「分類 エンジン Engine」カテゴリーアーカイブ

キャブとかインジェクションとか…..その3….インジェクション車 2007年FLTRを買う。

サーキットを走り認識を改めたハーレー純正CVキャブレター。
 
 
そこで原型が生まれたが、今現在の仕様とは全く異なることをまずお伝えしておく。
 
 
2002年頃からYahooオークションが盛んになり出し、弊社も参加していた。
 
 
このキャブを発信する当初の場所って、実はヤフオクだった。 
 
なぜかというと、弊社ホームページがなかったから。
 
2002年ごろって、MSNのチャットルームもまだあったし、ブログが普及するよりも、まだ前の頃。スキルある人が、各々でホームページ作って、情報配信していた、インターネット時代の黎明期と言っていいかも。 続きを読む キャブとかインジェクションとか…..その3….インジェクション車 2007年FLTRを買う。

TC88を油圧ローラーチェーン仕様へ フル・カムコンバージョン / 2003y FXDL


異音がしていたのを確認し、カム周りを分解。
 
 

主に、カムをコンバージョンするのが目的。
 
 
壊れてる箇所が少なければ、尚良し!
 
 

お….逝ってるかなと想定されていたタペットは、まだ使える。よかったよかった! 続きを読む TC88を油圧ローラーチェーン仕様へ フル・カムコンバージョン / 2003y FXDL

配線のトラブルから、試運転 / 1984y FLHX

パンパンいうトラブルで再入庫。
 
恐らく電気系で、割と簡単に直せるものだろう…直感。
 
スパークプラグを念のためウエットブラストでサッと洗浄し装着。
 
 
 
試乗して、症状を確認。
 
「ああ…..点火が断続的に入り切りされてる症状だ」
 
試乗に出てすぐ戻りサクッとFix完了。
 
30Aブレーカーから取り出しメインスイッチへ向かう12Vの配線が被覆の内部でポキっと。折れてました。
 
 
 
私は簡単に直せたけど、トラブル系に不慣れなユーザーさんはちょっと難しいかもな….
 
手で触っていくと故障箇所は割と簡単に特定出来た。
 
精密なセンサーなど備わってない、単純なもの。だから、複雑な故障はまずしない。
 
現代の車両のように診断機など接続出来るようにはなってないので、故障探究には感覚と経験が頼り。
 
手で触っていくとか、ほとんどの事はそういったもので十分事足りる。 続きを読む 配線のトラブルから、試運転 / 1984y FLHX

ツアラーでっ、21インチホイール交換….まさかのトラブル / 2011y FLHTCUSE

少し前。私の大先輩の人と電話してまして。雑談とかじゃないですよ。ぎゅっと詰まった話。

 
まあ、言い訳がましく、 私もタボゥなもんで、頂いてたメール返信出来ず、ご心配頂いてウェブで生存確認して頂いていたようで….恐縮。
 
互いに距離がある関係なのでなかなか容易にMeetは出来ませんが(コロナの時期もあって余計に)
 
このブログがちょっとでも有効に機能してるんかな、な感触がありました。
 
その大先輩とも、今年、有意義にmeet出来そうな打ち合わせなんで、楽しみにしてますね〜✨
 
 
一人じゃ出来んことでも、二人なら出来るって話も あるある。
 
 
 

んで、本題。
  
 

2011年のFLHTCUSEを、21インチホイールに交換しましたっ。
 
がっ!
 
タイトルにトラブルとあるんで、トラブルあるんです。
 
見慣れたPM21インチホイールに交換するも、ABS強制作動状態になるトラブル。
 

PMホイールの正規輸入元のスズキさんにもプレート送ってもらいましたが解決せず。このプレートはゆるーい円形マグネット。
 
受け取ってびっくりしたけどメーカーでこんな簡易梱包仕様で送られてくるんだから、傷が云々は関係ないよな。
 
 


そんなこんなしてたら、続けて2011年車両、セドナオレンジの2011年FLTRXでもPMのホイール装着でABS強制作動状態になるトラブル発生。こちらは新品ではなく中古のホイールを知人間で売買、取り付けは弊社にて、というパターン。また起こったなとわかったその時、なぜかニヤッとしてしまった。
 
 
推測ですが。
 
2011年のセンサー感度の問題
 
PMホイール装着のマグネットが弱い

この二つが原因ではないかと。
 
 
ちなみに。同ホイールでも2009年の車両では問題がないことを確認済み。
 
5年以上前に2011年FLTRXに21インチ装着しても、こちらでも問題はなかった。最近の問題ぽい。
 
ABSのセンサー部は、マグネットを利用してベアリングの玉の動きを波形として読み取っている。

しかしPMホイール側のマグネットが弱くそれに相まって2011年のセンサーは感度が弱く。

これらが組み合わさってマグネットを利用してベアリングの玉の動きを波形として読み取れず、ホイールが停止状態と判断してABSが作動する….

こんな推測ですね。
 
双方解決済みで、PMホイール装着のマグネットが弱いの方をどうにかしました。
 
時速9キロまでに行われるABSの初期診断も正常に出来て、ABSのチェックランプも消灯しているに関わらずなので、センサーではないなと。まあ、元々は正常に働いていた訳ですからね。笑
 
 

ABSが強制作動状態って誰にでもわかる その状態が ただただ 危険すぎる事。
 
やはり、普通に買えるものは「お店で購入」が正解っすね。
 
これ個人で発生したらやっとれんでしょう。
 
 

完成!
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

☟お問い合わせはこちらから。
 
 
 

ショベルを修理ついでに負圧コック化 / 1979y FXS ローライダー

最近調子が…と言うこともあり、最新アップデート版に、まず車両を更新。
 
そしたら、すぐにめちゃくちゃ良くなったとのリアクションを頂けたのですがね♪
 
 
そこで見つけたいろいろ見つけた要修理箇所ですが
 
 
まずラバーマウントスタッドが取れていますね….
 
 
まあ、ショベルあるあるではあるんですが。 
 
 
その旨、お伝えし、まあ、そこまで難易度高くないので、ご自身でも〜とお伝えすると。自分じゃやりません!変えてください…
 
 
はい、承知しましたー…..
  
 

これですが、これを変えるまでの段階で、背面でお客様がバッテリーを取り外している様子をご覧になっていて、何か「ココロの声」が聞こえたんですね、「あー自分でやらんで、良かったー」と。 
 
あれっと思い、振り返って「もしかして、バッテリー取ったのを見て、”自分でやらんで良かったあああー” とか思ってないですか??」と尋ねると「思った!!笑」と やっぱり。笑  なんか聞こえた気がしたんよね。あるよねーそう言うこと〜。 続きを読む ショベルを修理ついでに負圧コック化 / 1979y FXS ローライダー