「マスターチューン」カテゴリーアーカイブ

キャブとかインジェクションとか…..その4….「作り込むもん」

このシリーズの冒頭で

結論から言うと
チューニングって、「作り込むもん」やと思う。

 
 
と記載しました。
 
 
作り込むって、何に対して作り込むのか。
 
チューニングとはオモロい事への提唱であって
 
トラブルは、そもそも。あってはならない。
 
トラブルにならない為に、作り込む。
 
 
 
だからこその、純正CVキャブであって、純正ECMの書き換えですが
 
 
双方共通しているのは「純正」
 
 
純正って、お前随分保守的じゃないか
 
 
って思われた人もいらっしゃったら。それは全然に違う。
 
 
 
 
そこで純正のECMやCVキャブレターって。大切なとこを満たしている。
 
チューニングが作り込めるだけの、堅牢な土台が備わっているから。だから、使いたいもの。 続きを読む キャブとかインジェクションとか…..その4….「作り込むもん」

キャブとかインジェクションとか…..その3….インジェクション車 2007年FLTRを買う。

サーキットを走り認識を改めたハーレー純正CVキャブレター。
 
 
そこで原型が生まれたが、今現在の仕様とは全く異なることをまずお伝えしておく。
 
 
2002年頃からYahooオークションが盛んになり出し、弊社も参加していた。
 
 
このキャブを発信する当初の場所って、実はヤフオクだった。 
 
なぜかというと、弊社ホームページがなかったから。
 
2002年ごろって、MSNのチャットルームもまだあったし、ブログが普及するよりも、まだ前の頃。スキルある人が、各々でホームページ作って、情報配信していた、インターネット時代の黎明期と言っていいかも。 続きを読む キャブとかインジェクションとか…..その3….インジェクション車 2007年FLTRを買う。

車検! エンジン異音大…. 修理ついでのカム乗せ / 2015y FLHXSE


エンジンから。詳細にはタペットから、特有のカンカン音が盛大にしていました。 
 
 

カムカバーを取ると、おーやおや。 
 
ずーいぶん大きな破片あーるじゃないの。
 
 

こんな大きいの? なんだろうか。 続きを読む 車検! エンジン異音大…. 修理ついでのカム乗せ / 2015y FLHXSE

TTSで困った時に読む記事 / マスターチューン “Master Tune”

 
TTSのマスターチューンは
 

TTSは、この黒いデバイス・マスターチューン1(RS-232 シリアルポート対応)と
 

青いデバイスのマスターチューン2(USB対応)がある。

 
 
 
TTSマスターチューンは、はじめ。プログラムをする際
 

「パスワードロック」

 
をかけてしまいます。それ故に、他のデバイスよりも驚速でプログラム(リフラッシュ)が可能な理由なのかもですが、このパスワードロックが、非常に厄介。
 
 
チューニングされた車両が、調子良く走っていれば、TTSが登場する場面がないから、なんら問題ない。パスワードロックが厄介になってしまう状況は限られます。 続きを読む TTSで困った時に読む記事 / マスターチューン “Master Tune”

□ 何事かと思えば….またFP3 / 2014y FLHTK


ご成約の車両の整備時。ダイアグを見ると、「アクティブエギゾースト」のエラーが。この機能、日本仕様にはそもそも有効ではなく、備わってません。
  
車検整備担当のTDM君からの報告を受け、「またFP3の仕業じゃろ〜」 と言っていたら、おいおいと、まさにその通りじゃないかと汗
 
またお前か〜〜!!のやるせなさ。
 

こちらの2014年 FLHTKには、FP3で標準で備わる、バンスのデータが入ってましたが、バンスで用意しているデータはロクでもない。バグしかない。バグだらけでございます。 続きを読む □ 何事かと思えば….またFP3 / 2014y FLHTK