「FP3 Vance&Hines – Fuel Pak3」カテゴリーアーカイブ

FP3…. トラブル解消ならず? / 2014y FXSBSE

2014年のFXSBSE、ご来店頂きました。
 
先週ご納車しましたが、チューニング後は、思いっきりアクセル開けられないほどとか。
 
 
FP3でのデータトラブルの件、メーカーから解消されたと報告を受けトライする。
 
 

ファームウエアの強制アップデートを済ませ
 
 

マップを本来したかった仕様に戻し
 
 

Get mapでマップを選択し、リフラッシュ。
 
 

しかし、解消ならず。 やり方、間違えたのかな….. 解消されなかった旨、再度報告を済ませました。 
 
わざわざご来店頂きましたのに、解消されず申し訳ありません。
 
 
今回トラブル解消されませんでしたが、これは全てのFP3ユーザーに関係する事ではありません。
 
 
この2014年のFXSBSEは、621のソフトウェアレベル(アプリケーションナンバー)
 
 
この、ソフトウェアレベル(アプリケーションナンバー)でチューニングのデータは管理されています。
 
トラブルが起こっていても、ある限られた車種と年式に絞られる。
 
想像されているよりもモデルが広いかもしれません。
 
この管理の範囲で、FP3においては起こっているトラブルですが、621は617にも関係する。 621は617が改まったもので、617は614が改まったもの。 2014年から2016年までのツアラーが617。 621はサービスキャンペーンで新たに現れたソフトウェアレベルで、同年式の110ciエンジンを搭載したソフテイル・ダイナのCVO またはSモデルと、ツアラーのCVOが含まれます。
 
この範囲の車両には、同様のトラブルが現在起こりうるものです。
 
既に、2015年の617を有するツアラーでも確認されています。
 
ソフトウェアレベルに関して、少し。
 
2017年のソフテイルはソフトウェアレベルが723と、同時期に登場したミルウォーキー8と同じものとなっており、723で登場したツアラーのミルウォーキーはその後822/823/824と続き、824で落ち着いてましたがその後2019年では921となり、2020年モデルで更に改まるとか。M8ソフテイルは2018年には823で始まり直ぐ824に改まり2019年まで824が続いている。2020年は知りません。 少し前のモデルでは、2012年のダイナとソフテイルでは357その後358と改まり、2016年まで続き2017年のダイナは414になり、この一年だけのもの。そして同時期に販売された2017年からのスポーツスターは414で登場したら415に改まり…..2019年まで続いている。
 
これでも、少し、です。
 
何が言いたいかと申し上げますと
 
ハーレーのデータも、車両の型式のようなものが存在する、という事です。
 
EG9と言われると、あのシビックか、
 
FD3Sと言われると、あのセブンか、
 
NA8Cと言われると、あのロドスタか、
 
AP1と言われると、あのS2000か…..
 
と浮かぶように、ソフトウェアレベルを言われると、年代と車種が、同様に浮かびます。
 
この型式別に、起こっているものです。
 
 
このソフトウェアレベルを言われると、車種と年式にモデルがわかるものですが、近年さらに複雑になり、これからチューニングを始めようとする人は、大ごとだな….と感じることの、一つ。関係性と、それぞれの特徴もあったり、エラーもある。チューニングのノウハウは当然必須で、これらの要素も絡んでくるので、頭痛が痛いの一つに、なっちゃうだろうな…。
 
 
ソフトウェアレベルを改めるのに有効な手段がソフトで備えているものは、私が知っている限りではディレクトリンク(BBT)と、Dynojet パワービジョン。あとはSE PRO スーパーチューナーですが、これは強制的に変更されますので含めないほうがいいのかな…。チューナーが気づくことが少ない。
 
純正ECMにおいての、チューニングの片鱗をお伝えしました。
 
 
 
話を戻し。 もしかしたら、私のやり方がいけなかったのかもしれないし、改善が上手くいっていなかったのかもしれません。
 
 
どちらにせよ、わざわざご来店頂いたのにいい具合に出来ずに申し訳ありません。
 
 
Posted by M.Yasuura

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

FP3チューニングで…. 不具合…. / 2014y FXSBSE

FP3のオプション料金引き下げ後2台目、ご依頼頂きました。ありがとうございます。
 
 
しかし、やたらエンジンの始動がムツカシイ車両です。
 
あまりにかかりが悪いので、少しスロットルを捻って、やっと初爆が得られる。
 
オーナーさん曰く、街乗りが使えたものでなく、高速しか走れないとか。
 
 

おっと….MAXアウトしたところが多数。
 
左右隣り合う数値が….これ以上違うと….おやっ?? というのは経験上察する部分。
 
オートチューンを試みた痕跡が残りますが、これを見て、調整が引き金となって不具合を引き起こしているか、否か。
 
どう判断するのかで、この先の展開が随分変わります。 続きを読む FP3チューニングで…. 不具合…. / 2014y FXSBSE

FP3のチューニング / 2014y FLHXS 103


今日は日中暑かったですねー。そして、久しぶりのFP3をチューニング。 続きを読む FP3のチューニング / 2014y FLHXS 103

チューニングでリニアスロットル化 / 2018y FLSB 107 & 2019y FLHXS 114

夏本番(だった)
当記事は8月初旬の記録です。
 
遅めの梅雨明けは、急激に気温が上昇、ダイノルームは灼熱と化しております。。。
 
 
ハッと思いついたのがこちら。
 

空調の効いた室内から、爽やかな風を頂戴。
 
このダイノルーム内部は吸排気をコントロールし、適度に負圧にするようデザインしましたが、吸気が追いついてないこともありまして。
 
2年前にダイノを新調する際、ダイノルームをモディファイするに当たって、限られた予算内で要件を満たす…..の発想が壁に穴を開け、負圧にした室内へフレッシュエアを取り込む….まではしていたのですが、空気の流れを意図的に「こちら」に向ける発想が足りてなかった。
 
 
これ↑ 足りてなかったやつ。たったこれだけで、すげー気持ちいいー。
 
簡単な事で、めちゃ快適♪
 
数多くのいろんな事は、こういうのが大切だなぁ。頭は柔らかく。肩も腰も柔らかくいたい。こちらは、もうカチコチですが。 続きを読む チューニングでリニアスロットル化 / 2018y FLSB 107 & 2019y FLHXS 114

車検と国内新規 / FP3の試用 … ショベル ツインカム


新元号発表の4/1、朝から国内新規登録と、車検でデッパル予定でした。が…..
  
出発前、念の為に…とチェックすると、スタージス。
 
リアブレーキ踏んでも、制動灯が光らない。フロントはOK。
 
これ、あるある…だと思うのですが、支局でこの目にあうと、あ〜今日は、外したわと思う瞬間。
 
検査した時はOKなのに、支局へ持ち込むと、点かない…とか、ある。笑
 
「えっ アッレぇ?? さっきまで点いてたのに…」とか通用せん。。。。
 
その為、ショップを出発前と、検査ラインに入る前にチェックするんですが、この度は出発前。危ない危ない、セーフセーフ。
 
すぐにリアブレーキの油圧スイッチを交換、ブレーキ液を抜いてエアを追い出し、無事に完了…! 続きを読む 車検と国内新規 / FP3の試用 … ショベル ツインカム