「カム乗せ / ミルウォーキー」カテゴリーアーカイブ

FP3から他のチューニングデバイスへ / カム乗せ&チューニング / 2020MY FLHTCUTG


ん、↑平行品のFP3ですね

カムとチューニングの案件で、2020MY FLHTCUTGご入庫頂きました。
 
営業側から、FP3でデータチューニングされてますと聞き。
 
最近調子が悪かったとも。
 
事前にチェックしておこっかなとダイノに載せたところ
 
おやっ?汗
 
見つけました。
 
 

前後のクローズドスロットルスパークテーブルの値、どうなっとる???? 続きを読む FP3から他のチューニングデバイスへ / カム乗せ&チューニング / 2020MY FLHTCUTG

マニホールドの交換につきまして。


こちらのマニホールドに交換する場合、チューニング済み車両においては、再チューニング推奨であると認識ください。
 
チューニングを推奨しているということは、確実に変化がある商品!ということです。

要チューニングの根拠は、空気の充填効率の数値が最大でも10%ほど変わる為です。
 
最大でも10%もの充填効率の数値が変わるって、美味しい事。
 
これはカムを変えてる車両であれば、より顕著です。
 
些細な事とお考えなら、それまで。
 
弊社としては経験と数値を元に要チューニングとご案内致します!
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

トライクの117を仕立て直す! / 2020y FLHTCUTG SE


他店様にて、既にカムも、チューニングも済ませた状態だけど、燃費悪く、思ったような走り心地にはなってないとのことで、チューニングでご相談頂きました。
 
 

弊社、トライク搭載可能なシャシダイナモ(トライク ダイノ)を所有しております。
 
トライク車両に対してのデータは、トライク ダイノで集める事ができます!
 
以前はカムを変え、トライク車両なので自走チューニングされていました。
 
そのため、トライクダイノを用いて、再度チューニングを施せばいいようになるのではないか…?
 
と、当初、お客様は、そう、お考えになっていたのではないか? と、想像します。 続きを読む トライクの117を仕立て直す! / 2020y FLHTCUTG SE

ボアアップ後の再チューニング / 2017y FLTRU


先の記事のメインジェットのページが出来ております
https://fortyfive-degree.ocnk.net/product/500
 
 

この度は、ミルウォーキー107を、S&Sのボアアップキットを用いて124キュービックインチへ排気量を拡大したFLTRU
 
ボアアップ後、一定距離を走行し、初期慣らしを済ませた上でチューニングを施し、それからご納車しておりますが(当然の事ながら…)
 
弊社が定める「一定距離以上ご走行頂いたら、再度診せて下さい」と申し出ておりました。
 
※弊社にてボアアップしたお客様だけの、アフターサービス です
 
 
 
この「一定距離」を超えて、再度確認しチューニングをやり直すと、以降はさほど狂いを生じないことが判っています。
 
一定距離以上走行での、チューニングの確認そのものは、お代は頂かずに行っております。
 
その代わりと言ってはナンですが、エンジンオイルの交換を行って下さい。
 
「一定距離以上ご走行頂いたら、再度診せて下さい」という距離は、エンジンオイルの交換推奨距離でもあるから。
  
 
昨年の夏頃から実施しているお知らせですので、俺んはやってないゾ、というお客様はお申し出下さい。(要予約)
 
 
その際は、必ず、ガソリン満タンで。ハイオクガソリンで。お願いします。
 
 

https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

純正エキパイで低速トルクを上げよう! / 2018y FLTRXSE

純正エキパイ(ヘッダーパイプ)で「低速トルクを上げよう!」

 
お客様からご相談承り、それなら純正に戻しましょう….なかなか受け止め難い「純正戻し」
 
ツアラー2009年以降において、「太くて低い音」が良いのならば。純正エキパイが良い。わざわざ変えなくても良い。
 
 
なぜか、なぜか。「独立管が正義」という風潮あるけど、私はそうは思わない。なぜなら、結果が伴ってるから。
 
 

純正エキパイ有能

 

元々の純正エキパイ(ヘッダーパイプ)に戻しましたが、共に従来より結果は良好!
 
ミルウォーキーなら、よ〜り、というか、かな〜り、体感できますよ。
 
みんな求めてる、低速トルク太く、排気音も低音で太いは、「純正エキパイ」で実現致します。
 
 

ダイノグラフですが、ピークのトルクも馬力も同じなのに低速のトルクだけ凹みなく、思いっきり上がってるでしょう。 これだけ違うと、体感は容易ですよ。
 
 

実際のお客様から頂いたメッセージの一部。モザイク部は自粛部。でしょう〜純正に戻して再チューニングして、正解だったでしょう〜!
 
 

走りに出ても、容易に体感できました。気持ち良かったです。ミルウォーキーのツアラー純正エキパイは やはりやはり、有能やなぁ。
 
 

 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

☟お問い合わせはこちらから。