「キャブレター」カテゴリーアーカイブ

気絶しそうな納車整備2 / 1998MY FLSTC / S&S V111

前記事
https://www.45degree.net/blog/?p=28115
 
この後、高速道路をおりゃおりゃー!!!っと試走すると、
 
Wow….
 
問題箇所を発見。
 

これは一応載せておく感じの箇所。ライザーのブッシュを交換!
 
 

問題箇所。気付きその1
 
なんと、フォークオイルが漏れてるのを発見。
 
が、漏れてる箇所はフォークシールでは無い箇所。
 
一応、念には念のため
フォークシールも変え、フォークオイルも新調。 続きを読む 気絶しそうな納車整備2 / 1998MY FLSTC / S&S V111

HSRからブロンズ色を纏ったCVキャブへ交換 / 1998MY FXDL


弊社のショッピングサイトに掲載し、直ぐにご成約頂いたキャブレター。
 

CVキャブにしたいと思案し、周りからも勧められていたところ、このブロンズを纏ったキャブレターが販売することを弊社SNSで情報をキャッチ。即、決めたそうです。ありがとうございます!
 
キャブカラーの中でも、上位ランクインするブロンズカラーは車両選ばず、とても似合います。
 
HSRキャブレターから、CVキャブレターへ交換。
Full-Tune CV 改良版のサンダージェット仕様。
 
詳細は割愛しますが、改良版サンダージェットにすると、全然違います。
 
データ取りの最中につき、アナウンス出来るようになるまで、暫しお待ちを。
 
 

CVキャブレター専用 キャブヒーターも同時に装着。 
キャブヒーターを装着するとアイシングを回避すると同時に、冬時期のエンジン始動性向上も同時に行え、年中通し、キャブ車をイージーに扱えます。
 
 

 

シャーシダイナモへ載せ、チューニング
 

キャブ交換が出来、オーナーさんニコニコです
 

HSRと同じようにしちゃいけんよーと会話してるとこだけど、なんか申し立てしてる様子に見えるね。笑

https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 

納車前整備、完了 / 1997MY FLSTS


 

 

 

 

 

用いたピストンはマーレピストン
置き換えで利用する目的のリプレイス品とした為、平凡な見た目ですが、いやいや、違うんですよ。特に違うのは、「マーレ製のピストンリングが使えるようになる事」。これがめちゃくちゃ良いんです。シマシマの阪神タイガースになりません。
   

 

 
本日納車致しました。
前回の投稿の続きとなりますが、前から後ろまで、ドライブベルトからベアリングまで、手を入れました。
 
こうすると、車両に活力が入るというか、全然調子が変わります。
スピリチュアルな世界の話ではないですが、気を注いでる感覚です。
 
 

試乗時の動画もございます
 

こんな感じのルート
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura

スプリンガーのブレーキパッド交換 / 1997MY FLSTS


NBP005 / 87年〜99年までのリアブレーキパッド
 
ホワイトウォールタイヤへの、ブレーキダストを懸念しての、ブレーキパッドをご案内しました
 

NBP004 / 84年〜99年までのフロントブレーキパッド
 
赤パッドに変えたからと言って、ブレーキダストが付かない訳ではないですが、かなり落としやすくなります。
 
 

当該車両、フルフルのオーバーホールのご成約で。
 
 

 

 

 

 

タイヤがめちゃ硬くて….
 

 

そんな感じで前後ホイール / タイヤ / ミッションOH / スプリンガーフォークをトントンと済ませあとはエンジンをポンポンと組み上げ国内新規登録を済ませたらご納車です。
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura

晴れた日はサイドカーを触ろう / 1988MY FLHTC WITH SIDECAR

 
突然降りかかってきた まじか。と言う案件。
 
ブレーキフルード交換でご入庫頂いたら、エンジン始動困難な様子…
もしや、と見るとエンジンの間から炎が見える。

グッと覗き込むと「Oh…..」バックファイアーでインマニのゴムが裂けとるじゃん….

そのままお預かりに。
 
 
案件の網を潜り抜け2月23日の発見から御見積が4月5日。翌日着手。同日、完成。
 
やり出せば早いんですが、そこまでがとても遠い….
 
 
 
 

 
 

これ、トラブルの元 CVキャブレターに変わる前の、エボ時代はゴムのマニホールドに対して、ケーヒンバタフライキャブが装着されてました。 
 
もうね、直しても、またなるのは見えてるから、「CVキャブにしましょう」とご案内。お客様も、何度も、何度も同じ修理はしたくないでしょうし。サイドカーはトライク同様、止まったら困る車両ですからね。

続きを読む 晴れた日はサイドカーを触ろう / 1988MY FLHTC WITH SIDECAR