CVキャブ サンダージェット化 / 1997y FLSTS

 
 
クラブハーレー200号に掲載!見てね。


 
 
■ ■ ■
 
 
Title
CVキャブ サンダージェット化 / 1997y FLSTS
 
 

サンダージェット加工、ご依頼頂きました!
朝早くにご入庫いただき、お昼頃にご納車のご案内です。 続きを読む CVキャブ サンダージェット化 / 1997y FLSTS

カスタム トライク製作 / マンバMT-1 / 2005y FLHRS / その1

 
 
クラブハーレー200号に掲載!見てね。


 
 
■ ■ ■
 
 
Title
カスタム トライク / マンバMT-1 / 2005y FLHRS / その1
 
なかなか 長編になる記事です。
 
 

この度は、トライク化・側車付き自動二輪への改造を承りました。
 
2017年からは、45ディグリー@広島ではトライクを取り扱い開始です。
 
 
現状、代表的なトライクは、トライグライドや、フリーウィーラーですね。 もちろん、それらへの乗り換えも視野に入れてからの、トライク化の道を歩むのであります。 続きを読む カスタム トライク製作 / マンバMT-1 / 2005y FLHRS / その1

モノチューブ カートリッジ / 2004y XL1200R

 
 
クラブハーレー200号に掲載!見てね。


 
 
■ ■ ■
 
Title
モノチューブ カートリッジ / 2004y XL1200R
 
 

続々とモノチューブカートリッジ化いきます!
 
 

昨年キャンペーン張っていたモノチューブは、片側にスプリング・片側にダンパーと、左右非対称の形状でした。これらは49ミリのフォークで最新車両に多く用いられる太いフォーク径に用いられてきた、特有の形状です。
 
41ミリや、39ミリなど、フォークのチューブ径が細いものは、そう言った特有の形状にするに十分な容量がないことから、左右対称の形状となっております。高圧ダンパーに、スプリングを有し、モノチューブ形状となっております。
 
 

フォークは、やってみて正解!と思える感触の良さをご体感頂けると思います。
ズゴッ!と沈んでいたフォークに、頼もしさを感じれる、仕上がりとなります
 
883R や XL1200R
1200Rは2004年から2009年
883Rは2005年から2015年
 
対応しております!
 
モノチューブカートリッジ、ぜひご体感下さい。
 
 
Posted by M.Yasuura

車検ついでにエンジンクリーニング! / 12y XL883N

 
 
クラブハーレー200号に掲載!見てね。


 
 
■ ■ ■
 
 

Title
車検ついでにエンジンクリーニング! / 12y XL883N
 
 
今回の車検は当社をご利用下さいました。ありがとうございます! 続きを読む 車検ついでにエンジンクリーニング! / 12y XL883N

慣らし温度を考察 / 08y XL883L / 1000cc

クラブハーレー200号に掲載!見てね。


 
■ ■ ■
Title
慣らし温度を考察 / 08y XL883L / 1000cc
 
 

話が前後しちゃいますが!
1000ccボアアップと、車検、その他いろいろ! ご依頼頂きました。
 
2008年モデルの、XL883L / インジェクション です。
 
 
そのボアアップを済ませまして!現在はボアアップの改造申請の段取り。運輸支局から申請書類を待っておりまして。公道は走れません。
 
 
1000ccボアアップに伴い、チューニングもあることから!慣らし運転は進めなきゃ、って事で、ダイノルームで行っており。車両を常時、パソコンに接続し、管理下に置いて、慣らしを行う事ができます。
 
 
ついでなんで、ちょっとした、実験を!
 
 
純正状態のまま、
慣らし運転を行うことに対して。
 
不安に感じている
お客様がいらっしゃる事から、
この実験をする運びとなりました。 続きを読む 慣らし温度を考察 / 08y XL883L / 1000cc

45メカによるマニアックな記事盛り沢山