「分類 エンジン Engine」カテゴリーアーカイブ

外装カスタム 進捗 / 74スプリンガー / 1988Y FXSTS


カスタムの、オオモノ、到着しました。
 
 

74ルックの、スプリンガーフォークで、ガラッと外観が変わります…


こちらは、フォーク交換前。
 
 

フォーク交換後。
 
 

フロントブレーキは、十分に効かせることが出来る。装着される指定ブレーキが、ブレンボのカニキャリパーである点も、安心である理由。
 
 
これから、ボディパーツの塗装や、シーシーバーなどの粉体塗装に入ります。
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。

ミルウォーキーを107から124へボアアップ / 2017y FLTRU


この度は、こちらの車両。


フロントの26インチが特徴的なカスタム車両。


2017年のFLTRU、車検ついでのボアアップ ご依頼頂きました。ありがとうございます。
 
既にカムが変わってチューニング済みらしいのですが、低速トルクがなく、乗りにくいとか。本当にカムが変わってるのか????とお客様コメント。当社営業スタッフTKSも走ってみて同様のコメントでした。おおよそ「なぜ?」の原因は解るので確認せず取り掛かる。
 
 
….問答無用で、化けさせましょう。 続きを読む ミルウォーキーを107から124へボアアップ / 2017y FLTRU

オーバーホールのショベル、車検完了 / ショベルFL / 1984y FLHX スペシャルエディション

車検完了!

 
先日、サイドカーからオートバイに変えたことでの構造等変更検査と、オーバーホールの公認化を完了しました。
 
 
出来上がってしまえば、なんて事無かったように振り返れますが

 
その道のりは多岐に渡り。(それでも一部掲載ですが)

 
いつもながらの、長編ブログになります。
 
お付き合いよろしくお願いします。

 
 
 

一度はフレームだけの姿になり
 
 

当時、純正採用されていたマーレピストンが期待通り出てきて…ちょっと嬉しくなり ♪
 
 

どどん。
 

エンジン….. 
 

エンジン…..
 

フレーム共に….
 
 

□ 「粉体塗装」にて、リフレッシュ

 
 
 
有機溶剤系の塗装と違い。

粉体塗装にすると????
  
 

塗膜が強靭で厚く
 
そして柔軟さもある
 
対薬品性にも優れ
 
アルカリ性にも負けず
 
ガソリンに対しても非常に強い….

 
 
のは御周知の通り。
 
 
ここまでの、大掛かりな事にもなると、塗装の耐用年数が、”ずば抜けて長い”…これだけでも、粉体塗装が優れていますね。 続きを読む オーバーホールのショベル、車検完了 / ショベルFL / 1984y FLHX スペシャルエディション

ボアダウン致す! / 1000ccスポーツスター / 883ボアアップ / 1998y XLH883

 

883から、1200へ。 
 
ボアアップされていたスポーツスター を
 
1000ccにボアダウン致します

 
 

こちらの車両は、1998年式XLH883のリジスポで、1200ccへのボアアップが行われた車両でした。
 
 
 
1000ccとなるので、 

この度はボアダウン。

 
 

 
883でも、1200でも無い。
 
 
 

1000ccへ!

 
 
 
続きを読む ボアダウン致す! / 1000ccスポーツスター / 883ボアアップ / 1998y XLH883