「エンジンマネージメント」カテゴリーアーカイブ

107をモリモリに / カム乗せ&チューニング / 2018y FLHRXS

中学の同級生から、突然に。お客様、ご紹介頂きました。
 
個人的には、そうそうない、経験です。
 
私の同級生は一人だけハーレー乗ってる人。知ってますが、他はどうなんでしょ?
 
同級生の皆も、ハーレー適齢期になってる頃だし、誰か、乗ってるのかなぁ。乗ってるなら、知らせてくれても良いんだけど、と思いながら。
 
そんな同級生の大半も、もう暫く過ぎるほど連絡もしてません。まっ、社会人になると、そんなもんなんでしょう….。
 
 

定番のカム乗せに
 

タペットはミルウォーキーあるあるの霜降り状態に付きチェンジ。
 

タペットカフスも装着。
 
 

そして、ダイノチューニング。
ダイノ上で仕上げて、公道に出るも、低速でギクシャクが感じられ、再度念入りにやり直した。ミルウォーキー でカムをやると、低速での感触がとても重要。
 
 

エアクリーナーは、スクリーミン のベンチレーター/ ブラックに。
 
 

純正状態と、カスタム&チューニング後での比較。
ピークパワー重視ではない。ミルウォーキーでは元々豊潤な「低速のトルク」を純正より落とさず、逆に持ち上げ、下から上まで走り心地重視。107の排気量に最適なカムのチョイス。オールラウンダーな感触に仕上がってますよ。リニアスロットル化も行い、低速でやたら感じられる意図した操作に対してついてこない「もたつき感」を解消した。
 
 
https://www.45degree.net/order.htm
お問い合わせはこちらから。
 
 
posted by M.Yasuura
 
 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
1 click お願いします。
 
 

てんやわんやな1日…… / 2002y FLHR & 1992y FXDBD & 2010y FLHXSE

 
いつもは単一の記事ですが。
  
これが、実際の1日の動きに近いかと。
 
 
2002年のFLHR / エンジンクリーニングと、S&S Super-E キャブレターのチューニング。 
 

まずはエンジンクリーニングから。
 


エンジンクリーニング前
 
 

エンジンクリーニング後。剥がして落とす、技術✨ 続きを読む てんやわんやな1日…… / 2002y FLHR & 1992y FXDBD & 2010y FLHXSE

完成&納車 / 1984y FLHX


前回載せてなかったところ。ETC2.0 つけました。
 
 

キャブヒーター装着。
 
 

シャーシダイナモに載せ、測定、チューニング。
 
 

測定用のワイドバンドO2センサーを装着し、適正か測ります。点火タイミング・キャブジェッティングを合わせた。 続きを読む 完成&納車 / 1984y FLHX

ミルウォーキのカム乗せ / 2017y FLHXS

107の、FLHXS。カム乗せでご入庫頂きました。鳥取県よりです。遠方より、ご依頼頂き誠にありがとうございます。
 
 

ばらしまして。
 
 
 
続きを読む ミルウォーキのカム乗せ / 2017y FLHXS

S&S V111エンジンの再調整 / 1998y FLSTF

点検で入れてもらいました。
 
この度の点検で、解消すべきポイントがありまして。それは、始動性の向上。
 
可変バルブ装着のエギゾーストのため、始動時は自動的に閉じ、走行時は任意で開閉が行える電子制御式エギゾーストが装着されてますが、これが装着されている状況で、それをS&Sのキャブレターで動かしている為に、難しい状態になっております。
 
何通りか、手段を提示し、音も殺さず、パワーも減らさず、解決する方法、となりました。
 
可変バルブ装着のエギゾーストが付いている為に難しくなっているが、今度はそれを上手く利用してやろう、という仕様に致します。
 

※ 当記事の内容、車検対応のジキル&ハイドでは、関連が無い内容です。
リンク https://www.45degree.net/blog/?p=25035

 

検車台に上げ、リフトアップし、右側のタンクを取り外す。 続きを読む S&S V111エンジンの再調整 / 1998y FLSTF