45DEGREE > 45Degree 27R ナチュラルブレーキパッド

27R ナチュラルブレーキパッド

純正以外、社外品ブレーキパッドへ交換。

多くは"効き"を求めての交換、即ちハイパフォーマンス系。

それ以外になると純正パッド、もしくは安価な社外パッドという選択肢でした。つまり純正の(メタル)パッドか、社外メタルパッドか、安価なオーガニックパッドか、という事です。

現代の社会事情を踏まえ、マフラー音規制然り、ブレーキに求められる要素も、静かな制動でありながら、純正を上回る製品であるべきと考え、多くのニーズにお答えできる商品があっても良いのではないか?と、進めてきたプロジェクト。

また、アフターマーケットにおいて、本当の意味での、ハーレー専用ブレーキパッドは少ないのが現状で、それは一つの具材で多くの車種を賄ってしまうからです。細かな所まで配慮が行き届いていない事で発生する「ブレーキ鳴き」や、「コントロールのし難さ」。特に「ブレーキダストの多さ」は今までの悩みの種でした。

それらの3大不満要素を解消するには、オリジナルで作るしかない。

まずは純正ブレーキパッドの解析から・・・様々なテストを経過し、そして今日。峠からロングツーリングまでこなせるハーレー用ストリートブレーキパッドが誕生いたしました。

"静かな制動・ブレーキ鳴き無し"

"ブレーキダストが少なく、汚れを落とし易い"

"コントロールし易く・初期タッチから滑らかな制動"

"ローターアタックも少なく"

"ブレーキ奥に行けば確実に制動を発揮する"

 


コントロールのし易さ

27Rナチュラルブレーキパッドは、コントロール重視に仕上げた、45Degreeがおくる 新しいブレーキパッドです。

一般的にブレーキは「効き」を多く問われますが、ブレーキの"効き"は、実はそれほど重要ではなく、「ブレーキをどう効かせるか」が、実際のところは重要だと考えます。

走るバイクを止めるも走るも「タイヤのグリップ力」であり、急激に効くブレーキであればタイヤがスリップしてしまいます。あくまで、タイヤの限界内、範囲での性能であり、その範囲内でライダーが意図したブレーキ操作に対してレスポンスがあれば、ライダーにとっての安心感に繋がります。即ちそれが「コントロール」です。

ブレーキ・ディスクブレーキに求められる要素で大切なのはコントロールのし易さ。コントロール重視でなければなりません。それを引っくり返して言えば、ハーレーの車重を考慮したブレーキ性能が求められるというところに行き着きました。ブレーキレバーを、握れば、踏めば、ライダーの求める効きが得られるよう、曲線に比例してμが発生する。純正のブレーキパッドが、弱・中・強の3段階スイッチだとすれば、これが無段階調整スイッチになるほどコントロールしやすい性能。

「27R ナチュラルブレーキパッド」ではフルアジャスタブルスイッチのようなコントロールのし易さに、純正パッドではある一定を超えると制動感が一定になってしまいますが、「27R ナチュラルブレーキパッド」ではブレーキ奥での踏ん張る制動感を実現しています。

ブレーキ鳴きの殆どでない静かな制動

最新の"44082-00C”型、純正ブレーキパッドでは、相当ブレーキが鳴きまくっています。マフラーの音は規制されるのに、ブレーキの騒音規制が無いのはオカシイでしょう!・・・というのは冗談で、マフラー音が静かになればブレーキの騒音はより一層際立ち、ライダーにとって、不快な騒音以外のなにものでもありません。

ブレーキ鳴きにも様々あり、パッドの角・面取り不良が原因による鳴きなどは別問題で、パッドの具材からくる"鳴き"は、根本的にパッドの具材そのものの内容を変えるしかありません。

「27R ナチュラルブレーキパッド」に取り組むにあたり、最も重要視した箇所かもしれません。わずかな面取りのみで、通常の使用において、パッドの具材からくる鳴きは殆どありません。走行中に聞こえるジャリ・ジャリ シャッ・シャッという音の多くはブレーキディスクとブレーキパッドが微妙に擦れて聞こえる音ですが、「27R ナチュラルブレーキパッド」にするとこの音が気にならないほど静かになるのも隠れた特徴です。

ブレーキダストが少なくクリーン

チョット100km走っただけでホイールが真っ黒。毎回掃除で、これでは嫌になってしまいますね。「27R ナチュラルブレーキパッド」は、全くダストが出ないわけではありませんが、そのブレーキダストがとてもサラッとして、水で洗い流すだけで落ちてしまうほどのものです。毎度の掃除の手間がこれでかなり省けることマチガイナシです。

ブレーキの馴染み

走行シーンや使用用途によっては異なりますが、街乗りにおいて、フロントブレーキの馴染みは20km少々で本来の性能の50%~70%まで上がります。リアは峠など、コントロール性を求めるシーンにおいては早々に馴染みます。100%の性能を発揮するまでは200km前後様子をみてください。ブレーキディスクを同時交換した場合はこの限りではなく特に注意が必要です。

ローターアタックの少ない性能

ローターアタックとは、パッドがディスクを削ってしまうことです。当然、摩擦さすことで制動を発揮するので磨耗はするのですが、純正のブレーキパッドでもメタルになった今日、3~4万キロも走ればディクスの交換時期が来てしまう事もあります。交換工賃やパーツ代を考慮すると出費も半端ではありません。「27R ナチュラルブレーキパッド」はローターアタックを極力抑え、パッドと削れて出来る波打つディスク磨耗を回避しています。パッドのライフも大変重要な要素で、性能は良いが減りがあまりに早いパッドではユーザーの経済的負担になってしまいます。実走行においての検証で、ツーリング等の一般走行レベルでのロングライフ性能も兼ね備えたブレーキパッドです。

警告:当商品はブレーキ部品で重要保安部品です。ブレーキパッド交換は車両本体メーカー発刊のサービスマニュアルによる確かな知識・技術を有するメカニックによって確実に取り付けが行われる事を前提としております。

04年以降XLモデルの『フロント専用パッド』では、取り付ける際に注意点があります。(詳細はこちらから)

ラインナップ

27R ナチュラルブレーキパッド REP#44082-00 / #NBP001

 1Set ¥ 5,880- (フロント・リア共通)

【適用】 00~07年の FXD FXST FLST FLHT FLTR などALLモデル/02~05年までのVRSCモデル/00年~03年までのXLモデルの前後
(但し.FXSTS・FLSTSのフロントキャリパー、2006年以降のFXST・FXSTBなどのリアタイヤ200サイズのリアキャリパーへは使用不可)

04年以降XLモデル・フロント #NBP002

 1Set ¥ 5,880- (フロント専用)

【適用】 2004年式以降XLモデル・純正フロントキャリパー専用
補足:フロントがダブルディスク仕様のXL883RやXL1200Rは2セット必要です

04年以降XLモデル・リア #NBP003

 1Set ¥ 5,880- (リア専用)

【適用】 2004年式以降XLモデル・純正リアキャリパー専用

当商品はブレーキ部品で重要保安部品です。ブレーキパッド交換は車両本体メーカー発刊のサービスマニュアルによる確かな知識・技術を有するメカニックによって確実に取り付けが行われる事を前提としております。

➡オンラインショップで購入する

お問い合わせ先

45ディグリー広島
営業時間:9:00~18:00 (Closed/木曜日)
お電話:082-844-7845
FAX:082-844-7805
Eメール:hdrider@fureai-ch.ne.jp