カテゴリー別アーカイブ: Workないろいろ

FXRT レプリカ フェアリング 取り付け / 2017y FXDLS


フルゲイン様にて販売されているFXRTフェアリングを取り付け。FRPにて構成されるFXRTのレプリカ・フェアリング。2017年ローライダーSへ、取り付けです。
 
 
続きを読む FXRT レプリカ フェアリング 取り付け / 2017y FXDLS

地味な作業を淡々と

 
 
 
引き続き2010年FLSTCのリア回りの作業を進めていきます。
 
 
2771
こちらのステーを
 
 
2772
 
2773
少しだけフラットベースを混ぜてペイントをし乾燥後取り付け。フラットベースを混ぜたのはあまり目立たせない為の工夫です。同じ黒い色でも主役と脇役は区別する必要がありますので。
 
2774
ツールバッグの取り付けにあたり、サドルバッグのステーも曲げなければ行けなかった為、いったんサドルバッグとステーを止めているリベットを揉んで取り外しステー単体にし、吹管バーナーで炙り曲げを施し、仮り付し位置を確認。ここの位置だしを的確に行わないとサドルバッグ脱着時に難しくなってしまいますので自然と取り付ける位置で、ツールバッグとの干渉もしない位置を割り出し、後にサンドブラストを施しウェットブラストで更に整えペイント。
 
2775
自然と取り付けが出来ました。よしよし。
 
出来上がったサドルバッグステーとサドルバッグをリベット打ちする前に、ステー側にひと工夫。
 
 
2776
特殊な材料ですが、これを・・・
 
 
2777
貼り付けました。丸い材料への貼り付けにも馴染みがひじょ〜〜〜ぉおに、良いのだ◎
 
 
2778
ステーを見てみると、ステーがサドルバッグを支えている場所だったのでサドルバッグに叩かれて色が剥げていました。そこへ異音を抑える工夫です。
 
 
2779
ETCを収めるツールバッグ取り付けが完成ですが、こちらのツールバッグは弊社の中古部品で在庫していた物で、どこを探しても鍵が見つかりませんので、作りました。
 
2780
オールステナイト系SUS304で鍵を製作。紛失防止の為に僕の気に入ってるタグも取り付けました。(特に意味はありません)
 
 
2781
これでツールバッグは良しとして、次はサドルバッグの脱着容易化です。
 
 
2782
こうして
 
 
2783
これで完成です。ボルトの突き出し量も当然計算通り。
 
 

これで一応完成でしたが、更に追加オーダー頂きました。
 
 
2784
タコメーターの取り付けです。エンジン回転数を視認出来るアイテムです。
 
 
2786
ステーはオフセットタイプを使用。
 
 
2785
理由はハンドル内へ配線を中通ししている為です。
 
 
2787
イグニッションキーをONにし、最終的な確認。いい感じですね。
 
 
と、これが終わる頃には外は雪がシンシンと降り始め、お見送りとなりました。
その後、僕が帰宅する頃には更に状況が変化し路面凍結の中の帰宅となりました。
 
積雪が季節を押し戻した感がありますね。
 
 
ではでは
 

masa 
マサでした。

 

おしゃれの基本は足元から

3連続 足元シリーズ綴ってまいりました。
いちおうの最終回は、おしゃれ、でございます。
 
 

せっかくホイールまで換えたのにフォークスライダーが吊るしのままです・・・。フロント回りから始まるストーリーに曇り一点。と、浮いて見えましたので、指摘させていただきました。が、指摘されるまえに、オーナーさんの方もすでにお気づきの様子でした。(あちゃー)
 
セリアーニに丸ごと交換・・
スライダーのみかっちょいい物にAssy交換
クロームプレーテッド加工をするか・・・?
 
色々検討しあった結果。
純正フォークスライダーをポリッシュする事になりました。
 
 
 

今回もHaNaさん がんばります。
誰に似たのか、相当な磨き オタク 職人です。
 
 
間は端折り、いきなり完成の図です
 
  

んー。なかなかの輝きじゃ。いい感じじゃない。
 
 
おっと。
デフォルトの50mmレンズのままでした。
 
 
ここは、失礼のないよう
ハチゴーイチヨン(8514)・カールツァイスに交換っ・・・っと。よしっ。
 
いつも、写真がきれいだよねーと感想を頂戴しております。が!
この写真はD700とレンズの性能に99.9%助けられています。
 
ただのカメラ好きなだけで、特別構図に凝っている事もなく
カメラマンの性能は0.1%も無いのであります。と自分では感じております・・・。
 
 

最大の敬意でもって 撮り直します

 
 

 

 

 
 
そろそろ磨きの腕は抜かれてるかもな〜・・・と感じましたが、ワタシメとしてはそれでオーケィ。もちろん、手順は当然の事ながら、指先の感覚は簡単には抜けませんけどね。それでも、塗装、溶接、磨き・・・職人と呼ばれる類の工程は、日々1mmの積み重ねが大切なのです。地味な作業ほど日々の積み重ねがなにより大切です。ずば抜けた才能よりも努力・努力・努力。磨きとは、楽・手抜き・荒仕上げ。しようと思えばいくらでもできます。しかし、磨き上げると心に決めたなら、常に自分内精神力との戦いです。
 
初めの頃は、磨きの頑張りが足らない証が残り、途中で自分に負けたな、と見ていたものです。「まだまだじゃろー」と声をかけていたのも、懐かしいです。
 
このような事を申し上げ恐縮ですが、フォーク磨きは、経験の無い人には想像しにくいですが、フォークを磨き上げた時には、手を中心にボロボロになってしまいます。磨き上げられたフォークも大切ですが、その点も、チェック宜しくです!
 
 

 
ま、足元のおしゃれ、とは言っても、内容はちょっとしたカスタム、ではありますが、雰囲気が変化して、なかなかGoodな様子でございます。

Groundをしっかりとろう

386
よく見かけるウインカーですね〜。
今回は配線に絡んでみます。
このウインカーは「配線がウインカーボディ内から一本だけ出てる」タイプ。ポジティブ線だけで、あとはボディGroundで済ませる簡潔なやり方。
ラバーマウントモデルでは「リア側ウインカーへはGround線を取る」と明記されてます。
まぁ普通につければ「○型」の圧着端子を取り付け、ウインカーを固定するとき、同時にGround線をフェンダー裏で接続、となっちゃいます。
けど、5年先は、わからないですねー。
雨風塩容赦ない環境では、Groundの接続部が接触不良になっちゃうかも。
384
ここはあえてウインカー内でGround線を取ることに。そうすればGroundの接点不良でウインカーが点滅しないなどのトラブルを最小限にできると思いますよ。
385
という事で。
ウインカーボディから出る配線は2本になりました。
より良い状態で長く使うちょっとしたコツでした。

印象

ハンドルで面白いほど印象が変わる一例。
スプリンガーにエイプは永遠のテーマ。ドラッグバーは男の証。


純正ハンドルから変更すると見える回りの景色がヘッドライトのクロームに写り込むソレが綺麗に見え2度美味しいのであります。