「トラブル」カテゴリーアーカイブ

TC88を油圧ローラーチェーン仕様へ「フル・カムコンバージョン」! / 2001y FXSTB


ベルトがブチ切れてしまったことで、ご入庫。いきなりサクッと修理後の写真ですよ っと。一次側のベルト(オープンプライマリーと呼ばれるカスタム)は、危ないかも??の兆候を早期に把握しないと、レッカーで運ばないと行けないトラブルには容易に進行します。トライクだと、自走不可の状況が高速道路で起こるとか、怖いですよね。
 
 
ついでに、昨今話題のカムを。
 
 
TC88の場合は、対策を施すのが当たり前のご案内で。
 
 
TC96移行採用される「ローラーチェーンドライブ」への、「フル・カムコンバージョン」をご案内致しました。
 
 
 
 
スクリーミンイーグルで販売されるものよりも完全な、ローラーチェーンドライブ仕様への「カムコンバージョン仕様」となります。 
 
唯一、欠点としたら、TC88の純正カムが使えないこと。
 
フル・カムコンバージョンとは、何も初の試みではなく、実は隠れて実績があるもの。2012年くらいから行ってる手法で、不安要素はございませんが、昨今の部品供給難のため、こちらの手法を用いることに。
 
結構シブい手法なので、メインでご案内している内容でもなかった手前 当ブログでは初のご紹介となります…. ご紹介すると、こちらがメインになるかも、ですが。…あくまで、御来店でしか対応できない内容。  続きを読む TC88を油圧ローラーチェーン仕様へ「フル・カムコンバージョン」! / 2001y FXSTB

車検! エンジン異音大…. 修理ついでのカム乗せ / 2015y FLHXSE


エンジンから。詳細にはタペットから、特有のカンカン音が盛大にしていました。 
 
 

カムカバーを取ると、おーやおや。 
 
ずーいぶん大きな破片あーるじゃないの。
 
 

こんな大きいの? なんだろうか。 続きを読む 車検! エンジン異音大…. 修理ついでのカム乗せ / 2015y FLHXSE

なかなか、、、立て込んできました…..

社内での話ですが、私にしか出来ない系の整備系のお仕事がドカドカっと増えてしまった直近の話。
 
そういう話自体、少なくは無いのですがいつもは5速2000回転の低回転で高い速度で安定して走行しているも、今多いのは2速5000回転の高回転・低速度域で高負荷で走る様な案件で。
 
つまり、順調には終わらない案件というニュアンス。うーむ….。
 
 
 
 

リジッドフレームのショベルさん。フレームに打ち付けられた純正同様の羅列だがオリジナルの字体では無いVINナンバーから推測するに、元は1980年式のFXWG 80ci。お客様のご紹介での入庫ですが、こちらも色々と。
 
 
エンジンかからない、暖まると調子が悪い、オイル漏れる、、、などで、御見積に正味一日かかった車両。色々ありすぎる上、初見なので、調査は慎重すぎるほどかけた。
 
エンジンを始動させ、様子をみている最中。
 
空吹かし時に無操作で急にギアがガコーン!
 
突如と入ってしまうトラブルもあり。
 
恐ろしい…..。 続きを読む なかなか、、、立て込んできました…..

XL1200C 完成じゃ!

20130929-231341.jpg
XL1200C フォークオイル漏れでのオイルシール交換後 ロッカーカバーからのオイル漏れを修理(写真なし)
 
その後キャブレターの加工に取り掛かりまして。順調に進んでますが、なにぶんほかにも色々業務が嵩んでおり、グワッとは進みません。
 
 
20130929-231324.jpg
エアクリーナーはPMのMAX HPに。
 
そうそう。iPhone5からiPhone5Sに機種変更致しましたら、カメラがいい具合になっていたのに気づき。
 
20130929-230141.jpg
これがiPhone5での撮影
 
20130929-230712.jpg
こちらがiPhone5Sでの撮影。F値が2.4から2.2になり、レンズが明るくにキレが増しましたね。レンズのせいかは不明だけど単焦点レンズの50mmから40mmに変更した時の様な「広角レンズに交換」な感じになって写真が撮れます。
 
 
3400
 
3401
こちらはD700の50mmで撮った写真です。まぁ、一応本物のカメラで撮れば、そりゃ綺麗だわな(笑い)
 
 
てな事で、本題に戻り、キャブ加工後、チューニングして、ようやく完成です。
トラブルやら色々ありましたが、これに懲りず今後とも宜しくお願い致します。
 
前記事
https://www.45degree.net/blog/?p=12459
https://www.45degree.net/blog/?p=12039
 
ではでは
 
 
masa
マサでした