「ツインテック(TwinTec)」カテゴリーアーカイブ

96y FLSTS エボリンガーのチューニング(調整・仕上げ)

20121213-220034.jpg
調整にかかる前にエンジンオイル見てみると量が少なめ。
エンジン暖めて抜いてみると、見事に真っ黒なオイルが出てきました。
 
オイルフィルターをエボ用のものを取り付け、エンジンオイルを交換。
 
Youtubeへのリンクで
チューニング前の状態です。
 

 
Youtubeへのリンクで
チューニング後です。2つ動画があります。
 

 

 
 
と、音で楽しんで頂いた後は、シャーシダイナモでの測定データーです。
 
 
2739
こちらがキャブ&イグニッションのチューニング後です
 
2740
前後を比較するとこの通り。
 
前後で、馬力は3馬力ですが、それよりもトルクが常用域で平均0.8キロほどアップしたのは良い感じですね。
 
その後走ってみますと、以前よりも歯切れが良く、「ハーレーで走ってる感」も全体的に面白い所へアジャストされてはいるものの、手直しを施し完成しました。パワーは以前より増していますが、そのパワー感をどのように繋げていくか、アクセル開け始めから、パワーをグイグイ感じるまでの、「トルク感の起承結」を作ることで気持ちよさが格段に変わってきます。歯切れるサウンドを愉しむ所、ブルブルっと伝わる不等間爆発エンジンから生み出される鼓動を感じる所、後ろから前へグイグイ押しやるトルクを感じる所、それぞれ大切にしつつ、チューニング致しました。
 
オーナーさんに、くっっそ寒い中、試乗をお願いして乗ってきて貰いましたが、帰ってこられた時の笑顔が全てを物語っていましたね。(めっちゃ寒そうでした) その試乗に、後ろから付いて走って行った人も、いつもより加速が違う!と、驚かれていました。乗り味よし、性能もアップで、きっと満足して頂けるかと思います。
 
ハーレーは、やり方次第では「化ける乗り物」です。
 
ラフスロットルで歯切れるサウンドと走行感、そのあとグッと後ろから迫るシャープでキレのあるトルクを、お楽しみ下さい。
 
 
でハでハ!
 
 
 
masa
マサでした。
 

06yFXST HSRキャブ&TwinTecモジュール 交換&チューニング2


前回の記事からだいぶ日が開いてしまいました。
こちらが、このFXST専用に作成したツイテックモジュールのMAPです。
 
 

チューニング前後のロールオンテストの結果です。
純正CVキャブとの比較データーはありませんm(_ _)m
 
 

これにて完成!

06yFXST HSRキャブ&TwinTecモジュール 交換&チューニング

2006年式FXSTのキャブ交換とモジュール交換です!
 
この度のキャブレターはHSR42。
Full-Tune CV加工との比較をし、レーシーなキャブレターをチョイスされました。このキャブレターと、テケテケと三拍子を刻むアイドリングをセットで依頼頂きました。
 

純正キャブを取り外し・・・
 

キャブ差し込みのリングも大丈夫でした。
 

HSRキャブレターをカポッと取り付けで完了!とおもいきや、このキャブレターをツインカムへ取り付けるにはエンジンへの加工が必要。それをしないとキャブレターがちゃんと付かないので最悪エアクリーナーが壊れるかも・・・。
 
 

そして純正イグニッションモジュールを取り外し
 

TwinTecモジュールへ交換。
 
このTwinTecモジュールに変えたら凄い事になるとおもいきや
これ自体が凄い物では無く、調整が出来るようになるハコモノとお考え下さい。
 

こちらはTwinTecモジュール内に元々プリセットされている点火マップの中身です。
 
日常業務の一つであるインジェクションチューニングで見慣れたマップですが、TwinTecの場合、点火タイミングのマニホールドプレッシャの単位が「IN-HG」です。僕が普段見慣れている単位は「キロパスカル」の単位なので混乱しないようにIN-HGの単位でもって慎重に取り掛かります・・・。
 

チューニングにかかります。
ここで、キャブのチューニングと、点火モジュールを作りこんでいきます。
 
つづく!