おろしたてのCVO、カムに乗る… / 2018y FLTRXSE 117ci


おろしたてのCVOを早速…. ご入庫頂きました。

いきなりですが、ミルウォーキー8には物足りなさを感じていました。
 
 
 

 
 
 

まずは、新製品の27Rブレーキパッドに。「効きもバッチリになった!」と後日コメント頂きました。

赤いブレーキパッドがチラリズム。

チューニングヒューズも採用

 

次次はカムを…✨

 

ミルウォーキーは、ワンカムです。


….117で、このカムは日本初!??って聞きました。
 
 

そして、ダイノルームへ。
 
 

2018年モデル…2017年モデルも含めたソフトウェアレベル823 / 824は、チューニングする側としては結構な曲者である。

シャシダイ入れ替えて、最新のWinPep8にして良かった。

2018年モデルの新型ソフテイルに試乗させて頂いたときに感じた、やけに加速するな…加速が良いな…の印象があったが、このFLTRXSEをシャシダイに接続し、データ解析して納得。
 
実はスロットルの操作に対して、驚くほどズゴーっと勝手に開けていたのが理由。
 
この極端な非線形スロットルに設定されたECMに対して、追従し、解析できる設備を有した上で、チューニングする用意が必要となる。だから最新のWinPep8にして良かった〜と。
 

117でもミルウォーキーのストックエンジンは、まるでディーゼルエンジンのような出力特性…..極端な低回転寄り。
 

そこを「カム」をやる事で、やっとガソリンエンジン特有の出力特性に!
 
これはミルウォーキー8全般に言えること。
 
ミルウォーキーでカムは、チューニング と一緒にがオススメです!もちろん分けてそれぞれを体感するってのも、ありですけどね〜。
 
ミルウォーキーは、カムをやると「ハーレー」に化けます。

Posted by M.Yasuura