発電不良の修理 / 2009y XL883N 改 1000

出先で、トラぶってしまったXL883N 改 1000…. 2009年式。

昨年10月に国産250ccアメリカンから、ハーレーへのお乗り換えで、スポーツスターを1,000ccにボアアップして、ご成約、ご納車した車両。<過去記事 / http://www.45degree.net/blog/?p=20982
 
 
トラブルは突然….
 
 
それまで順調そのもので走っていると。見る見るうちに調子悪くなって、エンジン切って、再始動しようにも、出来ない。
 
これ、発電系のトラブルで、ほぼ、間違いない。
 
45ディグリーから50キロ程の位置でトラブってしまい、即座トランポで出動。
 
お迎えに上がりました。
 
 
今回のトラブル。電気系は、予測不可能なもので、突然降りかかってくる。
 
結論から言うと「ステーターコイルの不具合」だったのですが、それはテスターが一つあればすぐに判りまして。不具合箇所を特定し、本国取り寄せとなり。部品納期二週間で、部品が揃ってから、取り掛かる。
 
 

分解。
 

これが今回の不具合の原因だな。発電された電気が、断線したことで、送られなくなっていた事が原因。 続きを読む 発電不良の修理 / 2009y XL883N 改 1000

ショベルFXRSの納車整備… / 1983y FXRS

ショベルは多く触ってきましたが、ショベルのFXRは実は初めてで。
 
当社がUS本国から買い付け、仕入れてきた車両です。
 
アメリカからの買い付けも久しぶり過ぎな出来事ですが、
 
ショベルのFXRという車両がレア過ぎて。
 
 
 

このサービスマニュアルの美観がそれを物語る。
 
オイル汚れの手で触れてしまう頻度の少なさ。
 
ショベルFXRの納車整備です。 続きを読む ショベルFXRSの納車整備… / 1983y FXRS

完成 / ミルウォーキー ファットボーイ… カムに乗る / ケステック / 2018Y FLFBS

前記事
http://www.45degree.net/blog/?p=21638
http://www.45degree.net/blog/?p=21684


そして、ダイノルームへ… 。

この度はトップエンド狙いではない、バランス型のミルウォーキー・カム乗せ&チューニングです。


こちらが114のオールストック @ FLFBS
トルクカーブがフラットで続くのは流石ですね。


カム乗せAfter…
オールストック状態と然程変わらないように見えますが、フラットに続くトルクに表情が現れ、明らかな右肩上がりで3500回転付近にピークが動いている。馬力のカーブには然程、変化は無いが、底上げにはなっている。これがバランス型。ピークは伸び悩んでますが、乗ってみたらそのバランスの良さに納得という具合。絶対的な数字が欲しければピーク狙いのカム乗せがお勧めです。


完成っ!

しかし梅雨入りともあり、納車が捗らないのが、バイク屋さんとしての悩みですね。

Posted by M.Yasuura

ショベルをカスタム・チューニング

今回はショベルのカスタムと、チューニング。
 
実は載せきれてない記事も沢山あり…
 
少し遡ります。。。
 
 
 
 

フロント周りをリニューアルすることに。 続きを読む ショベルをカスタム・チューニング

45メカによるマニアックな記事盛り沢山