「マスターチューン」カテゴリーアーカイブ

クローズドループ、そのキワの設定 / 2020y XL883N

 
 
これから申し上げることは、何もチューニングしたから、こうなったものではない。
 
 
元々、純正状態でこの症状を持ち合わせてるソフトウェアレベルが多く存在する。
 
 
元々純正にある「バグ的」なものと理解している

 
 
 
純正状態で持ち合わせてる場合、それは改善のしようがないものと判断され。
 
チューニングを行うならば。
 
理解した上で、設定を行い、その特性を、「利用」する必要がある。
 
 
 
私も、チューニングを始めた当初から気づいてた事ではない。
 
2012年にアメリカへ渡り、Hiro Koisoさんの講習を経て。
 
独自に独自を重ね。
 
より良いサンプリング方法を模索し、その先にこのエラーを見つけた次第。
 
 
 

まずはこちら、ご覧頂きたい。
 

静止画。
 
回転数と、スロットル25%にロック。
 
この時のラムダ値は0.941。空燃比に直すと約13.8。
 
ここの値は、目標とされる空燃比が表示され、そこに向けて事前にVE値をアジャストしている。
 
正確にVE値をアジャストすればこの空燃比になる、これがハーレー純正で採用されているデルファイECMの優れた機能の一つ。
 
ところが、そこでの実測空燃比は大きく外れている。
 

その理由がここにある。
 
それぞれ、上下で前後シリンダーのVE値を表示しているが、その右にある値は、補正後の値を示す。
 
この時のラムダ値は0.941。
ここで設定しているラムダ値はクローズドループを指定していない。
 
補正していない箇所で、補正値が乗っかるということに気付いた。
 
この補正値は、この前の負荷領域でクローズループを設定しており、そこでの補正値がクローズドループを設定していない負荷領域にまで乗っかっているのだ。
 
これ、大したことない問題かといえば、かなり重要な問題。
 
 
 

それまで補正されていたのならば、センサーが見てくれていた領域であるので大丈夫なのだが、補正されてないところで補正値がエクステンドされてしまうと、もうとんでもない事になる。
 
 
経験則から、1%狂うと空燃比が0.2ほど動いてしまう。私が勝手に「半分の法則」と読んでるが、つまり、VEの値が5%狂うと、空燃比が1.0も動く。空燃比13で設定していたものが、実測14になってしまう。これは、どえらい問題なのです。
 
 

ここで、改めてこれを表示。
 
83.0 / フロントのVE値。
補正後の値は75.5 その差 7.5
先ほど示した半分の法則に当てはめると、1.5ほど実測空燃比が狂ってしまう計算。
 
 

こちらがその実測空燃比。
右にある縦方向のグラフには15.5とあるが、先ほどの設定した空燃比13.8に対して誤って補正値が乗っている7.5の数値を差し引き、半分の法則を利用し1.5を足すと補正後のVE値によって生じてしまう予測値は15.3 という数値になる。実測値が15.5とあり、納得ができる。
  
加えて、リア側の設定したVE値に対し、補正値の数値の差は4とある。4の場合は0.8の差になる。13.8に0.8を足すと14.6。
 
この実測値は、それを裏付ける物になり、補正されていない領域まで、ずっと補正値が乗っかり続けてしまう。この問題が説明できる。
 
 

 
 

そして、こちらがキワの設定をシビアに行ったものの、動画。
 

静止画。
 

設定したVE値に対し、補正値の誤差がほとんどない。
 
誤差がないか、または事前に少しマイナス値を入れてプラスの補正値にさすよう仕上げておかないと、危ない。
 
 

その結果の実測値もラムダ値0.941=13.8となっている。設定したVE値も根拠あり、狙いの動き。
 
 
シャシダイナモで行っている50%以上の役割はVE値の決定に費やしているが、クローズドループの設定によって補正された値がクローズドループ設定外にまでエクステンドされる事で、狂いが生じてしまうことはとても重要だ。
 
しかも、実際に補正させた値が出て、狂いが生じるから注意深く見ないと気づかない事。
 
 
チューニングは、あくまで持ち込まれた時のエアクリで、マフラーに対して条件を固定してのチューニングになり、その他に変えると基本的に狂いが生じてしまう。なんとなく、体感が伴わないから、ま、いっかって思ってると、こんなエラーが発生しています。場合によってはエンジンを損傷しかねない重大なことにもなります。
 
補正値が乗っかり続けるというエラー。
 
いうても、クローズドループを用いてないチューナーさんの方が多いらしいです。
 
私は、燃費とかじゃなく、理由があってクローズドループを適切に設定をしております。
 
 
チューニングいうのは、奥が深い。
 
純正でエラーが乗っかり続けるとか、Air Fuel Valueが残ってしまうとか
 
安易にチューニングには手を出さない方が賢明。ここはプロの領域。
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

キャブとかインジェクションとか…..その4….「作り込むもん」

このシリーズの冒頭で

結論から言うと
チューニングって、「作り込むもん」やと思う。

 
 
と記載しました。
 
 
作り込むって、何に対して作り込むのか。
 
チューニングとはオモロい事への提唱であって
 
トラブルは、そもそも。あってはならない。
 
トラブルにならない為に、作り込む。
 
 
 
だからこその、純正CVキャブであって、純正ECMの書き換えですが
 
 
双方共通しているのは「純正」
 
 
純正って、お前随分保守的じゃないか
 
 
って思われた人もいらっしゃったら。それは全然に違う。
 
 
 
 
そこで純正のECMやCVキャブレターって。大切なとこを満たしている。
 
チューニングが作り込めるだけの、堅牢な土台が備わっているから。だから、使いたいもの。 続きを読む キャブとかインジェクションとか…..その4….「作り込むもん」

キャブとかインジェクションとか…..その3….インジェクション車 2007年FLTRを買う。

サーキットを走り認識を改めたハーレー純正CVキャブレター。
 
 
そこで原型が生まれたが、今現在の仕様とは全く異なることをまずお伝えしておく。
 
 
2002年頃からYahooオークションが盛んになり出し、弊社も参加していた。
 
 
このキャブを発信する当初の場所って、実はヤフオクだった。 
 
なぜかというと、弊社ホームページがなかったから。
 
2002年ごろって、MSNのチャットルームもまだあったし、ブログが普及するよりも、まだ前の頃。スキルある人が、各々でホームページ作って、情報配信していた、インターネット時代の黎明期と言っていいかも。 続きを読む キャブとかインジェクションとか…..その3….インジェクション車 2007年FLTRを買う。

車検! エンジン異音大…. 修理ついでのカム乗せ / 2015y FLHXSE


エンジンから。詳細にはタペットから、特有のカンカン音が盛大にしていました。 
 
 

カムカバーを取ると、おーやおや。 
 
ずーいぶん大きな破片あーるじゃないの。
 
 

こんな大きいの? なんだろうか。 続きを読む 車検! エンジン異音大…. 修理ついでのカム乗せ / 2015y FLHXSE

TTSで困った時に読む記事 / マスターチューン “Master Tune”

 
TTSのマスターチューンは
 

TTSは、この黒いデバイス・マスターチューン1(RS-232 シリアルポート対応)と
 

青いデバイスのマスターチューン2(USB対応)がある。

 
 
 
TTSマスターチューンは、はじめ。プログラムをする際
 

「パスワードロック」

 
をかけてしまいます。それ故に、他のデバイスよりも驚速でプログラム(リフラッシュ)が可能な理由なのかもですが、このパスワードロックが、非常に厄介。
 
 
チューニングされた車両が、調子良く走っていれば、TTSが登場する場面がないから、なんら問題ない。パスワードロックが厄介になってしまう状況は限られます。 続きを読む TTSで困った時に読む記事 / マスターチューン “Master Tune”