業務連絡:エボフレームの割れ

直す、直さない、修復するか、交換するか。この判断は安全が第一であります。


IMG_7182.JPG
フレームを綺麗にすると、見慣れない筋が見えた件・・・。

_DSC3618
赤丸で囲った所が問題箇所です。

_DSC3612

_DSC3616

リアサスを動かす動作をすると、ここがプカプカと動いています。

_DSC3614
熔接の上から亀裂が走る。すべて熔接の箇所から亀裂が走り、結果、割れに。熔接した所は強いですが、そのキワは弱いとされます。僕も若かりし頃、トンチンカンな質問をして「なんでも熔接で治る、治せると思うなよ、見た目だけじゃ意味ないんだ。熔接はな、難しいんだぞ。」と職人さんから言われた事がありますねぇ。

今回に限っては、あまりにリスクが高すぎる事と、自動車板金のフレーム修正経験がある従業員を呼んで検討した結果、当社では当フレームを用いての修復は行わない、とした。

フレーム交換するも、新品フレームはメーカー廃番。あったとしても700000円から〜、です。中古も、切った張ったしていない登録可能なフレームが出てきません。(まぁ、そりゃそうなんだけど・・・)

エボソフテイルのフレームの弱点でもあるここ。フレームの能力を超えて使っていた事が、直接の原因なので、多発する事ではありませんが・・・。ツインカムでは大幅に改善された箇所でもあり、メーカーも認めているように僕には見えます。

今回、この亀裂、割れ。長年、乗ってこられたエヴォソフテイルを、メンテナンス中に発見しました。

当社では今回の件を踏まえ、お客様に調子の良い、安全で安心して乗れるハーレーをお届けしていく上で割れや亀裂がないか、「販売車両」で生かされます。

FXSB ブレイクアウト テッドバー14装着&インジェクションチューニング

FXSB ブレイクアウト 完成しました✨

前記事= http://www.45degree.net/blog/?p=15545

IMG_7081 続きを読む FXSB ブレイクアウト テッドバー14装着&インジェクションチューニング

エヴォ乗りの「願い」叶えましょう✨

_DSC3508
最終エヴォ 99y FLSTSピットイン。

_DSC3509
TwintecインターナルイグニッションModel.1005へ交換、本日仕上げにて承りました。

_DSC3510
ダイナSが取り外され。

_DSC3511
複雑な動きをする機械進角装置のガバナーから
シンプルなセンサーで読み取るだけのローターに交換。

_DSC3513
組み付けが終わり

_DSC3515
通常はこの製品、オプション設定されているパソコンでの書き換えも、45ディグリーではそれを含めて行います。

ガバナーに代わって、プログラムで打ち込むので良い走りといい音が両立できます。点火を良くすると、エンジン始動も、加速も、音も、アイドリングも変わります。

_DSC3516
試運転して確認後、納車。乗った感じ如何でしたか?ありがとうございました。

45メカによるマニアックな記事盛り沢山