「96ci …….. 1580cc」カテゴリーアーカイブ

バッテリー交換後のトラブル / 2015MY FXDL

バッテリー交換後に、エンジンストールが頻発するとのことでご入庫。
 
これは、今年の4月の話。GWに入る直前だった。
 
それまでは調子良かったのに、と落胆するオーナーさん。
 
  
https://www.45degree.net/blog/?p=26220
実は、こちらの車両は昨年の4月に弊社でチューニングをご依頼頂いた車両でして。
 
FP3で既にチューニングされていたのだが、FP3でチューニングされた状態のまま、何故かFP3を返品されていて、FP3を用いて純正データに戻すことが出来なかったと記憶していたし、この経緯はシェアしていたはずの事と認識していた。
 
その事をお客様にお伝えするのですが、どーにも。話が噛み合わない。
 
……..なぜ、だ?
 
というのも、その間に所有者さんが新しくなっていた事が、お話ししていて分かった。
 
(私、最近では表に出てお客様と話す機会が減ったので、変わったことに気付けなかった)
 
 
なるほど、そういうことか….
 
ユーザーさんに事の経緯を淡々とお伝えしました。 続きを読む バッテリー交換後のトラブル / 2015MY FXDL

ツルッとチューニング / 2010y FLSTFB


チューニング、ご依頼頂きました。ありがとうございます!
 
 
既存データ吸い出そうと見ると、違和感。
 
ライブデーターを見ると、やはり。既にデータチューニングされていました。
Vance&HinesのFP3でやった痕跡はなかったので、特に問題視せずに、進めました。
 
 

エンジン始動から3分経過。慣れてる人ならこの画面見ただけで純正と異なることが分かる。
 
 

よく見ると。あら。補正値がアイドリングからエクステンドしてますね…苦笑
 
元のVE値94.5に対して補正後103.5って数値で9。半分の法則だと設定空燃比13.5は正確だとしたら1.8プラス補正で 空燃比11.7になってしまうという状況です。
 
 

こちらがチューニング前の全開領域。
 
 

チューニング後の全開領域。赤い線が、ピターっと整っていますね。
 
 

チューニング前後の比較。
 
 
実際には全開時のパワーとか、
空燃比が整ってることの比較で訴えるんじゃなく
 
乗ってみて頂きたいです。 
 
スローからの走行から、連続してアクセル開閉して続く回転操作の中。
 
スロットルの操作というのは、0%から100%まで、あるわけで。
 
100% なんて、開ける人、そうそう、いらっしゃらない、でしょう。
 
でも、そこにも十分な根拠はありつつ。
 
実際には0%から40%くらいの間でストーリーが重要。
 
私がチューニングした車両は
そういう「実用域の具合」の方が、チューニング後の変化はあると思います。
 
 
先の記事でも触れましたが、お任せコースとのことで、ダイナミックに仕上げました。
 

エンジョイ、チューニング。
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

FP3のチューニングとクラッチプレート交換 / 2011y FLTRX


FP3のチューニングご依頼ありがとうございますっ!
 
(写真は他車流用)
 
 
みたことあるセドナオレンジなロードグライドですが、偶々、被っただけ。
 
  続きを読む FP3のチューニングとクラッチプレート交換 / 2011y FLTRX

FP3のチューニング / 2011y FLTRX


チューニングのご依頼ありがとうございますっ
 
 

FP3でのチューニングですが、バチっと決まりました。
 
 

FP3のチューニングも、この位FP3が言うことを聞いてくれて、トラブルも心配事もなくツルッとチューニングが決まれば何も言うことないんですがね……. 
 
吸い出した純正データを書き換え可能な状態にしてチューニング致しました。
 
 

こちらがチューニング後。変化の具合は実車に乗ってお確かめください。
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。