「カム乗せ / ミルウォーキー」カテゴリーアーカイブ

純正エキパイで低速トルクを上げよう! / 2018y FLTRXSE

純正エキパイ(ヘッダーパイプ)で「低速トルクを上げよう!」

 
お客様からご相談承り、それなら純正に戻しましょう….なかなか受け止め難い「純正戻し」
 
ツアラー2009年以降において、「太くて低い音」が良いのならば。純正エキパイが良い。わざわざ変えなくても良い。
 
 
なぜか、なぜか。「独立管が正義」という風潮あるけど、私はそうは思わない。なぜなら、結果が伴ってるから。
 
 

純正エキパイ有能

 

元々の純正エキパイ(ヘッダーパイプ)に戻しましたが、共に従来より結果は良好!
 
ミルウォーキーなら、よ〜り、というか、かな〜り、体感できますよ。
 
みんな求めてる、低速トルク太く、排気音も低音で太いは、「純正エキパイ」で実現致します。
 
 

ダイノグラフですが、ピークのトルクも馬力も同じなのに低速のトルクだけ凹みなく、思いっきり上がってるでしょう。 これだけ違うと、体感は容易ですよ。
 
 

実際のお客様から頂いたメッセージの一部。モザイク部は自粛部。でしょう〜純正に戻して再チューニングして、正解だったでしょう〜!
 
 

走りに出ても、容易に体感できました。気持ち良かったです。ミルウォーキーのツアラー純正エキパイは やはりやはり、有能やなぁ。
 
 

 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

☟お問い合わせはこちらから。
 

オイル漏れが続いたプッシュロッドカバー …

昨今、カム乗せで用いているプッシュロッドカバーですが、2020年3月頃に組み付けた車両において、製品不良によりオイル漏れが生じているのが確認されております。こちらの車両は2015年のFLHXSEですが。
 
オイル漏れに気づいたその時は下部に溜まってる状態での発見ですが、実は違い、それよりも上。
 
 

実は、ここからなんですね。
 
 

プッシュロッドカバーを構成する部品で、中央にあるO-リングが接触する箇所に僅かに凹みがあり、そこから漏れ出ています。たちが悪いことに、わずか過ぎるので50km〜400kmほど走らないと出てこないのが現状把握している状況です。
 
これまで現象として起こってなかったことなので、生産ロッドでの個体差と考えます。
 
この症状を確認してからの後は、プッシュロッドカバーを念入りに確認致しております。
 
オイルが漏れてしまったのが確認されましたら、恐れ入りますがお知らせください。
 
著しい漏れではなく、走行には差し支えありません。
 
何はともあれ、オイル漏れてしまった系のトラブルは、一度ご相談ください。
 

 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

☟お問い合わせはこちらから。
 

パインバレー ジャパン スペックカム で117を乗せる / 2018y FLTRXSE


117をカム乗せ。 
 
パインバレーさんで販売されているオリジナルカム・ジャパンスペック。
 
 

こちらは優秀な値。中心点を見極めた。 続きを読む パインバレー ジャパン スペックカム で117を乗せる / 2018y FLTRXSE

フリーウィーラーのカムとチューニング / 2017y FLRT


いろいろ、取り掛かり前にチェック。すると、スロットル開度が1%… むむ。おかしい。ME107の吊るしでこの回転数とMAP値だと4%前後が普通。
 
 

やっぱ。ここか。
 
 

ここから、盛大に2次エア吸い込んでて、その処方がオートマチックにスロットル開度を閉じる制御でした。 
 
 

ここから2次エア吸わないようにすると、自動的にこの数値。見慣れた数値。よしよし…!!! 続きを読む フリーウィーラーのカムとチューニング / 2017y FLRT

カム乗せ & チューニング / 2019y FLTRXS114


2019y FLTRXS のカム乗せ、チューニング。
 
 

カムサポートプレートを、ウリャっと抜くと、おやおや。 2019年だったよな…? あっ。 フレームのラベルを見ると2018年の7月製作車両。そういう事か。
 
 
続きを読む カム乗せ & チューニング / 2019y FLTRXS114