「エンジンマネージメント」カテゴリーアーカイブ

95y FLHR (アッセンブリー開始/1)

569
まずはエンジンから・・・。
(Sさん遅くなりました。ごめんなさい)
いきなりワタクシ個人的な感覚から入りまぁす(失礼。)
このロードキングは95年式です。古いから大丈夫?などと時々言われておりますが、とても新しい感覚なワタシメです。「エヴォ=バリバリの(死語?) 現役のハーレー」と感じているのですが、
(昔はショベルとかアイアンスポーツとかバシバシ乗ってたのがあるかもしれんが・・・笑)
・・・・といえども、95年式で もう13年選手です。エヴォはいいとして、TCでも避けては通れない「寿命付きのパーツ」が、このロードキングにも沢山取り付けられています。
それは、シール類や電気部品であったりしますが、特にシール類は「使っていなくても10年で交換」といわれ、ガスケット類は至る所硬化し、電気的なトラブルを抱えているエヴォもあれば、合併症になっているエヴォもいます。「中古のエヴォを安く買って修理費が高くつく」のはこのあたりもあるカモですね。
だから、はじめにキチッとやる必要がある、と考えています。
ミッション関係など、機械的な構造は、エヴォからかなり良くなってるのですよ。

568
腰下O/H。

565
スモールエンドブッシュ交換

566
ヘッドシートカット&コニカルバルブスプリング

567
ロッカーアームシャフトもロッカーアームも痛んでますねぇ。
鍛造アームに交換!

575
オイルパンリフレッシュ

576

577
オイルパンボルト交換
□□□ 次は車体まわり □□□

570

572
リアディスク・キャリパー交換。ディスク磨耗につき、ついでに交換。
エヴォツーリングモデルの純正リアブレーキ周りはコントロール性の面でいまいちパッとしませんからネ・・・。

571
その他、フロント周りはブラックアウトしています。

573

574
エンジンは「迫力の3拍子仕様」

09ナイトスター

564
出て間もない09y XL1200Nですが、新車の音を聞いてガッカリされた人も少なくないでしょう。そこで、北米マフラーに交換されたところ、今度は低速のトルクが落ちて面白くない・・・
こちらで北米マフラーを案内する際は、とりあえず交換してみて、という事にしている。なんか物足りない、調子が悪い、となった時には別メニューをご用意しております。
今回は、インジェクションのセッティングを変更し ”Fun To Ride” に致しました。
マフラーを換えたらインジェクションも・・・エアクリも・・・といったように、一度にあれもこれも全てしなければならない、と脅しをかけるように言われています。(キャブ車は別ですよ)
色々難しい話をすると長くなりますが、詰る所、それはハーレーの魅力を引き出す為の「もっともっと楽しく乗りたい欲求」に尽きると思います。ボク達はソレを味わい尽くしています。キャブ・インジェクション、エンジン仕様然り、イグニッション、ギア比など、五感を通して感じるものすべてを心地よくする。
そこで出てくる数々は、ある種、媚薬のようなものかもしれません。

セッティング

474
ハーレーが全車インジェクション化されて日は浅いですが一人でコツコツとインジェクションというモノと向き合う日々。
今回自分のバイクでボディとインジェクターを交換してみることに。大口径ボディと純正は6ホールでしたが微粒化性能に優れたMADE IN JAPANなKヒン・8ホールインジェクターに変更し、エンジンにも変更点があるので色々データーを書き換えてやってみようと。先ずはIACのスタートマップからかなぁ・・・とその他色々。パッパッと済ませてエンジンを始動してみたが、なかなか好感触。要素が複雑なのとまだまだ勉強が足らないので時間はかかりますがそれなりに楽しみつつポイントがだんだん掴めてきたので少しづつ頑張ります。そして次のステップに向けて。