「スーパーチューナー」カテゴリーアーカイブ

パワービジョンとは??

パワービジョンで行う、燃料調整(インジェクションチューニング)は、純正コンピューターを用いて、燃料調整を行う事を指します。一言で言えば「書き換え」です。
 
「純正ロムチューン」という言葉で、車の業界ではかなり用いられていますが、ネットで「純正ロムチューン」と検索すると、コンピューターの基盤上にある物を抜き変えている様子が多数出てくるはずです。
 
しかし、パワービジョンで行う場合、純正コンピューターの書き換えタイプ「フラッシュタイプ」と呼ばれ、物理的になにか変更するのではなく、コンピューター内部のデーターのみを変更し、パーツの変更などが生じません。
 
ハーレーの市場で、その代表格となるのが
「スクリーミンイーグル PROスーパーチューナー」です。
 

 
このオレンジ色のVCIと呼ばれるもので、パソコンと、純正コンピューターとを接続し、内部の書き換えを行います。
 

パワービジョンとはなにか??と言いますと、機能的には、「PROスーパーチューナーの優れた機能そのまま」です。VEなどの値や、回転数の数値変更、車種年式によって違う制御方式とったところまで、スーパーチューナーそのままです。
 
機能面では、スーパーチューナーも、パワービジョンも、双方そこまで大差はありません。データーについて、パワービジョンの既存データーは、豊富に揃っていますが、使えるものか、どうかについては、検証の結果、やや厳しいものがあります。既存データーはスーパーチューナーの方が、さすがにメーカー製とあり出来は良いです。しかし、弊社にて取り付ける場合は、この違いを理解しており、セッティング済みでお渡ししていますので、スーパーチューナーなのか、パワービジョンなのか、「書き換えるソフトの違い」なだけで、書き換える対象が「純正コンピューター」である以上、どちらを選んでも全く違いがありません。
 
また、スーパーチューナーの場合も、パワービジョンの場合も、一度車両に認識させてしまうと、他のバイクに使うことはできません。
 
 
 
パワービジョンと、スーパーチューナーの違う所とは?
 
 
1つ : 純正のデーターが残せるか、残せないか
スーパーチューナーの場合、すべてデーターの上書きとなり、元々入っていた純正データーが消えてしまいます。
 
ところが、パワービジョンの場合、初めに認識させる際、純正のデーターを、パワービジョンのタッチパネル(スーパーチューナーでいうところのVCI)に保存します。そして、新たなデーターを送りますので、純正のデーターが消えることがありません。ユーザー単位で自分のデーター管理が行え、必要があるときに、純正のデーターに戻せますので、その度にショップに出向く必要は無くなります。
 
ただし、パワービジョン本体がなんらかの理由で破損もしくは起動できない状況になると純正データーまで損なう恐れがあり、ナビのように「常時の車体への設置」は危なくてお勧めできません。必要がある時のみ、接続してデーター通信をすれば、接続していなくても動くもので、パワービジョン本体は取り外して保管する事ができます。
 
 
2つ : 簡単な設定はパソコン要らず
「別マップへ変更したい」場合など、スーパーチューナーはパソコンを用いて通信しますが、パワービジョンはパソコン要らずで、マップの入れ替え作業を行います。「レブリミット設定」や、「全体の、回転数変更」など、簡単な設定を、タッチパネル上で変更できます。セッティングに関わる大切な数値はタッチパネル上では触ることは出来ません。
 
 
最後に : セッティングサポートツールの存在(スマートチューン)
スーパーチューナーでは、スマートチューンと呼ばれ、パワービジョン内でも呼び名こそ違いますが同等の「機能」が備わり、セッティングをサポートするような形になっています。この機能はO2センサーからの情報を元に、コンピューター内に予め設定されている空燃比に対して、どのくらい補正すればよいのかを、空気量(VE)の値で補正する機能。
 
セッティングのマップ上では、スロットルポジションもしくは、MAPセンサー値×回転数というマップになっており、縦×横の2次元のマップです。通常走行している場合、この2次元マップに対して、エンジン回転数上昇と共に、スロットルを変化させ続けていますので、縦方向、横方向のみに読み込む事は珍しく、通常、斜めに読み込んでいきます。つまり空気量が断続的に変化している状況。
 
この機能を極力正確に働かせる場合、狙った領域において緩やかにその補正値を読み取れば、ようやく、まあまあ、まとまった数値が得られます。しかし、応答速度の遅い純正のO2センサーを無理に使っている機能であり、エンジン温度やセンサーがヒートしていない状況であることなども条件に加わり、それが正確であるかは条件によってまちまち。

また、この走り方を公道で行おうとすると、どうしても無理があります。
 
スロットル開度やMAPセンサー値を確認しながら走ろうとする場合、スーパーチューナーではパソコンを片手に見ながら走ることになりますが、パワービジョンの場合、タッチパネル内にてスロットル開度、エンジン温度、回転数、目標空燃比などを表示できますので、パソコンこそ要りませんが、注視して走る事から前方不注意による事故を誘発しかねません。変化が激しいMAPセンサー値は特にでしょう。どちらにしても公道上でまともに使えるような機能ではなく、あまり設備の整っていないシャーシダイナモ上での使用にとどめておくのが無難です。
 
このように、基本形はスーパーチューナーで、少し積極的に弄って遊びたい人にはパワービジョンがお勧めです。
 
価格は、スーパーチューナーがやや低めで、パワービジョンはスーパーチューナーよりはやや高めです。一度セッティングが決まってしまえば、あとはとくに触ることもなく、自分で純正に戻す事が無ければ、スーパーチューナーでも十分事足ります。
 
価格については弊社が定める、本体、セッティング、セットアップ費込みでの場合です。
 
このインジェクションの色々については、まだまだお伝えしたい事がありますので、改めてお伝えします。

セッティング完了!

2007年式 FXDL
 
パワービジョン セッティング完了です(^^♪

 

 

持ち込まれた時の状態と、現在の状態との比較データーです(シャーシダイナモ上にて計測)
 
グラフでも見てのとおり、ビフォー・アフターの変化は著しいです。
 
お客様と打ち合わせをし、アクセルの反応が良い方向にしたい・・・・・との事で、要求されたアクセレーションに対して、的確に反応するようにセッティングを施しました。純正の状態は穏やかでノビノビと平和です。大きい排気量のV-TWINエンジンをプリプリ言わせて走ろうなんてできません。それでは!ガシガシ走れるようにするか・・・!とおもいきや、それはしません。ピックアップが早すぎる(アクセルの反応が敏感)場合、走っていると、とーっても疲れてしまい、ライダーにも優しくありませんし、ガソリンの消費量もエコが叫ばれている時代には逆行しますのでお財布にも厳しいもの。
 
走る楽しさの追求と、思いやりをもって、燃料・点火・アフター調整をトータルでセッティングしました。
 
 


さて、お次はFLHXSE2(CVO)スーパーチューナーのセッティングです・・・。
 
 

まずは、スーパーチューナーを使う前に、「純正の状態」を把握するためにシャーシダイナモ上にて、診断ツールを用い各種計測をしていきましたがビックリしました・・・。このFLHXSE2はヘッダーパイプと、サイレンサーが交換され、燃料調整はしていません。
 
一言で、「とても危ない状況」です。
 
以前、インジェクションのセッティングにおいてハーレーダビッドソンのエンジンでの「ピストンが溶ける状況」や、「エンジンの危ない状況」がどこなのか、「どこが限界なのか」を知りたくて連続的に確かめた事がありました。(もちろんお客様のバイクではありませんよ。) その経験から言いますと、このFLHXSE2は早めにインジェクションのセッティングをして良かったです。
 
110キュービックエンジン搭載のCVOで、マフラーなどを交換し、以前にも増してエンジンの発熱がとても凄くて、暑くて熱くてたまらない・・と感じていましたら、要注意から警告のあたりだと考えてもらっても良いでしょう・・・。判りやすい変化でお伝えしました。日本全国で似たような仕様のCVOがゴロゴロしているのかもしれない・・・と想像すると、ゾッとします。
 
燃料調整を躊躇されている人へアドバイス。走りの為だけではなくエンジンの為にも、お考えになった方が良いですよ。
 
 

グラフではビフォー・アフターの変化はそれほどありませんが、普通に流して走っている時には体感できるでしょう(^v^)
業務連絡 S様 シャーシダイナモデーターは別にご用意しておりますのでご連絡下さい。

 

あとぅい・・・

「あとぅい」 って 「暑い」 という意味らしいですね。
 
ミクシィのつぶやきで、使っているのを見るのですが・・・
 
口に出して読んでみたら解るのだけど文字になると判らない(*´д`*)
 
どーいう意味なのか、わざわざググりました(´<_ ` )   あとは、 ネ申 という文字も解りませんでした!  「ね・しん」 ってどういう意味なのか、書いた本人に聞きました。 書いた本人も、ねしんって???てな感じでしたがすぐに気づいてくれて あれは「カミ =神」を強調する時に使うんよ!   だそうです。 少しだけ 「現代のネット社会に追いつけた」気分です!   ほんま、あとぅいっす。。 あとぅい あとぅい あとぅい・・・・やっぱエアコンは ネ申 だ・・・よし 覚えたぞ。     はい、45ブログの時間です。    
まずは昨日掲載しました94年式のエヴォ ファットボーイはご成約となりました! m(_ _)m
 
 
そして!
 
 

お預かりしています2007年式FXDLのECMをパワービジョン化。
点火・VEマップなどのセッティング(インジェクションの調整)をどんどん進めています。
 
エンジンの冷却をするためにファンをガンガン回すのですが、締め切った部屋で回しますのでその熱風で部屋をどんどん加熱していきます・・・。例えてみれば「最大熱風で暴れ狂う業務用ストーブを真夏に股ぐらで抱えているようなもの」です(+。+) バイクに良くないので適度に冷却時間を設けてはいますが、それにしても、この時期は命懸けです。
 
今年は今までの経験を生かして「セッティングの効率化」をしましたお影で、クラクラにならずに済んでいます(*´∀`*)
 
 

そして、次々とインジェクションのセッティングを控えています!
2011年式のFLHXSE用ヘッダーパイプを加工。元々使っている走行用のO2センサーは2010年式より小さくなり、「計測用のO2センサー」とはサイズが変わり、使えない為、計測用のO2センサーを取り付ける為の加工をしています。(走行用のワイドバンドO2センサーとは違うよ)こちらはスーパーチューナーを使います。
 
 

ヘッダーパイプへのO2ボス溶接も済み、明日からセッティングに取り掛かります。
 
 

業務連絡 ・・・・ N様。サンダーマックスも用意できましたので、こちらは順次取り掛かります。
 
 

FXDCは7月のツーリングに向け、準備するためにぼちぼちと整備に取り掛かりました。
 
くたびれたミシュラン・コマンダーから、メッツラーME880 マラソンにチェンジ。
とりあえずタイヤ交換から〜のベアリングもついでにグリースアップ〜の 進めています。
 
 
さ〜 明日もがんばろう!
 
ドクマサ

異色の組み合わせ・・・に見えるかな?

6月16日は「無重力の日」なんだってね。ラジオでガンガンやっていました。 
 
「6=ム」 はわかるけど 
「16=ジュウロク」 を ジュウリョク と読むとは・・・ね(;´Д`)
 
 
電話番号でもよく見かけますね〜この手の感じは。
 
  
焼肉屋にありがちな番号 ・・・
000−1129(イイニク) 
000−2911(ニクイイ)
 
アメリカに行った時に、これでとても困った事を思い出しました。
 
かけたい電話番号が、アルファベットで書いてあるのです。マックツールの本国版カタログを見ても、USのTEL番は「***-MACTOOL」・・ と書いてあります。アメリカはとにかくこの手の電話番号表示が多いのですが、勉強不足なワタシメは、電話ができませんでした・・。
 
アルファベットに数字の意味があると、後で聞きました。
 
・・・・解りずらいわーーッ!!(`・ω・´)
 
次は電話できるぜぃ!(・∀・)
言葉が通じるかはしらんがな・・・(´<_ ` )     今日は一日、雨でした☂。 じっくり時間をかけて、セッティングをやっていました!     
 
タイトル通り異色の組み合わせ・・かな?ですが、何が異色なのでしょう??
まずは、こちら2010年式のFXD ダイナスーパーグライド(ブリリアントシルバーパール)です。
 
まずは、左側を見てもらうと「プロ スーパーチューナー」がありますが、右を見るとエアクリーナーカバーが取り外され、スロットルブレードが見えている部品がありますが、こちらはS&S製のシングルボアーEFIスロットルボディです。
 

S&SのスロットルボディはFXD標準装備の純正スロットルボディ径より口径が大きく、インジェクターも専用。従い容量も変わっているという事です。
 
 
よく有りがちな組み合わせは、同じ会社の製品ですべて固めてしまう方法ですね。スクリーミンのエンジンキットを組んだから、スクリーミンのスロットルボディでスーパーチューナーで・・・といった感じ。そういう組み合わせで考える人が見ると「異色な組み合わせ」に見えるかな?と思いまして。
 
S&Sのスロットルボディがついていて、スーパーチューナーでセッティング出来るの・・・・?
 
もちろん出来ます。
 
ただ、既存データーには存在しませんし、すべてが変更箇所、要素はすべて絡んでいます。よって、簡単ではありません。
 
これこそチューニングであり、当たり前のセッティングです。
 
 
 
さてさて。
このFXDのエンジン。普通ではありません。
 
とりあえず排気量は1690ccにスープアップされ・・。
見た目は純正を保ちつつ、チューニングエンジンに仕立て、純正マフラーを用いてのセットアップ。
 
このオイルクーラーも、保険の為ではなく
本当に必要だから取り付けているのです。
 

 
 
さー ささーっ と 駆け足で 進めます。
 
 

スーパーチューナーを用いて セッティング後のパワーチェック。馬力は77馬力ですがトルクは13.6キロです。
 
 
これを、110キュービックエンジン搭載の、CVOモデルのデーターと、オーバーラップさせてみましょう。
 
 

青いグラフが110キュービックCVOです。排気量の差と、他のセットアップ状況の違いで馬力は負けています。しかし、最大トルク値では1690ccの方が上回っています。CVOのトルク立ち上がりが遅いのは電子スロットル化されECM(コンピューター)にスロットルブレードの開き方をコントロールされ、いきなりの100%スロットル全開にはならない為です。
 
このグラフからみて分かることは排気量が低くてもトルクが出る事が解ります。
 
明日は、このFXDの試運転が出来たらいいなあ・・・!
 
 

ワタシメがセッティングしている間、Buellの磨きを頑張ってくれてました(^O^)!

頂いているメールの案件確認しております!順次回答していきます。お待たせしまして申し訳ありませんm(_ _)m

XL1200Nのスーパーチューナーセッティング


2010年式のXL1200Nです。スーパーチューナーをインストールされた状態で、セッティングのご依頼を頂きまして、お持ち込み頂きました。最近のスポーツスターはECM搭載位置がシート下から移動し、サブコンなどの取り付けがとても難しい位置に変更されましたので、スーパーチューナーは正しい選択です(^^)
 
 
まずは「診断」をしてみましょう。
診断とは、どのような事をするのかを載せてみます。
 
まずは、スーパーチューナーを用いてインストールされたデーターは、ロムにあるXL1200用のデフォルトデーターをインストールしたのみと伺っています。スペックは、12ミリのパンチアウト、独立菅にするためのプラグが装着された状態です。当スペックでのデーターは考慮されていないでしょうが、さて結果のほどは☟をチェック。
 
 
 
 

アイドリング状態で、前後目標A/F14.6に対して、実働はバラツキが大きくあります。
 

パワーチェックでの計測データーです。最高出力55馬力 最高トルク8.6kgですが、それ以外にも注目すべきは目標A/F12.5に対し、実際に動いている状態では、目標A/Fから大きく外れ、乱れている上に、A/F10以下にもなる超RICHEST(超濃い)状態です。ガソリンを余計に送りすぎている状態だったということです。
 

シャーシダイナモ上でのセッティング完了後、パワーチェックしました結果は、59.34馬力  9.28トルク それぞれ最高値です。4馬力アップに、0.7kgのトルクアップです。とてもわかりやすい最高値は置いておいて、フルスロットルにしていない、常用回転域での変化の方が沢山あるでしょう(・∀・) 感触を楽しんで下さい。
 
詰めの甘さを取り除き、ご納車の運びとなりますので、あと少しお時間くださいm(_ _)m