HOME >チューニング >エンジン > XL SportSter "XL1000" MAHLE PISTON

XL SportSter  "XL1000"  MAHLE PISTON Power Pak

883のボアアップに新たな選択肢を。

1000ccに興味関心をお寄せいただき誠にありがとうございます。
おかげさまで1000ccというものが浸透し、1000cc化されたお客様からは好評価をいただいております。
そこで、なぜ1000ccなのか、どこがいいの?1200とどう違うの?と疑問が湧く方もいらっしゃると思います。
すでに1200等のボアアップ方法がある中で、45ディグリーが長年の経験とノウハウを活かしデザインし、販売するピストンキット、1000ccについて、解説したいと思います。

1200㏄と比較した1000㏄化のメリットとは?

1000cc化はピストン交換以外、変更パーツがない

883に少し物足りなさを感じ、ボアアップを検討する方は少なくありません。
最もメジャーな方法は1200㏄化や1250㏄化ですが、それらは883エンジンには持て余す程の出力に化けてしまい、全体のバランスを整えるにはピストン以外のエンジン部品を交換しなければ増加した排気量を活かしきることはまず不可能です。

元々1200と883とでは外観は同じものの、エンジンの仕様は別物なのです。

エンジンについて回る永遠のテーマは、ユーザーにとっての、頭が痛い悩みでした。
「ピストンを換えるから、ヘッドもアレもこれもやらなきゃ本領が発揮できません」
エンジンについて専門的な知識のないユーザーからしてみれば、まるで底なし沼のようなエピソード。これにハマると更に数十万単位の出費を覚悟して頂く事になるでしょう。 ところが、この1000ccピストンは、増加した排気量をバランスよく活かすので、 ヘッドやカムの交換は一切不要、ピストン交換と純正シリンダーの加工だけでOKです。

883の良さを活かし、さらに楽しい乗り心地へ。

883を選ぶのには理由があります。
それは走り心地、乗り心地、手の内で収まるパワー感ではありませんか?
883の楽しい感触を残しつつのスープアップ、883というベースを上手に生かすことができれば、883ユーザーにとってこれ以上の楽しみはありません。

45ディグリーが提唱する1000cc化は「883の素材を活かした」エンジンカスタム。「883の良さ」を肯定的に考えた思想から1000ccピストンの設計ベースがあります。

ピストン交換と純正シリンダーの加工だけで最高のパフォーマンスが得られるようにデザインされた1000㏄ピストンでは、883のもつ素材をそのまま使える上に、そのポテンシャルを最大限に活かしきる事ができ、より一層楽しめることと思います。

これが1000㏄という選択肢です。

 

ピストンはMAHLE社製

F1レース、ポルシェ更にフェラーリ・BMW/MINI…ハーレーではCVOに搭載されているSE-110ciエンジンの標準ピストンとして採用されているMAHLE、高級スポーツカーに採用されているメーカーです。
45ディグリーの1000cc鍛造ピストンもMAHLE社にスペシャルオーダーし。
街乗りから、ツーリングまで一般用途を視野に入れつつ、サーキット走行会での使用にも充分応える懐の深さを持つ、厳選された素材での販売を実現いたしました。

883×1000×1200…比較実験!

当社ではシャーシダイナモを用いて、
①883㏄×1000ccと②1000cc化×1200㏄化の違いがわかるパワーグラフを作成し、比較検証を行いました。

どのような結果になったか、参考までにご覧ください。

検証① 「883cc」と「1000cc」

883エンジンで出した精一杯のデータと、1000ccピストンを普通に組み立てた状態でのダイノグラフを以下に示す。
データは マフラーとエアクリーナーがそれぞれ共通。
モデルは2009年のXL883を用いてインジェクションチューニング済み。
排気量が、883か、1000か、という具合で「エンジン仕様のみ異なるデータ」とオーバーラップさせたものです。
これは、かなり参考になるかと思います。

(赤)1000ccピストン 最大馬力 61.81PS 最大トルク 61.30ft-lbs
(青)XL883 純正エンジン 最大馬力 50.22PS 最大トルク 47.85ft-lbs

検証①結果

トルク値(ft-lbs)をご覧下さい。ここで目安となるのが、一般的にハーレーでは1キュービックインチあたりが1馬力になれば、そのエンジンや周りのセットアップはかなり良いものだ、という目安があります。

 1000cc仕様はキュービックインチに置き換えたときのEngine Displacement値が61キュービックインチとなります。すると、どうでしょう。1000ccの場合、馬力・トルクともにこのような結果でしたね。

<1000ccピストン 最大馬力 61.81PS 最大トルク 61.30ft-lbs>

 それぞ61と、ピッタリ。とてもバランスの良い仕様です。

 そして、883・1000のパワーカーブが面白いくらいに非常によく似ていることから「883のエンジン特性をそのまま底上げした内容が1000㏄」というのが見て取れるダイノグラフと言えます。

検証②「883改1200cc×1000cc」

 

(赤)1000ccピストン 最大馬力 61.81PS 最大トルク 61.30ft-lbs
(青)883用 1200cc 最大馬力59.58PS 最大トルク 68.04ft-lbs

検証②結果

ここで見えてくるのが、883仕様を1200cc化した場合、先に触れたシリンダーヘッドの事もあり、トルク値に対して、馬力が思ったほど出ていない事で、極端なトルク寄りの特性になってしまいます。低速では、驚くほどの前進力を持ちつつも、エンジンを回していくと、思ったほどに伸びない・・・883の頃のようなFunな走りではなくなってしまい、加速感が薄らいでしまうのでエンジンを回して走りたいユーザーには物足りなさを感じてしまうでしょう。

 883エンジンは、元々、馬力とトルクのバランスが整っているエンジンだけに、これはちょっと惜しい。このことは以前からわかっていましたので、事細かにご説明し、これまでに至ります。

 加えて、ボアアップした1200cc仕様よりも、1000ccの方が馬力が優っている事にお気づきでしょうか?

 1000cc仕様は、標準の883よりも、馬力とトルクのバランスが更に整っている という事で、程よいトルクアップに、Funな走りを、より一層楽しめる内容です。

1000㏄化で883と1200のいいとこ取りな走り!

883と1200の中間排気量の1000㏄は、低い回転で883の様にトコトコとのんびり走ることも得意。
スムーズに加速し、ピークパワーにはしっかりとしたパンチがあり、厚みのあるトルクと加速で気持ち良く高回転まで吹け上がる。
883の乗りやすさはそのままで、1200のパンチ感を併せ持ちスロットル加減でエンジンチューンを体感できる。
高回転に回せば回すほど振動が少くなるのも1000ccのバランスの良い証。
気になる燃費も1200cc/1250ccよりも大幅に低燃費を実現しました。(平均22km/ℓ)

ピストン購入はこちら


 

XL1000車両作成販売いたします!

ご予算に応じてあなただけの1000ccのスポーツスターをお作り致します!
お気軽にご相談ください。

※ボアアップ後は改造申請し公認を取得しないと公道走行は不可です。

製品購入(オンラインショップ)

>>1000ccピストンキット

>>1000cc専用 ガスケットキット

お問い合わせ先

45ディグリー広島
営業時間:9:00~18:00 (Closed/木曜日)
お電話:082-844-7845
FAX:082-844-7805
Eメール:hdrider@fureai-ch.ne.jp