「レースチューナー」カテゴリーアーカイブ

キャブとかインジェクションとか…..その4….「作り込むもん」

このシリーズの冒頭で

結論から言うと
チューニングって、「作り込むもん」やと思う。

 
 
と記載しました。
 
 
作り込むって、何に対して作り込むのか。
 
チューニングとはオモロい事への提唱であって
 
トラブルは、そもそも。あってはならない。
 
トラブルにならない為に、作り込む。
 
 
 
だからこその、純正CVキャブであって、純正ECMの書き換えですが
 
 
双方共通しているのは「純正」
 
 
純正って、お前随分保守的じゃないか
 
 
って思われた人もいらっしゃったら。それは全然に違う。
 
 
 
 
そこで純正のECMやCVキャブレターって。大切なとこを満たしている。
 
チューニングが作り込めるだけの、堅牢な土台が備わっているから。だから、使いたいもの。 続きを読む キャブとかインジェクションとか…..その4….「作り込むもん」

キャブとかインジェクションとか…..その3….インジェクション車 2007年FLTRを買う。

サーキットを走り認識を改めたハーレー純正CVキャブレター。
 
 
そこで原型が生まれたが、今現在の仕様とは全く異なることをまずお伝えしておく。
 
 
2002年頃からYahooオークションが盛んになり出し、弊社も参加していた。
 
 
このキャブを発信する当初の場所って、実はヤフオクだった。 
 
なぜかというと、弊社ホームページがなかったから。
 
2002年ごろって、MSNのチャットルームもまだあったし、ブログが普及するよりも、まだ前の頃。スキルある人が、各々でホームページ作って、情報配信していた、インターネット時代の黎明期と言っていいかも。 続きを読む キャブとかインジェクションとか…..その3….インジェクション車 2007年FLTRを買う。

インジェクションのチューニングを振り返る2

先の記事で、
「エンジンが壊れるカモしれませんよ・・・」という営業文句で、チューニングを促すスタイルは、努めてとらないようにしてきた。

と書きましたが。
エンジンが壊れる恐れの高い、個体は確実にありまして。

ほとんどの場合、SE110エンジン搭載のCVO系が、それに該当します。脅し文句のようで、書きたくはなかったのですが、これは事実の一つですので。一応、念のために。

どうしても、エンジンにとって危なくないとチューニングしたくない人は是非ご覧ください。

http://www.45degree.net/blog/?p=11080

FXDL 再チューニング

20140610-011224-4344137.jpg
続々と45にスポーツスターが集まってきています。陸送されたバイクが集まる広島の拠点デポと45をピストン往復。お預かり車輛を進めるダンドリもありますし、6月も予定埋まっちゃうかなあ?といったところ。

_DSC0813
“MAHLE 1000cc ピストンキット”は、昨晩、出荷出来るまでに整いました。合わせて進めていたウェブページの作成が遅れています。(申し訳ない)詳しい事は、今のうちはお電話頂ければ対応致します。

20140610-011221-4341915.jpg
さてさて。チューニングのご依頼もたくさん頂きまして、ありがとうございます。

こちらのローライダーは通販型で純正ECM書き換えをされたそう・・なのですが、ノッキングが酷く、不快な振動が増え、これをどうにかして欲しい、との事でご依頼頂きました。(日帰りチューニングでの案件・要予約です)

20140610-011222-4342551.jpg
通販型で純正ECM書き換えをされたのは「ダイレクトリンク・フラッシュチューナー/FlashTuner」でした。このUSBが重要なキーとなるチューニングツールです。

20140610-011223-4343267.jpg
再チューニング前に、ダイノに載せローラー上でデータ解析。このFXDLの御客様が訴えていた色々の意味がよーく解りました。にゃーるほど、こりゃイケてない。

アイドリング800回転の内容で、走り易さ、フィーリング、パワー感、そして心地の良い振動・・の内容で再チューニング。馬力は4馬力アップでフィニッシュです。チューニング完成し試乗された御客様からもグッドのサインを頂きました。

インジェクションチューニングというものは、別名データチューニングとも呼ばれますね。データは形で見えるものでもなく、そのデータ内容の仕上がりの具合を、体感・フィーリングなどで感じとることでしょう。

形として、例えばシンメトリーじゃない、という具合で、同じ物差しでデータチューニングを見ようものなら、シャーシダイナモ程度は当たり前に最低限必要なキッチンとなる事は、御客様の間でも、最近ずいぶん浸透してきたように感じます。 そのデータチューニングが良い仕上がりでなくても、乗ってる本人さんが納得し満足しているのなら、まあ、それでいいんじゃないの、という具合。

ところが、どうしても納得出来ない、という人は、こちらのUSBをお持ち下さい。当社にて再チューニングが行えますヨ。

ではでは。

2008y XL883 再チューニング

20140206-233158.jpg
 2008年式のXL883を、チューニングしていきます。
 
 こちらは、すでにインジェクショチューニング済み車両でディレクトリンク・フラッシュチューナーの再チューニングとなりますので、お持ちのUSBをお持込頂いて、それを使用して再チューニングに取り掛かります。
 
3454
 ディレクトリンク・フラッシュチューナーの再チューニングの場合には、こちらのUSBをお持込頂ければ再チューニング可能です。
 
 以前は通販型でコンピューターチューニングをやり取りされていたようですが、これまでに2度、そのやりとりを、したとのこと。初回は純正からの入れ替えで、結果良好で、二度目に、エアクリーナー変更でデーター交換を依頼された際に、上手くマッチしていなかったようで、走りと燃費が悪化したそうです。それで45ディグリーでのチューニングを、という流れてご依頼頂きました。ありがとうございます。
 
3452
こちらが、45ディグリーでのチューニング前後比較です。
(赤)弊社チューニングデータ 最大馬力 50.47PS 最大トルク 6.54kg-M
(青)弊社チューニング前  最大馬力 46.05PS 最大トルク 5.98kg-M


 
3453
(赤)弊社チューニングデータ 最大馬力 50.47PS 最大トルク 47.28
ft-lbs
(青)弊社チューニング前 最大馬力 46.05PS 最大トルク 43.24
ft-lbs
 
 やはり、一にも二にもチューニング前の状態を把握する事から始まります。ディレクトリンク・フラッシュチューナーで再チューニングする場合、既存データを抽出して、それを用いて再チューニングする事は不可能な為、余計でもチューニング前の状態を把握する事から始まるのです。そして、元々施していたデータが適切であれば、出来ることなら引き継ぎたいとも考えているからです。が、このたびは、ほとんど引き継がずに新たに作り直したデータに置き換えました。
 
 時に気になったのは、エンジンが温まりきる前からのアイドリング回転数のローアイドル。せめてこの温度までは・・という所までに届かず、ただでさえ冷え性とも言えるスポーツスターエンジンが十分に温まる事が出来ずにいました。夏場を思うと低く抑えるに越したことは無いが、冬場ではエンジンオイルに対して良くない作用を及ぼすと判断している。オールシーズン通してともなると、この辺りのさじ加減は難しいが、既にデータ豊富な45ディグリーでは、ここのデータは実績のある数値を用いた。
 
 あとは点火マップの作りこみにも疑問を感じた。具体的なコメントは差し控えさせて頂きます。ここに関しても、データ豊富な45ディグリーでは、883での実績ある数値を用いてチューニングをスタートさせた。
  


 
こちら、すでにお客様からレビューをご投稿頂いておりますので、ここにも掲載しておきます。
 
review_e6
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
マンシュタイン 様 
車種年式:2008年 XL883L
詳細:トランスファー再セッティング
マフラー:北米12ミリパンチアウト
エアクリーナー:S&S ティアドロップ
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

 2年ほど前に他のショップで、北米12ミリパンチアウト:SEステージ1でチューニングを行い、馬力・トルク・乗りやすさがノーマルより格段にアップして満足していましたが、 昨年エアクリーナーをS&Sに交換したので再セッティングを依頼したところ、どうもフィーリングがイマイチで乗りやすさも低下し、燃費が大幅に悪化してしまいました。

  以前からホームページや雑誌で気になっていて、初回チューニングのパワーチェックもやってもらったこともある当店(45ディグリー)で再セッティングをお願いしましたが、別物の如く変貌した内容に大満足でした。二度目のセッティングは相性が悪かったようで、初回チューニング時よりもパワー・トルク共に低下して乗りにくくなっていましたが、今回の再セッティングで初回チューニング時よりも大幅に性能数値が上がっており、常用回転域でのチカラ強さも相まって非常に乗りやすく、乗って楽しいセッティングとなっていました。また、気になっていた燃費も回復し納得の結果となりました。
 
http://www.45degree.net/review/injection_review.html
 


 
ではでは
マサでした
 
 
masa