883ロー チューニング / 2009y XL883L


171 / 883のローモデル、チューニングご依頼頂きました。
 
エンジン始動直後から、ブワァああぁん..と吹けあがるエンジン回転数に、パスっパスっと、不安定な感じも、解消するようにとご依頼頂きました。弊社では、そこは標準的に、取り除いてご納車しております。
 

エアクリーナーも交換。45ディグリー / 弊社のオリジナルキットです。http://fortyfive-degree.ocnk.net/product/1379
 

艶ありのブラックです。
 
エンジンを暖気途中に、
エンジンから「バス・バス」
ハンチングとまではいきませんが、バックファイアーが起こっている現象。
 
O2センサーが付いているから…とセンサーを頼みにしたいところですが。
センサーが「補正」を始める温度も、そう低い温度から始まるよう設定されていません。
 
そこは個別チューニングが効いてきます。
バシッと、手堅い手法をとっておりますので、冷間時のエンジン始動直後から、違和感も無く走っても心地良いようチューニングさせて頂きました。ポテトサウンド仕様です。
 
また、よろしくお願いします。
 
Posted by M.Yasuura
 

883R チューニング / 2014y XL883R


374 / 2014年式XL883Rをチューニングしました。ダイノ入れ替えまで、お待ち頂いていたお客様。エアクリーナーをS&Sのステルスに交換してから、取り掛かりました。
 

実績のあるベースデータを用い、バリッとチューニングさせて頂きました。
 
スポーツスターは、特にチューニングすると化けます!
お客様の多くは、スピードを追い求めたりする為のチューニングではなく、走り心地であったり、感触などを求めての、チューニングを多くご依頼頂きます。
 
僕はチューニングする人だし、ちゃんと走り込んで味付けまで決めてます👌🏻👌🏻走って面白い感覚って「ニュアンス」だからね、やり方は教科書には載ってないんよ😊
 
posted by M.Yasuura

フォーティエイト チューニング / 2014y XL1200X


48のチューニング、ご依頼頂きました。
 
こちらのお客様もそうですが、決してスピードを追い求めての「チューニング」では無く、乗り易さであったり、そういった感触の変化を求めているお客様から多くご依頼頂きます。
 

特に、1200ccのインジェクション・スポーツスターにおいて、ゆっくりと高めのギアで1,500回転くらいで走ろうとすると、とてもギクシャクします。落ち着いて走れるような感触ではないですね〜。
 
弊社でのチューニングでは、標準的に、ここの改良も行います。もちろん、ストレスのない走りにもなります(^^) そういった意味でも、意外かもしれませんが1200ccスポーツスターのチューニングは難易度が高めだなぁと個人的には思います。丁寧に、丁寧にしないと、いけないと常々思いながらチューニングしていますよ。あくまで真面目に取り組んだら、の話ですけどね。
 
ちなみに、ローアイドル&ポテトサウンド仕様にて承りました。
軽快に、小気味よく走っちゃってください(^^)
 
ありがとうございます。
 
Posted by M.Yasuura

ソフテイル デラックス チューニング / 2007y FLSTN

<2007y FLSTN / インジェクション チューニング>
ダイノ入れ替えに伴い、ソフトもWinpep8 / RTで、ハードもModel250ixと「マルっ」と新型になり、使い勝手が随分と違うので、冷却ファンの作動タイミング….チッチッチッ….的な秒針から掴んでいくようなアレですが….惚れるより慣れろって言葉もある通り、4台チューニング済ませ、WinPep8にも慣れて来た。慣れてみれば以前のセブンよりいい感じのような気がする。
 
トライクのチューニング、早速オーダー頂きました!
トライク、チューニングのキャンペーン中です。
http://45degree.net/IMO.blog/?p=4468
 

今回、ダイノルームそのものも、かなりやり直した。実は、コレで3回目のリニューアルとなる。 続きを読む ソフテイル デラックス チューニング / 2007y FLSTN

ロードグライド ウルトラ チューニング / 2017y FLTRU ME107


<2017y FLTRU チューニング>
ダイノ入れ替え後、初の当日チューニング。
 
ミルウォーキー8/107のロードグライド ウルトラ。新車購入したお店さんにてSEスーパーチューナーを購入し、同店担当者に調整してもらったものの、ミルウォーキー8だからええ具合にならなかったとか。
 
そんなこんな、ガクっとしていた所に、弊社のウェブサイトを見つけ、すぐにご依頼頂きました。SEスーパーチューナーなら、基本的なところは、しっかりチューニング出来ますのでOKです。
 
力強く、鼓動感強めで、ローアイドルにて、チューニングのオーダーを頂きました。
 

ミルウォーキー8(キャリブレーションナンバー823) の「スーパーチューナー」でのアイドリングの下限は「850rpm」となっておりますので、他の手法でアイドリングを忙しなく感じないようにしました。
 
こんな感じで、純正コンピューター書き換えのチューナーも、似ているようで様々、特徴があります。内容盛りだくさんなチューニングなら、こちらですよ〜と言った感じで。 まずは、ご相談ください。
 
ダイノ入れ替え完了・チューニング再開で、今日もチューニング預かりだけで2台、明日は1台、現在進行形で1台とご依頼頂いております。ありがとうございます♪
 
posted by M.Yasuura

45メカによるマニアックな記事盛り沢山