FP3のチューニング / 2014y FLHXS 103


今日は日中暑かったですねー。そして、久しぶりのFP3をチューニング。
 
 
 
 
 
 

Facebookではお知らせしましたが、ディーラー専用のツールでパソコンで編集できるようになりました。

 
 
https://www.45degree.net/blog/?p=18632
3年前の記事。ここから3年、長かった。ウェブ上で触るディーラーログイン、試用が終わり正式なIDを預かってからは初使用。
 
 
伴い、FP3のチューニングオプション料金を 3万円 から 1万円 へ 、引き下げました。
 
 
都度、アップロードする作業が噛むのでいつもみたいにサクサク!って訳にはいかないにしても、タブレットでやるより、だーいぶ快適。マップ間のデータシェアも可能。タブレットを見ながらぽちぽちしなくて良いんだから肩も凝らない。
 
 
でも、まだチューナー寄りの思いやりが欲しいところで、スロットル握ったままマウス片手でマップ操作出来るように….とかVEの画面は前後シリンダー同時に開けるように…とか、(とか、他もあり) 図々しくリクエストを伝えておきました。 どうなるか、楽しみだなあ。
 
 
 
 
 

順調にチューニングしていきましたが、エラー個所が8箇所ほど。クルーズコントロールも効かない。これも直してもらうよう依頼を。クルーズコントロールは弊社診断ソフトで対応済み。
 
2014年モデルで、ソフトウエアレベルも617と一つも二つも以前のものになるのに、なんで今さらここ?? みたいなエラーばかり。なぜなのでしょうね。
 
たとえエラー個所が変わらなくても走行上支障はないけど、FP3という数字変換ツールで意図した設定値に変わらないのはソフト的には問題がありますからね。
 
こういうのを見つけて、FP3に限らずで、メーカーに修正依頼をかけ…というプロセスは一般ユーザーではやりきれない(証拠も提出できない)事なので、これだけでもショップで細かにチューニングする意味はあるのかと思います。
 
 
 

本日、車検ついでの1000ccボアアップの公認も完了。
 
 

車検証もこの通り。闇ボアでない証明書。
 
 
 
 

さて…. そろそろこの子も。
 

頑張りますー。
 
 
 
Posted by M.Yasuura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です