「Exhaust マフラー」カテゴリーアーカイブ

エキパイは純正がいいですよ / 2019y FLTRXS

いつだったか、オイル交換で試乗すると、いつ聴いても嫌なノッキング音が炸裂していた。
 
突然、ハードノック音が下からバキキキキっとしたものだから、びっくりしてアクセルを緩めたほどに。
 
2019年モデルのFLTRXSで、チューニングせずエキパイが変えられていた。
 
 
もしや「レギュラーガソリン」入れてるんじゃないかと、疑い、オーナーに確認したほどに。
 
よく、ギクシャクなるのをノッキングと表現されるが、ノッキングとは割とアクセル開けてる時になる。本当に起こっていると、気持ちよくアクセル開けれる状況では、ない。
 
 
独立管の影響でノッキングを誘発させてしまう。
 
抑える為にチューニングで点火タイミングをアジャストで解決が出来るが
 
故に「低出力仕様」ではあるも、確実に、調子は良くなりました。
 
 
次、カムん時は、ぜひ純正のエキパイでやりましょう♪ その方が、絶対いいから。
 
 
 
純正エキパイなんて優れてないという思い違いは、本当に困る。
 
 
全てにおいて、純正がいいとは言わないが
 
ツアラーにおいて。
 
2009年以降。特に2017年以降のミルウォーキー は特に。
 
独立管を組むというのは、単純にパイプ長を伸ばすだけの改悪行為。
 
即ち、それは排気効率はめちゃくちゃ悪くなる選択肢をとっている。
 
まずは、それにお気づき願いたい。
 
 
60代くらいの人は、触媒と聞くだけで怪訝そうな表情をなさるので。「その当時」の事もあるのかもしれない。
 
昨今の触媒とは、優れたもの
 
わざに変えた独立管は、驚くほどに、性能が求められるものではないのに、なぜか一見ハイパフォーマンスとの組み合わせが散見される。少なくともエキパイを純正から変える行為は、改悪です。
 
 
 
結構強めのメッセージを放ってる自覚があります。
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

ミルウォーキーソフテイルに “ジキル&ハイド” 音量可変マフラーを取り付けました / 2020y FXBRS


2020年式のFXBRS / 114のブレイクアウトに、音量可変のジキル&ハイドを取り付けました。
 
ジキル&ハイド、ハーレーダビッドソン用のアフターパーツにおいて、音量可変バルブが備わった電子制御のエギゾーストであることは周知されてるかと思います。
 
こちらの商品は、正規品でも、JMCAプレート付きの商品で、このJMCAプレートがあることで、日本での車検制度で求められる要件を満足したマフラーと判断され、車検対応品として扱えます。
 
注意:当初VIAで測定されたエンジンの仕様から変わるとJMCAプレート付きでも車検には対応しなくなります。JMCAプレートがあれば水戸黄門の印籠になる、そういうものではございません。十分、ご注意ください。
 
 


取り付けの写真をずらっと。
 
しかし、この商品は写真よりも
 
 
 

実際に、サウンドを聞く。

 
 
 
これが重要です。
 
 
 
Youtubeで音を探しても、いまいちピンとこないでしょう。
 
 
 
実際には….
 
この音で? 
 
車検、本当に大丈夫なの??? 
 
思わず、そう言いたくなる様子。

 
 
 
要するに、実際には結構排気音が大きいということです。
 
だから、音量が小さく出来るギミックが備わってるのがとても、使える。
 
 

純正マフラーとの比較
 
 

 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

純正エキパイで低速トルクを上げよう! / 2018y FLTRXSE

純正エキパイ(ヘッダーパイプ)で「低速トルクを上げよう!」

 
お客様からご相談承り、それなら純正に戻しましょう….なかなか受け止め難い「純正戻し」
 
ツアラー2009年以降において、「太くて低い音」が良いのならば。純正エキパイが良い。わざわざ変えなくても良い。
 
 
なぜか、なぜか。「独立管が正義」という風潮あるけど、私はそうは思わない。なぜなら、結果が伴ってるから。
 
 

純正エキパイ有能

 

元々の純正エキパイ(ヘッダーパイプ)に戻しましたが、共に従来より結果は良好!
 
ミルウォーキーなら、よ〜り、というか、かな〜り、体感できますよ。
 
みんな求めてる、低速トルク太く、排気音も低音で太いは、「純正エキパイ」で実現致します。
 
 

ダイノグラフですが、ピークのトルクも馬力も同じなのに低速のトルクだけ凹みなく、思いっきり上がってるでしょう。 これだけ違うと、体感は容易ですよ。
 
 

実際のお客様から頂いたメッセージの一部。モザイク部は自粛部。でしょう〜純正に戻して再チューニングして、正解だったでしょう〜!
 
 

走りに出ても、容易に体感できました。気持ち良かったです。ミルウォーキーのツアラー純正エキパイは やはりやはり、有能やなぁ。
 
 

 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

☟お問い合わせはこちらから。
 

ローライダーSに サウンドアップ系 車検対応 “ベルズマフラー” をつけた / 2017y FXDLS

2017年 / FXDLS

ローライダーSへ

 
 

サウンドアップ系の
 
「ベルズエギゾースト」装着✨

 
 

この音質で、車検対応!
 

本当に、素晴らしい!

 
 

純正エギゾーストとの比較。ベルズは、エンド形状が複数個選べます。
 
 

諸々、済ませ…. パワーチェックしてみましたよ。
 
 

ウッホ…. 凄い、上がりっぷり!
 
馬力的には、まあ、程々….ですが、トルクが15.5kg-Mって、なかなか凄い。
 
「トルク値がふわっと高い=大排気量なりの瞬発力がみなぎる」って見れます。
 
実際に走ってみると、十分過ぎる瞬発力で、グイッ!グイッ!と十分な変化、感じ取れます。ハーレー初心者さんでも、絶対感じれます。この変化。
 
排気音も、ハギレていい感じですよ。
 
不快な音や、ノイズも、ありません。
 
JMCAや
 
VIAなどの
 
検査機関での合格印が、
 
その証明書って訳です。
 
これは、純正のエギゾースト状態で
 
いくら良いチューニング状態を付与しても、なし得ません。
 
それは排気を押し殺し、消音する構造状態の純正マフラーでは仕方なし。
 
効率のアップによって、出力アップも見込め、その土台あり、チューニングによって、テイストアップの要素も加えることができます。
 
 
これだけのパフォーマンスが、車検対応で得られるのだから。
 
 
ベルズ、お勧めですよ!
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

サウンドアップ系 車検対応 “ベルズマフラー” をスポーツスターにつける / 2019y XL1200NS


2019年のスポーツスターへ、「ベルズマフラー」を取り付けました。
 
当該車両・年式で車検対応でありますが、サウンドアップ系。
 
通常、思われる「車検対応」の「しょぼいソレ」とは違う。
 
最近の新しい車両用の「車検対応」は、凄いですよ。
 
その代表格がベルズマフラー。 続きを読む サウンドアップ系 車検対応 “ベルズマフラー” をスポーツスターにつける / 2019y XL1200NS