「ボディパーツ関係」カテゴリーアーカイブ

FLST用 ロアーフェアリング(仮名)


突然ですが。
ツーリングモデル(FLHTCU)などでは標準装備な「ロアーフェアリング」ですが、これをヘリテイジにも付けよう!!
もちろん、ウルトラ用がポンと付くわけありませんよ!
という事で、イチから作ってます。
まだデザインで変更点がありますが、風防としての効果は良い感じ。
ちなみに、このロアーフェアリング(仮名)は、製品化を目指しています。FRPで型を起こし、直接見える表も、少し見え難い裏面も、どちらを見てもらっても納得の、とても綺麗なフェアリングになります。

↑画像のヘリテイジ標準装備エンジンガード用

↑レトロで丸っこいエンジンガード用
2種類を考えております。ご期待ください。

サドルシートキットをつくるのだ。

218
ボルトオン。
なんだか、こう聞くと安心する反面
本当に大丈夫なの的な疑問もこみ上げてきますね。
市販で手に入る物の中でボルトオン出来ない物は、実はそう多くもありません。しかし、その為には試行錯誤の中で”加工”の一手間があることは事実。
それは45でも取り扱いのあるシートマウントキットも同じです。
マウントキット自体は確りしている物ですが、実際の所、シートによってはボルトの位置も違うなど、一概に工具をそろえて、さぁ!という具合にはいきません。
「汎と汎」を組み合わせるとなると、
先に述べたような “アメリカンなボルトオン” になってしまう。
ヴィンテージシートを、
なるべく簡単に付けられるようにしたい・・・っ!!
休日の(お父さんの)楽しみを増やしたい!
・・・という事で。
ほぼ出来上がっております。(実は。)
やってみると、これがまた
「設計図を描いてドーンと大量オーダーする」とか出来ない。
個々で小さなズレが、取り付けたときにとんでもない形に付いたり、適当に穴径大きめにしたステーを作れば此方が思うような納得のキットにもならず。
実に細かい所の微調整で全体のズレを良い具合にしていくという感じで、始めてみて「これをキット化するなんてチょっと無謀だったかな」と感じもしましたが、なんとかなるものです。職人が居なければこんな微妙なキット化はできません。
221
シートマウントと、そのマウントにつくシート用の専用ステー・・
222
フレーム(バッテリー)カバーは黒とアイボリーから選択できる
223
フレーム(バッテリー)カバーは、前一点を、シートマウントキットへネジ穴を作り、そこへボルト留め、後ろ2点はタイラップでは味気ないので、革紐でロープ結びで止めることで、使う人それぞれの個性をここでも出す事ができるようにしました。
という感じの全体の構成です。車体側への加工も、シートマウント側への加工も、必要ないようにしてあります。
それぞれのシートマウント/シートの、個体にある微々たる違いは並べてみて誰でも判る物ではなく、間違いがあってはならないので、それぞれにシリアルナンバーを設ける事で解決しました。
もちろん、シリアルナンバーは見えない所に打ちますので、ヴィンテージシートのディテールを損ないません。
220
何時ウェブに上げられるか判らないので、簡単に明記しますが・・・
車種・年式は
2000年〜2007年モデル用
キャブ車・インジェクション車、共に共通。
FLST / FLSTC / FLSTN / FLSTS / FLSTF
FXST/ FXSTS
・・・などなど。
基本的にソフテイル系に取り付け可能ですが、但し純正でリアタイヤサイズが130〜150までのモデルに限ります。デュースや06年以降のFXST/FXSTB/FLSTF、などには取り付けできません。
取り付けできない車種については、当キットのみの事で、西部機材さんのシートマウント自体の取り付け不可年式ではありません。
シートはコービン製の本皮シート
219
デラックスソロシート ブラウン(飾りのある方です)
OEM # 3181-39B
ソロ W/GRND EDG ブラウン(飾りの無いスッキリしたプレーンタイプ)
OEM # 3181-25
この2シートは、即キット化できます。
興味のある人はお問い合わせください。
但し、拘る人しかお求めにならないでください。
(キット販売のみとさせて頂きます。補修以外のバラ売りは一切致しません)