「FLH(ツーリングモデル)」カテゴリーアーカイブ

使い分ける心地よさ / ジキルとハイド / 2012y FLTRXSE


ジキルとハイド。使い分ける、心地よさはダントツ。
 
 

エンドは、この形状。一番人気です。
 
 

チューニング中、やたらノッキングする。
 
元々、自分で作ったベースマップは「根拠あるもの」
 
こんなハードノックはおかしいという違和感。
 
 
 
ハードノック音は、普通のノッキング音よりも、大ボリューム系のパキパキ音。
 
明らかにまずいと感じるエンジンから発せられるパキパキ音で、思わすスロットルを緩めるほど。
 
ハーレーの場合、10度ほど点火タイミングをリタードさせないと収まらないほどのノッキング音で。
 
 
 
もしや…. 疑って、ガソリン入れ替えたら、やはり。
 
レギュラーガソリンでした。悪さしていてのは。
 
ガソリンの匂い嗅いでも、排気の匂いでも、レギュラーと分からなかった。
 
ノッキングしまくって、疑って、やはり…のレギュラーが引き起こすイレギュラー。
 
 
 

通常のレギュラーガソリンを、ハーレーに入れて燃やしたら、特有の「安っぽい匂い」がします。ちょっと、刺激臭もする。
 
ハイオクだと、香りは芳醇で濃厚です。体に悪い香りの嗅ぎ分け。
 
 
これを機に、是非、ハイオクな燃料を、ご継続ください♪
 
 

ハーレーには、ハイオク命

 
 

前後比較。
トルク値が、通常のSE110と比較しても異常なほどの好ラインをヒット。
 
2009年以降の車両において、標準的にツアラーに装着される触媒(キャタライザー)は
 
馬力には「減」な作用をしても、トルクに関しては「増」な効果。排気音も円やかで、耳触りもいい。
 
 

走行の動画。
 
 

試乗。いつもの定点撮影。
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

黒いバックギア取り付け / 2019y FLHTKSE


黒いバックギアの取り付け、ご依頼頂きました。
 
 
 

これを組むと、クラッチも、軽くなる。
 
 

ミッションオイルを抜くと、適正量。移動はしていないようだ。まだ。
 
 

エキパイ取って、ミッションカバー開け、ゴリゴリっと加工し、ホイホイっと組み戻して完成。
 
 
バックギアを入れようとするレバー操作時は、バックギア単体で操作なさらないよう。
 
必ず、1速ギアでも、2速ギアでも良いので、
 
「ミッション内部の動き」をギアーを入れる事で止める事ができ、
 
その上で、バッグギアの レバーを操作しギアーを噛ませます。
 
(ギアーを入れない限り、ミッション内部はかなり高速回転しているもの。)
 
その後、ニュートラルランプを点灯させ、
 
クラッチ操作を緩め、バック操作を行います。
 
それを怠ると、ブレーカーバーという安全装置が、破断し
 
バックギアの操作のみが無効になります。(前進操作は有効)
 
これは二重噛み合い状態が起り、ミッションそのものがぶっ壊れるのを防ぐ
 
バックギアの安全装置が備わる為の、特有の操作方法。
 
バックギアそのものは、メインシャフトと、カウンターシャフトの間にアイドラーギアを入れる事で、回転運動を反転さすというシンプルな機構ですが、二重噛み合い状態が容易に引き起こせます。そのための安全装置であり、必要なものですが、安全装置を破断させず、守る為には、決められた操作手順で使う事が大切です。
 
 

いざ!という時の、保険、バックギア。有意義に使いましょ♪
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

カム乗せ & チューニング / 2019y FLTRXS114


2019y FLTRXS のカム乗せ、チューニング。
 
 

カムサポートプレートを、ウリャっと抜くと、おやおや。 2019年だったよな…? あっ。 フレームのラベルを見ると2018年の7月製作車両。そういう事か。
 
 
続きを読む カム乗せ & チューニング / 2019y FLTRXS114

マンバ製 バックギア 取り付けと 一年点検 / 2010y FLHXSE


まずは、バッグギアの取り付け…
 

エキパイ取って、ミッションカバー開け、ゴリゴリっと加工し、ホイホイっと組み戻して完成。
 
バックギアを入れようとするレバー操作時は、バックギア単体で操作なさらないよう。
 
必ず、1速ギアでも、2速ギアでも良いので、
 
「ミッション内部の動き」をギアーを入れる事で止める事ができ、
 
その上で、バッグギアの レバーを操作しギアーを噛ませます。
 
(ギアーを入れない限り、ミッション内部はかなり高速回転しているもの。)
 
その後、ニュートラルランプを点灯させ、
 
クラッチ操作を緩め、バック操作を行います。
 
それを怠ると、ブレーカーバーという安全装置が、破断し
 
バックギアの操作のみが無効になります。(前進操作は有効)
 
これは二重噛み合い状態が起り、ミッションそのものがぶっ壊れるのを防ぐ
 
バックギアの安全装置が備わる為の、特有の操作方法。
 
バックギアそのものは、メインシャフトと、カウンターシャフトの間にアイドラーギアを入れる事で、回転運動を反転さすというシンプルな機構ですが、二重噛み合い状態が容易に引き起こせます。そのための安全装置であり、必要なものですが、安全装置を破断させず、守る為には、決められた操作手順で使う事が大切です。 続きを読む マンバ製 バックギア 取り付けと 一年点検 / 2010y FLHXSE