「エンジンマネージメント」カテゴリーアーカイブ

マニホールドの交換につきまして。


こちらのマニホールドに交換する場合、チューニング済み車両においては、再チューニング推奨であると認識ください。
 
チューニングを推奨しているということは、確実に変化がある商品!ということです。

要チューニングの根拠は、空気の充填効率の数値が最大でも10%ほど変わる為です。
 
最大でも10%もの充填効率の数値が変わるって、美味しい事。
 
これはカムを変えてる車両であれば、より顕著です。
 
些細な事とお考えなら、それまで。
 
弊社としては経験と数値を元に要チューニングとご案内致します!
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

トライクの117を仕立て直す! / 2020y FLHTCUTG SE


他店様にて、既にカムも、チューニングも済ませた状態だけど、燃費悪く、思ったような走り心地にはなってないとのことで、チューニングでご相談頂きました。
 
 

弊社、トライク搭載可能なシャシダイナモ(トライク ダイノ)を所有しております。
 
トライク車両に対してのデータは、トライク ダイノで集める事ができます!
 
以前はカムを変え、トライク車両なので自走チューニングされていました。
 
そのため、トライクダイノを用いて、再度チューニングを施せばいいようになるのではないか…?
 
と、当初、お客様は、そう、お考えになっていたのではないか? と、想像します。 続きを読む トライクの117を仕立て直す! / 2020y FLHTCUTG SE

ガソリンの”劣化?”を感じたチューニング / 2016y XL1200CX

チューニングご依頼頂きました。ありがとうございます!
 
2021年モデルからは無くなったモデル、XL1200CX、です。
 
現オーナーさんは、逆に嬉しい状況??
 
 

チューニングを一通り終える頃に、燃料警告ランプが点灯。
 
もうちょい、詰めんといけんし、ハイオク入れておかなきゃな…
 
と新鮮なハイオクガソリン入れたら、あらま、あらま汗
 

新しいハイオクガソリン入れた途端
 
もう、めちゃ、やってもうたなぁと思った
 
今まで詰めてきたチューニングが、ほぼやり直しに….大汗
 
 

なにやら一年くらい乗れない期間があったらしい2016年の走行距離800kmのスポーツスター。
 
この条件で、見極めるべきだった…..
 
直接燃えるもんは、ガソリン 
 
新しいのと、古いんじゃ、当然燃え方は異なるだろうけど、こんなに変わるとはびっくり。
 
 
満タンでのご入庫を願ってるのは、これがあるから。
 
  

ご入庫前に、新鮮なハイオクガソリンを入れ、ご入庫願います!
 
ガソリンが、半分くらいの状態で入庫頂くケースも、ちらほら。
 
タンクの中に入ってるガソリンが、新しいものか、古いものか、こちらでは判断が難しいとこ。
 
チューニングをするのなら、当然、最良の設定を望まれているはずですから。
 
 
  
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。
 

 
 
 

 

トライクのミルウォーキーを仕立て直す / その2 / 2017Y FLHTCUTG


バラバラにしてスッキリ。
 
やはり、バラさんと「何が悪い」のかは分からないもんで、
 
原因はフライホイールにありました。クランクとも言うのかな。ハーレーではフライホイールと呼ぶ部品。 続きを読む トライクのミルウォーキーを仕立て直す / その2 / 2017Y FLHTCUTG

ツルッとチューニング / 2010y FLSTFB


チューニング、ご依頼頂きました。ありがとうございます!
 
 
既存データ吸い出そうと見ると、違和感。
 
ライブデーターを見ると、やはり。既にデータチューニングされていました。
Vance&HinesのFP3でやった痕跡はなかったので、特に問題視せずに、進めました。
 
 

エンジン始動から3分経過。慣れてる人ならこの画面見ただけで純正と異なることが分かる。
 
 

よく見ると。あら。補正値がアイドリングからエクステンドしてますね…苦笑
 
元のVE値94.5に対して補正後103.5って数値で9。半分の法則だと設定空燃比13.5は正確だとしたら1.8プラス補正で 空燃比11.7になってしまうという状況です。
 
 

こちらがチューニング前の全開領域。
 
 

チューニング後の全開領域。赤い線が、ピターっと整っていますね。
 
 

チューニング前後の比較。
 
 
実際には全開時のパワーとか、
空燃比が整ってることの比較で訴えるんじゃなく
 
乗ってみて頂きたいです。 
 
スローからの走行から、連続してアクセル開閉して続く回転操作の中。
 
スロットルの操作というのは、0%から100%まで、あるわけで。
 
100% なんて、開ける人、そうそう、いらっしゃらない、でしょう。
 
でも、そこにも十分な根拠はありつつ。
 
実際には0%から40%くらいの間でストーリーが重要。
 
私がチューニングした車両は
そういう「実用域の具合」の方が、チューニング後の変化はあると思います。
 
 
先の記事でも触れましたが、お任せコースとのことで、ダイナミックに仕上げました。
 

エンジョイ、チューニング。
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。