「BBT ブラックボックス・チューニング」カテゴリーアーカイブ

納めました / XL883L 改 1000


本日、納めました。
汗ばむ陽気。めちゃ暑いくらいの晴天でよかったです!
 
ボアアップして1000ccになった元代車のスポーツスター 。
 
オールラウンダーなこの子は代車で貸し出して現CVO乗りから現883&1200スポーツスター 乗りまで多くのお客様に「スポーツスター って良いね」と唸らせました。存分に、お楽しみください! 続きを読む 納めました / XL883L 改 1000

ジキル&ハイドをブレイクアウトに / 2017MY FXSB


ジキル&ハイド 箱を開けると、こんな感じに詰まってます
 
 
 
普通のエギゾーストはマフラーだけですが、電子制御式なので他にも付属品色々。 続きを読む ジキル&ハイドをブレイクアウトに / 2017MY FXSB

嫁ぐことになりました / 2009MY XL883L 改 1000


レンタルバイク 兼 代車で活躍していたインジェクションの方の1000cc スポーツスター が嫁ぐことに。

1000ccのスポーツスター が欲しいとのことで、お客様から御用命を頂き、こちらをご案内しました。

パインバレーさんで試乗車としても、活用して頂いておりました。
 
これから納車整備です 車検2年付きにしてご納車します。
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura

2021年モデルのブレイクアウトに試乗 / 2021MY FXBRS

2021年モデルのブレイクアウトを入庫頂きました 
 

ソフテイルの場合、サイレンサー側に追加されたO2センサーが2021年モデルの特徴。ソフテイルには合計4つ備わる。
 
サイレンサー側のセンサーはエキパイ側にあるものと微妙に異なる形状で、「新たに工具が要るな」と確認。
 
アメリカ本国仕様は、サイレンサー側のO2センサーは標準で装備されてないことを確認済み。
本国から取り寄せたサイレンサーをつけようとしたら、このセンサーの取り付け穴がない、という具合です。
 
 

この度サイドナンバーにした為、試乗がてら21年モデルの具合を確かめるも
 
チューニングも何もしない人なら、21年モデルを選ぶ方がいい仕上がりになっていた。
 
ただ、ちょっと気になる点もあり、一つ気になったのは、21年モデル、アイドリングの設定回転数に対して、軸がやたら定まらない事。多分Idle Spark GainとかMaxの値が大きいんだろう。死にそうなエンジンをどうにか動かそうとする処方かなーと思う。音が静かなうちは気にもならないだろうけど、サウンドアップ系のエギゾーストを取り付けたら絶対気になる具合。
 
あっ
まだお知らせしておりませんでした
 
2021年モデル、静かに「チューニング可能な車両」となっておりますー
 
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura

FP3から他のチューニングデバイスへ / カム乗せ&チューニング / 2020MY FLHTCUTG


ん、↑平行品のFP3ですね

カムとチューニングの案件で、2020MY FLHTCUTGご入庫頂きました。
 
営業側から、FP3でデータチューニングされてますと聞き。
 
最近調子が悪かったとも。
 
事前にチェックしておこっかなとダイノに載せたところ
 
おやっ?汗
 
見つけました。
 
 

前後のクローズドスロットルスパークテーブルの値、どうなっとる???? 続きを読む FP3から他のチューニングデバイスへ / カム乗せ&チューニング / 2020MY FLHTCUTG