「80ci …….. 1340cc」カテゴリーアーカイブ

ガソリンの”劣化?”を感じたチューニング / 2016y XL1200CX

チューニングご依頼頂きました。ありがとうございます!
 
2021年モデルからは無くなったモデル、XL1200CX、です。
 
現オーナーさんは、逆に嬉しい状況??
 
 

チューニングを一通り終える頃に、燃料警告ランプが点灯。
 
もうちょい、詰めんといけんし、ハイオク入れておかなきゃな…
 
と新鮮なハイオクガソリン入れたら、あらま、あらま汗
 

新しいハイオクガソリン入れた途端
 
もう、めちゃ、やってもうたなぁと思った
 
今まで詰めてきたチューニングが、ほぼやり直しに….大汗
 
 

なにやら一年くらい乗れない期間があったらしい2016年の走行距離800kmのスポーツスター。
 
この条件で、見極めるべきだった…..
 
直接燃えるもんは、ガソリン 
 
新しいのと、古いんじゃ、当然燃え方は異なるだろうけど、こんなに変わるとはびっくり。
 
 
満タンでのご入庫を願ってるのは、これがあるから。
 
  

ご入庫前に、新鮮なハイオクガソリンを入れ、ご入庫願います!
 
ガソリンが、半分くらいの状態で入庫頂くケースも、ちらほら。
 
タンクの中に入ってるガソリンが、新しいものか、古いものか、こちらでは判断が難しいとこ。
 
チューニングをするのなら、当然、最良の設定を望まれているはずですから。
 
 
  
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。
 

 
 
 

 

ETCの取り付け / 1993y FXDWG

ETCの取り付け依頼です ありがとうございます
 
 
打ち合わせの末、お客様のご要望は、なるべく目立たないように でした
 
 

アンテナとインジケーターは定番のこちらに 
 

見通しの良い箇所ではあるが、目立つ前面部ではないのでさり気なく
 

配線類はこのような処理を施して、フレームを辿り回しました
 
 

見慣れない位置にあると、アンテナの反応を問われます 

専用のテスターで確かめますと
 

大丈夫です
 
 
ETC本体は既存のバッグ内に納めます 
ご覧の通りですが、次世代型のETC2.0を取り付けました
 
 

高速道路使用でのツーリングが目前に控え、急遽の取り付けでした
 
今やETC取り付けは90%以上と言われてます 
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

ローライダーの化粧直し2 / 1980Y FXS ローライダー

https://www.45degree.net/blog/?p=27270
前記事

いや〜… 1週間って、1ヶ月って、ほんとあっという間で….
なんなら、えっ、もう11月??? という感覚。
 
このローライダーもなんとか10月中に形になった。

お待たせを、しました。
 
塗りの案件でご依頼頂いております
前後ホイールの再塗装
エンジンの再塗装(クランクケースとシリンダー)
その他、小物の塗装

大きくこの3つ
 
 

うち、エンジンは完全に分解しなければ出来ないのが、クランクケース。
 
クランクケースは、ホットロッドブラックという、昨今ハーレーが純正で採用している塗料と同じもの。ショベルの純正塗装はリンクルブラックという、結晶塗装で施されている。ここは、あえての選択で、リンクルではなく、ホットロッドのブラック。
 
理由は「整った雰囲気を付与する」為。
 
もちろんリンクルブラックの粉体塗装もございますし、そちらでも可能です。 続きを読む ローライダーの化粧直し2 / 1980Y FXS ローライダー

ローライダーの化粧直し / 1980y FXS ローライダー

ミルウォーキーからショベルまで 
 
全部エンジン開いちゃってます。
 
一台のミルウォーキーはクランクまで開ける内容…..
 
その他のミルウォーキは、カムとか、ほとんど毎日
 
 
いろんな案件を同時進行中
頭ん中 “わっしょい” しそう
 
 
です
 
 
そんな中。
 
 

1980年のショベル ローライダーFXSの化粧直しを承りました
 
 
エンジンのクランクケース
前後のホイール
 
一度は離陸。致しました。 続きを読む ローライダーの化粧直し / 1980y FXS ローライダー

ヘッドボルトの塗装 / 1998y FXDL


オーバーホール案件の1998年FXDL
 
ご覧の通り、ヘッドボルトは、ヤレています
 
 
ここにカバーを被せ、隠したり
 
もしくは、こういう商品もあります
 
 

ARP製のヘッドボルト。強靭なのはもちろん。ステンレス製なので、腐食の心配もなし。
 
 
これらとは、また違う方法もある
 
 

塗る! シリンダーヘッドに施されてる塗装と、同じ塗料を用いてね。塗料とはいっても、こちらは粉体塗装。
 
 

 

 

流石に施工したてだと、光沢が違いますが、風合いはそのまま。ざらっとした、それ。
 
 

ショベルのシリンダーに用いられるナットや、三角形のワッシャー。シリンダーヘッドに用いられるボルトも、腐食してサビてたりします。これを、じゃ、変えようかって、クロームメッキのものじゃチガウ!!ってなるのなら、こちらも塗りの案件でご案内可能です。こちらは、旧車に似合う、光沢はあるけども、ややフラットな質感で仕上げますよ….
 
 
似たような黒は黒でも、質感は様々。
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。