「Exhaust マフラー」カテゴリーアーカイブ

実はよくある亀裂・・・

893

894

895

こちら、ツーリングモデルのエグゾーストパイプ。車検で点検整備をしていた際に見つけた亀裂。リア側、左右に振り分けている付近の、エグゾーストパイプどうしを繋げる溶接の淵から亀裂が走っていました。高年式でもよく見つける亀裂です。よーく診ないと判らない亀裂も、一気に口がバックリと広がりますのでご注意ください。

ブラックアウトしてみませんか?(マフラー)

最近のH-Dはブラック&クロームを掲げ色んな物が黒くペイントされていたりコーティングされていたりしますが、黒いマフラーって、あんまり見かけませんね。
そんな中でマフラーを黒くしてみようかな〜〜とお考えの方もいらっしゃるかと思います。
795
以前FXSTBのマフラーを結晶塗装(リンクルペイント)させて頂きましたが、オイルタンクがすでに結晶塗装されていましたので、マフラーもペイントすると違和感なくフィットしていて、周囲の方達もナカナカ好評の様子でした。

 

796
↑弊社デモバイクFXDXT。こちらもマフラーを結晶塗装。シワのより方は細か目で塗装しています。このあたりもある程度のリクエストができます。

 

 
↓こちらは結晶塗装ではありませんが、耐熱のブラックでのペイントです。塗装表面の仕上がりは、まるで「メークインをホクッと茹でて、茹でたてをパクッと割るとホクホクに湯気が出ているような」感じになります。ペイント後、焼付け乾燥させています。缶スプレイでは、ここまでの質感にならないですよ^^:。
北米マフラーご注文時に同時にペイント可能ですよ〜。

791

792

793

794

↑H-F様よりマフラー塗装をご依頼頂いた際に撮影。

マフラー/ブラック塗装


お客様からのご依頼で車検ついでにマフラーを塗装致しました[:パー:]
黒い結晶塗装で、エンジン部品などによく使われる塗装です。マフラーのような高温部にも大丈夫なのですよ。(塗った後に100℃近い温度で焼付けて乾かしますからね〜)
もともと、黒結晶塗装が多く使われるFXSTBには、かなりキマってるのではないでしょうか?!?!

883R 2IN1マフラー取り付け

お客様の依頼で02年・03年と純正採用されていたXLH883Rの2IN1マフラーを新型のXL883Rへ取り付けることになりました。
まずはポンとマフラーだけ取り付けてみる。
肝心のマフラー本体は取り付けOK(ほぼ)。
しかしマフラーステーは製作しなければなりません。
まずは素材選びですねぇ・・・
振動面から言えばパイプ形状が良いと判断したので
172
外径27mmのパイプを用意しました。まぁ唯のパイプではないのですが、また都合良くこんなパイプがあったもんだと思わず笑ってしまいました(´ω`)ノ〃

続きを読む 883R 2IN1マフラー取り付け