサでした。

これを見ればダイノグラフがもっと面白くなる

3003
先日。
JIMS 135エンジン搭載のFLTRXをお持ち込み頂き、パワーチェックしました。
 

・・・・こちらの記事はホームページに転載致しました
リンク http://www.45degree.net/Tuning/01.html

 
 

2013yFLTRXSE インジェクションチューニング

2841
愛媛県は宇和島よりご来店!
広島からだと、遠方よりご来店。
 
色々吟味した結果、弊社でのチューニングで、とご決断されたそうです。誠に有難いです。
 
その2013年FLTRXSEの内容は、「チューニング」と、「スロボの交換でCVOの深化をみてみましょう!」という内容です。

納車前からお電話にて打ち合わせさせて頂いておりました。スクリーミン・イーグル 58mmスロットルボディを組み付けて自走〜という予定でしたが、いくらインジェクターサイズが変わらないからと言っても、ちょっとそれはマズいですよ〜とお伝えして、チューニング直前の交換となりました。
 
FLTRXSE納車後 エキパイ、マフラー(クリヤキン)は交換するという事で、その状態でお持ち込み頂きましたが、エキパイ、マフラーを交換した事で2000rpm以下が全く使い物にならなくなってしまったとも仰っておられました。おおよそ状況は予測出来ましたので、これで更にスロボまで変えてはマズイというので、上記の判断に至りました。条件を外すと、とてつもなく調子が悪くなるのがハーレーで採用しているインジェクションのシステムです。
 
・・・・・
 
チューニング内容は純正コンピューター(ECM)書き換えでの800回転アイドルでグレートポテトサウンド。
58ミリのスロボを生かした内容だけど、ハーレーらしい乗り味は保ちつつ・・・そんな感じの内容! スロボ交換だけど、それに相反した乗り味を求めている感じの内容でした。ちょっとムズいけど纏める事は出来るなあという感じで承りました。ニュアンスですから、わかりにくいのはご勘弁下さい。
 
納期は持ち込み当日と、翌日の一泊二日。PM12:00に預り〜翌日PM:14:00にご納車、という流れ。ま、早速とりかかりませう。
 

20130315-005014.jpg
 
20130315-005031.jpg
左が58mmのスロボです。
 
20130315-005040.jpg
組み付けていきまして・・
 
 
ダイノに乗せてチューニング。
 
 
で、いきなり前後の比較です。
 
 
2843
結構差が出ましたね。
 
2842
 
最高出力は、さておいて。
 
先ずは音の動画ですね。
こちらです。↓↓↓
 

 
試運転を共に行い
とりあえずは好感触だったという事で、そのまま納車。
 
19:30過ぎに、このお客様からTEL頂きました。
19:00頃に、戻りました!との事です。(遠路はるばるお疲れ様でした)
 
行きと帰りであまりの劇的変化で、それを伝えたくてお電話されたそうです。
 
総評としては、満足していただいたという内容でしたが、以前はキャブ車に乗っていて、今回の乗り換えは失敗だったかなあとも、仰っておられましたが、それが払拭出来たのが何より嬉しいです。
 
かくいう私も、以前はそうでありましたが、今は違います。そこで培った全て。それをもって、インジェクション嫌いを一人でも減し、インジェクション好きにする努力を惜しみません。
  
 
 
masa
by マサ

ブレイクアウト の グレイトポテト

2817
2013年式 FXSBSE ブレイクアウト 入庫です。
納車されたら、チューニングを、と昨年9月頃からお話頂いておりましたが、ようやく、納車となり、取り急ぎおめでとうございます。
 
とりあえず、シャーシダイナモへ固定をして・・と。
 
2818
 
2819
 
まず、そのままの状態を測定してみますと・・・
 
 
2820
このような結果です。
比較対照が無いので解らないとは思いますが、純正状態より明らかな低下が見られます。
 
いままで、色々とCVO、測ってきましたが、ここまでのものは初めてカモ?しれません。
さすがに、元々排気量が大きいぶん(1801cc) 適正でなくても96キュービックインチエンジンでは、いいところの70馬力を出していますが・・
 
 
で、こちら、チューニング後です。
 
 
2821
チューニング後、パワーカーブを確認し、5500回転でレブリミットとするよう、設定の変更を行いました。
 
 
2010年以降のツーリングモデルのDBW、ドライブ・バイ・ワイヤ(電子スロットル)は、同じ電子スロットルの08・09とも異なり、MAPでの制御となっています。08・09と、10年以降とで、10年以降は、チューニングしていくにあたり、ナーバスなものとなり、ただでさえ、繊細さが求められるチューニングに、より一層の繊細なチューニングが求められるようになりました。
 
弊社、インジェクション・チューニング担当であるDrマサはその点を十分に理解し、これまでも進めて参りましたが、2013年のソフテイルとなると、CVOはドライブ・バイ・ワイヤとなり、さらにCAN bas通信となると、また更に条件が異なり、より一層の難易度を高めてきます。その中でも、全マップの適正化を計り、パワー的な所はもちろん、燃費的な部分、加速的な部分、扱いやすさ的な部分、最後に乗り味、これらを調律致しました。
 

動画も作りましたのでご覧下さい。
 
動画内、これくらいなら、誰でも出来ます、というのは、前述しました「パワー的な所はもちろん、燃費的な部分、加速的な部分、扱いやすさ的な部分、最後に乗り味、これらを調律致しました。」の一文に込められています。グラフがいくら良くても、全開域以外の調整から、最終的な仕上げ、これらが不十分では良くないよ、という意味です。普段、どれだけアクセルを全開にしているか、それは乗り手である貴方が一番分かっている事です。それ以外の仕上げは、パワーカーブからは、なかなか、なかなか、読み取る事が出来ません。(とはいえ、全開での測定なので、トルクの落ち込みがある所は落ち込みが感じられる内容です)
 
特に、細かい調整を強いられる燃費的な部分は、非常にめんどくさく、これを確認しているか否か、チューナーで差が出る所であると思います。だがしかし、普段乗りの多いお客様には、ここが一番大切である事を、Drマサは十分理解していますので、怠りません。
 
確認項目が増えてしまいますので、そのぶん、時間がかかってしまいますが、それら全てをきっちり合わせるチューニングを行なっているのが45ディグリーでチューニングをする、一つの特徴です。
  
 
 
ではでは
 
 
masa
マサでした。